« 日曜の天気 | トップページ | 味噌カツ&エビカツ駅弁 »

2005年10月16日 (日)

武豊線

ムーンライトながら、7号車(名古屋止)に乗車。
行き先の候補は複数あったのだけど、いぜれにするのか決めかねたままの出発である。
結局、蒲郡界隈で目が覚めたので乗ったことの無かった武豊線に乗ることにする。
武豊線は非電化単線である。しかし、使用している列車は急行かすがにも使われる大出力エンジンの車両である。
電車ではないかと思うほど加速がよい。
真っ直ぐな線路をひと思いに加速すると、あれよあれよという間に次の駅といった案配である。
しかし、車窓を見て気がつくのが駅間は畑が多く駅が近づくと最近建ったばかりの家が多いこと。
関東の家と違って、家の前が車で溢れかえっているのが特徴的だ。一件に2台3台ある。さすが愛知、トヨタのお膝元である。
だが、車3台維持するのはなかなか大変ではなかろうか。つくづく車いらずの生活が出来る現状を有り難いと思う。
途中から工場引込線を見かけるようになるが、今は使っていないところが多く残念だ。
終点の一つ手前の駅で交換。実はこれ、効率が悪い。折り返し停車時間が延びるからである。
その分、車両は何もせずに眠っているわけだ。5分で折り返し、といった運用の方が効率的なのである。
だが、サービスという面からすると、いつ行っても駅に列車がいるという安心感につながる。
暑い寒いとホームで待つより、車内の方が快適だろう。来るのを待つより、乗って座って発車を待つ方がいいに決まっている。
PICT0027

終点、武豊に着いて理由が分かった。400m歩けばライバル名鉄の駅。知多市のシェアを奪い合っているのであった。
武豊のホームから先はいかにも旧線路敷という形で道床が続いている。橋桁は撤去してあるが、コンクリ橋脚は残り、小さな川を跨いでなおも続く。
地図を見ると貨物側線の機回り線の類があったと推察される。
名鉄の駅前まで見に行った後、やってきた列車で名古屋へ戻る。折返の区間快速名古屋行だ。
最初は起きていたが、2駅としないうちに寝てしまい、気がつけば出発駅の大府、名古屋まで寝て乗り通した。

|

« 日曜の天気 | トップページ | 味噌カツ&エビカツ駅弁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/6425179

この記事へのトラックバック一覧です: 武豊線:

« 日曜の天気 | トップページ | 味噌カツ&エビカツ駅弁 »