« 快速みえ | トップページ | 伊勢奥津に降りる »

2005年10月16日 (日)

名松線

松阪で名所線に乗り換え。
最近までタブレットと腕木信号が残っていたので話題を呼んだ名松線。
乗ってみたら畑と住宅の点在する単調な車窓で眠くなる。駅毎に目が覚め、後はうつらうつら。
折角乗りに来たのにもったいないなぁと思っていたが、それも近鉄の線路が見えた辺りから変わってきた。
近鉄の線路が離れて消えてしまうと、いよいよ並行路線のない名松線だけの区間になる。
交換駅は片っ端から線路を剥がされて棒線化している。
交換駅が来ないなぁと思っていたら家城で交換設備があった。
運転手が駅長に渡したのを見ると…タブレット!?
タブレット閉塞は終了したはずと思っていると、「スタフよんかく!」と渡している。
PICT0196
なるほど、見れば信号てこがあったところは塞がれてしまい、代わりにスタフ置き場ができている。
程なく信号が青になって出発。
ここからが面白いところで、列車は川に併走して走るようになる。
河原に巨石がごろんごろんと転がっていたり、車窓に蜜柑や柿の木を見つけては秋を感じたりする。
水田には刈り取られた稲が干されており、線路沿いのススキの穂が風に揺れている。
綺麗な川だと思っていると、終点伊勢奥津に到着。
一本の線路がそのまま終端に突っ込んで終わり、ポイントすらない駅であるが、行き止まりの先に蒸気機関社用の給水塔が錆びて残っていた。駅前からは、一日3本、三重交通名張行のバスが出ている。
名松線は、松阪と名張を結ぶ計画であったが、夢半ばにして止まってしまった。
バスも鉄道も今はローカル輸送のみを行い、名張~松阪の連絡は近鉄がその役目を果たしている。

|

« 快速みえ | トップページ | 伊勢奥津に降りる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/6428474

この記事へのトラックバック一覧です: 名松線:

« 快速みえ | トップページ | 伊勢奥津に降りる »