« 東海交通事業 | トップページ | あおなみ線 »

2005年10月10日 (月)

愛知環状鉄道

高蔵寺で郵便局を探して猛ダッシュ。
101004

息を切らしながら愛知環状鉄道へ。発車3分前でセーフ。列車乗っても汗がぼたぼた落ちる落ちる…
さて、先ほどの東海交通事業と同じく貨物線で計画されながら旅客線として開業した愛知環状鉄道。
クリームの地に青と赤のストライプという彩色センスのない列車を使っていたのだけど、万博に合わせて金属地に緑の模様が入った今風の列車になった。
車内はそこそこの乗車率。1ボックス2人くらいで2両編成。
同じ貨物転用の環状線でも東海交通事業とは大きな違いである。
万博八草駅改め八草駅は工事のパーティーションがホームにかかっている。
何をしているのかと思えば、どうやら万博用設備の撤去を行っているようだ。
万博用に広いホームは入らぬと言うことだろうか。縮小工事のように見受けられた。
沿線は野山が多い。トンネルも多い。平野の端を走っているようであり、名古屋中心地の方には田畑が広がっている。
三河豊田の到着アナウンスでは「トヨタ自動車本社はこちらでお降り下さい」とか放送しているので驚く。
利用者が多いのか、それとも「上野広小路(松坂屋前)」みたいにスポンサーになっているのか。
車庫のある北野枡塚では旧型車がゴロゴロしている。
どうやら旧型車は万博輸送終了と共にお役後免になったらしい。
それにしても、岡崎が近づくに従ってまとまった乗降がある駅が続く。
やはりこれくらいの需要は必要だろう。瀬戸、豊田と大きな市をネットしているのが功を奏しているのだろう。
万博終了後も高蔵寺経由で名古屋までの直通列車が運転されているのは喜ばしいことだ。
直通運転による需要喚起が成されることを期待したい。

|

« 東海交通事業 | トップページ | あおなみ線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/6337244

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知環状鉄道:

« 東海交通事業 | トップページ | あおなみ線 »