« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

うまい棒沢山

帰りの電車、座った向かいの席の男が、パンパンに膨らんだスーパーのビニール袋を持っている。
半透明の袋の中身は、うまい棒、うまい棒、うまい棒…
うまい棒しかないじゃん!

あんなに沢山、何に使うんだ…宴会の余興か何かか!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

偽車掌現る

一般人なのに車掌の物真似。電車に乗っていてそれをやり出すケースをたまに見かける。
今回の事例は、ドア閉めである。
閉まりかけたドアから顔を出して「駆け込み乗車は要注意ですよ。おやめ下さい」と言う。
本物の車掌は顔が飛び出してくるのだから「駆け下り」だと思ってドア再開閉。
こうして10秒遅れで出発である。百害あって一利なしとはこのことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

ここログ無料に軍配

有料サービスより無料サービスの方が機能が多いWeblogサービス、ココログ。
おいらもこれを使っているのだけど、nifty会員のおいらの方が機能が少ないのは釈然としない。
3月から無料サービス並に機能を引き上げますって、あんた、逆だろ逆。夜は重くて書き込みに1分…
光なのにこれですか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

通信費は怖い

共同通信「携帯電話代で一家路頭に」とは凄い話である。
ネットゲームで知り合った女子大生からの国際コレクトコールを携帯電話で高校生が着信していたところ、二ヶ月分の電話代約290万を請求された事件であるが、似たような話はかつて日本でもあったと思う。
ただし、日本の場合は大半がダイヤルQ2であったか。

ともあれ、金銭感覚のない子供に携帯電話持たせると何しでかすか分からないという好例だろう。
それにしても、高校生くらいなら国際電話の値段くらい分かりそうなものだが…
女子大生もコレクトコールにするあたりしたたかである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなり最終回

ラーメン屋にある漫画本を手に取る。
途中まで読み進めたところで注文したものが出てきたので、この読切の話だけ読んで食事に移ろうと思ったわけ。

…あと3ページというところで最終回への伏線。そして物語は波瀾万丈の展開に…
手が止まらなくなったじゃないかぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

更なる高みへ

トランポリンのように弾む素材で出来た幾つもの山からなる遊具でたくさんの子供達が遊んでいる。
その中に何人かの学生の姿が。バク宙をきめようとジャンプしては失敗し、そのまま斜面を転がり落ちる。
ところが、一人だけ異彩を放つパフォーマーが。
20051127

トランポリンほどには弾まないのだが、一人だけ滞空時間の長い人がいるのだ。
実に自分の背丈以上に弾んでいる。凄い。

…自分もやってみたけど、全然弾みませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

変えてみました

mixiやウェブログの写真(中においらが入っている)から、絵に差し替えてみました。
…ヨメからは可愛い絵にしたほうが良いと言われているんですが、なかなかいい絵がないので手付かず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

献血

血を400mlばかり抜いてきた。
抜いた方の手がやけに冷える。
まるで足先のように冷たくなる。
…まさか、こんなに影響が出るとは思ってもみなんだ。

…なんか悔しいのでジュース三パック飲んできた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

ゆとりーとらいん

20051124
日本唯一のガイドウェイバス、ゆとりーとらいん。
バスが専用高架の上を走るのだが、車体側面のガイドレールに従って走るのである。
よって、ハンドル操作の必要がないバスなのである。
JR中央本線大曽根駅を下車。駅の真ん前にあるのがゆとりーとらいんの乗り場であるが、JRより高い3Fにある。
JRの階段を下りて、また登る。1Fから乗れるバスと違ってちょっと厄介である。
2Fコンコースには改札があるが人は誰もいない。朝ラッシュ時などはここで精算するのだろう。
3Fがバス乗り場で、対向式ホームのバス乗り場がある。
ホームの有効長はバス二台分程度で、行先によって前側と後側に分けて停めるらしく、LEDの発車案内が天井から下がっている。
これではダイヤが乱れたときに折返発車順序が守れないのではないかと思ったら、ホームの先はガイドウェイ無しの駐車場になっていた。
さて、バスに乗車すると周囲に高層建築物がないのでなかなか良い眺めである。
バス停の間隔も一般のバスより長い。地上の一般道にもバスは設定されているようなので、幹線系の旅客との分離が図られているのだろうと推測する。
しかし、ガイドウェイトはいえバスはバス。速度も普通のバスと一緒だし、所々屈曲による速度制限箇所がある。
幹線バスらしく高速走行を期待していたので残念だ。
小幡緑地の駅(バス停の広告に「当駅下車」と書いてある)を出ると地上に降りる。一般道との連絡口には踏切遮断機が付いていた。
地上に降りてしばらく走った所で降り、折り返し。
高架区間は遮る物がないので見晴らしがよい。バスも頻発しており利便性はなかなかである。
生憎、下の道との乗り比べをしなかったので効果の恩恵が如何ほどかは分からなかったが、貴重な体験であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

大王様

駅で定期券を拾った。
名前を見て我が目を疑う。
「大王○○ 様」
苗字が大王である。
どこかのお店を予約すると「大王様」と呼ばれるのだろうか。
王貞治だって「王様」なのだから、取り立てて騒ぐような話ではないのだが、大王様では王様より上である、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョイント音

新幹線はロングレールである。
従って継ぎ目を通るときの「ガタンゴトン」は聞こえない、はずである。

ところが、品川~新横浜間を乗っていて「ガタンゴトン」と音が聞こえたからビックリである。
やはりカーブが急だから仕方ないのかなぁ。

通過トン数が並じゃない世界屈指の過酷な路線なので保守も大変そうだが、軸重軽いし、そんなに速度も出ていないから一般の通勤路線の方が大変なのかも。
っていうかどっちだ。
教えて新幹線のえらい人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

いそがしー

しばらく更新止まりそうです…

明日のために、その一…という状況です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

睡眠不足

0時就寝5時起床。
…自然に起きたのだが、やることがあったのでそのまま活動開始。
普段なら二度寝なのだが、そのまま出社。

…昼飯直前に猛烈な眠気が来てやばかった。打ち合わせ中だったから逃げも隠れも出来ないし。

やはり6時間寝ないと駄目な体なのかも。不便よのぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

夢追ってますか?

僕には夢があるんです、という言葉。久々に聞いた。
会社での話である。

どうも新入社員の彼は志望部署ではなく我が部署に来てしまったようなのである。
難しい、大変だという彼に、そもそも我が社を選んだのは何故?と聞いてみたら、上の台詞が出てきたのである。

僕には夢があるんです。こんな仕事をしたいんです。

振り返って自分はどうか。
憧れの業種の会社に入り、夢だったジャンルの仕事を経験し、出世のチャンスもある。
夢だったことは一通り叶ってきた。

「先輩はどうだったんですか?」

一通りの夢が叶ってしまい、現実を見てしまった今、新たな夢を描けるかが問われている。
いや、私の仕事はもっと人を幸せに出来るはずである。

「夢ねぇ…今もあるよ」
そう言ってにやりと笑う。叶うのはいつの日だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

拡大終了

コミケのスタッフ集会に行ってきた。
まぁ、申し込み書くだけで、あとは仲間と会うのが狙いみたいなものである。
今回は打ち上げに東京駅地下をチョイス。最初、とんかつ和光ワンザ有明店という話も出たが、都心まで出ようという話になったのだ。
地下街を一通り歩き回ったが、何年ぶりかに通る八重洲地下街の店舗は様変わりしていて驚く。
前から変わっていないのは王様のアイデアぐらいじゃなかろうか。
なにせ、マクドナルドが移転しているほどである。
…突き当たりにある思い出の店はトンカツ和光になっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

加湿器購入したつもり

浄水器のフィルターが期限切れになってから早2週間。
期限切れ=即使用不能ではなかろう、ある程度のマージンがあろうと思っていたが、二週はさすがに伸ばしすぎだろう。買っても良いものだろう、そうだろう!?
そんな訳でSuicaが使える家電量販店に行く。とはいうものの、Suicaで買ったためしがない。
引越の時の家電をここで揃えたので、貯まっているポイントで買っているのである。
ボーナスポイントが付与されるなら迷わずSuica支払いなのだが、セールの時に行かないので最近はもっぱらポイントを消費するばかり。
さて、浄水器フィルターを買って満足したが、衣類を買いに別行動をしているヨメとの待ち合わせ時間まで余裕が出来た。
他のフロアーを見ていると、季節家電が大々的に売り出されている。今年もカーボンヒーターを懸命に売っているようだ。人気なのだろうが、2年で球切れの話を聞くと、電気代を計算する前に買う気が失せる。我が家は経済効率最優先なのだ。
そういえば我が家には加湿器がない。これは購入せねばと思って物色。
…スチームは安いが電気代が高い。400Wなんて電気ストーブ並だ。
気化式は2万円近くで高級品である。
超音波式は電気代が安いが、カビが発生するので問題になった事があるためか今や少数派。値段も1万5千円から。
…と思っていたら、4千円を切っている超音波式があった。
聞いたことがないメーカーで、スイッチは電源ボタンのみ。
だが、加湿器に他のボタンがあっても使わないだろうからこれで良いのだ。買おう、決定。
購入の札を持ち喜び勇んでレジへ。
「在庫を取って参ります」
待つこと5分。

「当方のミスで、次の入荷は12月上旬でした」
なるほど、在庫切れだったということですか。当方のミスで、の次は在庫を切らしておりました、が正しいと思うのだが、まぁいいや。
…安かったのになぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の拡大参加します

いよいよ明日は2拡。
午後~夕方から参加します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

風邪

夫婦揃って風邪っぽいので、メールにレスも出来ずに寝る。
今しばらくお待ちを…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

竹下パフォーマンス公開

秘芸水戸黄門の話を書いたら、なんとご本人からレスが付いてビックリ。
ネット公開を快く許可してくださったので早速アップしました。
2作品アップしましたが、初めての人は秘芸水戸黄門の方から先に見てください。
8mmが元気だった頃の傑作です。
こちらのページからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

山手線バランサーロッド破断

先日、山手線のテンションバランサーのロッドが破断し半日運休した。
夏場などで重錘が下に付いてしまい、架線がたるんで運休というのは耳にするが、ロッドの破断で架線がたれるなど聞いたことがない。
東京在住の人は知っているとおり、山手線と京浜東北線の線路は隣り合っており、かつては山手線の線路を昼間に工事して京浜東北線の線路に両方の列車を走らせたりしていた。
しかし、今回の事故の時は山手線は完全に止まってしまった。ラッシュ時の線路共用は不可能であるが、データイムくらいなんとかならなかったのだろうかと思う。
かつては駅のポイントは全て駅構内で管理していたが、今は自動化されたところが増えてきた。
4分に一本やってくる山手線と5分に一本やってくる京浜東北線の振り分けを次々とコンピューターに入力するのは不可能に近い。あらかじめ、非常時用のパターンがセットされていればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

ラーメン屋の会話

油そばをつっついていると、店員が声をかけてきた。
何だろうと思うと、「そのパソコンは幾らぐらいするんですか?」と言う。
市価はこれくらいというと、店員も最近PCを始めたのだそうだ。
事務所の奥にPCがあるから大変なのだという。小さければ持ち運べるがそれもままならぬという話。
それに高くて…と、まぁごもっともな話。おまけに厨房に立ちっぱなしで触る時間がないから習熟も進まない。
難しくてかなわない…と。
…いやいや、今は解説書があるだけ恵まれてますよ。写真入りのやつがあれば使えるようになります。頑張って…
と言っていたら、他の客がやってきたのでお喋りはここまで。
…チェーン店で話しかけられたのは初めて。これから贔屓にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

タリウム事件

タリウム事件が波紋を広げている。
ホタテを食べながら、この事件の話が話題に上った。
「なんだっけ、あの毒物…えーと、タウリンだっけ?」

…摂取するほど元気になりそうである。
もっとも、鼻血を吹いてしまうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタテ

スーパーへ行くとホタテを売っていた。
ヨメが「見て見て」と呼ぶので近づいてみると、ホタテが水を吹いている。生きてるではないか。
一枚98円とある。即購入。
殻には付着物があるので金属たわしで磨く。磯臭さが台所に広がった。塩水ですすいで準備完了である。
炭火をおこし、金網の上にホタテを並べる。
しばらくすると口が開く。
あくびをするように二センチばかり開口して動かなくなるので、手で押さえて完全に開けきる。
醤油を垂らし、グツグツと沸騰するまで待つ。
ホタテがキツネ色に色づいたところで火から離し、中身を取り出して口の中へ。
噛みしめるほど、濃厚なホタテのエキスが口中に広がるこの喜び。
至福この上なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

東海道本線グリーン車

東海道本線普通グリーン車は乗客の質が下がった。
安くなったから気軽に乗れるようになったのがその理由であるが、従来のグリーンの雰囲気が無くなってしまって悲しい。
もとより正規料金で乗れる身の上ではないのでデータイムグリーン回数券の愛用者だったのだが、あの頃の方が落ち着いていて良かった。なにしろ、車内の音は電車の走行音以外はサラリーマンが新聞をめくる音ぐらいだった。

で、今回。
土曜日の昼の下り快速アクティ熱海行という最悪のチョイスである。
東京発の時点では他に1階はサラリーマン1人という良い状態だったのだが、横浜出発時点で満席。
しかも、通路挟んで隣の席は親子連れで子供が騒いでも父親はニンテンドーDS片手にほったらかしである。
あげく、禁煙の車内なのにタバコの煙が流れ込んできた。隣の親子連れもタバコ臭いなと言っているので間違いではあるまい。
その時はすぐ収まったのだが、しばらくして二度目の煙が。
熱海到着も近かったのだが、席を立ってデッキへ。
階段を上ろうとすると通路を塞ぐ形で色黒のおじさん二人がビールの空き缶を灰皿にして吸っている。
「煙が流れ込んでくるんですけど…」と言ったら、「すいません」と言って消してくれた。
自席に戻ってホッとする。コワモテの顔だったよなぁ、酔いが回って無くて良かったと後になってからドキドキ。
…ああー、以前の方が良かった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民草

民草、という表現を久しぶりに聞いた。巷でニュースの三笠宮の記事である。
該当箇所を読売新聞11/4朝刊より引用すると「国民一人一人が、我が国を形成する『民草』の一因として2665年の歴史と伝統に対しきちんと意見を持ち」とある。
民草=民衆というのは知っているのだが、なんだか貴人が平民を見下したような語感に思える。
三省堂「大辞林」によれば「民の増えるさまを草にたとえた語」とあるが、見下している表現なのかそうでないのかハッキリしない。どうなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

Suicaを作った男達

プロジェクトXでSuicaを作った男達をやっていたので見る。
ICカード実用化に向けての技術的課題や克服方法については技術誌で知っていたが、香港のICカードが日本発の技術だとは知らなかった。
当時はそんなことは露も知らず香港は良いな、進んでいるなとずいぶんうらやんだものである。
しかし、香港では船をも含む公共交通が一元化されており、その点では日本より進んでいる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

ぶるういんぱるす

20051103

友人と一緒にブルーインパルスの曲芸を見る。
カメラ片手に「きたきたっ!」と大興奮でした。
あれって、飛行機の位置を地上にプロットすると、どこからどの辺までを飛んでるんですかねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

全撤去が正しい選択か?

先日の京浜東北線人身事故の話でも触れた踏切「こしょう」表示。
本日の新聞報道で全部撤去することになったと知った。
撤去は賛成だが、全部となるとやり過ぎ&マスコミ対策で本末転倒の気がする。
閑散線区においては30分も遮断状態では故障の可能性がある。
看板併設の方が親切な気がするし、その上で老朽更新時に撤去が良いと思う。
安全を最優先するのは当然である。だが、閑散線区で塞ぎっぱなしはどうだろう。
救急車が足止めになる等の事態が発生した場合など、どうするのか。
拙速に過ぎると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

iPod導入

そーいえば、iPodを先日買った気がする。
おいらは一度も使っていないのだがヨメが活用しているはずである。

引越前から計画してきたレガシーオーディオからの脱却への試みは、第一段階のレガシーデバイスの導入を行わずPCで代用するという段階を過ぎ、第二段階のシリコンオーディオの導入に到達した。
ところがやっかいなのがコピーコントロールCDである。
iPodに転送できないなだけならまだしも、PCでまともに再生できないとはどういう事か。
聞くな、聞きたかったらCDコンポ買えというに等しい話である。
というわけで、夫婦揃って当該レコード会社が嫌いになった。
先日、留美子ファンにしてオーディオマニアの知人と会話する機会を得たが、LPレコードもオイルショック前後では品質が異なるという。(昔の方が盤が堅いそうだ)高品位の音源がドンドン駆逐され、可聴範囲外の周波数帯域をバッサリ切ったCD規格。さらに劣るコピーコントロールCD。
著作権の保護は重要であるが、レコード会社の社会的使命は良い音楽を社会に届けることではないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »