« 女の第六感 | トップページ | 全撤去が正しい選択か? »

2005年11月 1日 (火)

iPod導入

そーいえば、iPodを先日買った気がする。
おいらは一度も使っていないのだがヨメが活用しているはずである。

引越前から計画してきたレガシーオーディオからの脱却への試みは、第一段階のレガシーデバイスの導入を行わずPCで代用するという段階を過ぎ、第二段階のシリコンオーディオの導入に到達した。
ところがやっかいなのがコピーコントロールCDである。
iPodに転送できないなだけならまだしも、PCでまともに再生できないとはどういう事か。
聞くな、聞きたかったらCDコンポ買えというに等しい話である。
というわけで、夫婦揃って当該レコード会社が嫌いになった。
先日、留美子ファンにしてオーディオマニアの知人と会話する機会を得たが、LPレコードもオイルショック前後では品質が異なるという。(昔の方が盤が堅いそうだ)高品位の音源がドンドン駆逐され、可聴範囲外の周波数帯域をバッサリ切ったCD規格。さらに劣るコピーコントロールCD。
著作権の保護は重要であるが、レコード会社の社会的使命は良い音楽を社会に届けることではないのだろうか。

|

« 女の第六感 | トップページ | 全撤去が正しい選択か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/6818759

この記事へのトラックバック一覧です: iPod導入:

« 女の第六感 | トップページ | 全撤去が正しい選択か? »