« 大王様 | トップページ | 献血 »

2005年11月24日 (木)

ゆとりーとらいん

20051124
日本唯一のガイドウェイバス、ゆとりーとらいん。
バスが専用高架の上を走るのだが、車体側面のガイドレールに従って走るのである。
よって、ハンドル操作の必要がないバスなのである。
JR中央本線大曽根駅を下車。駅の真ん前にあるのがゆとりーとらいんの乗り場であるが、JRより高い3Fにある。
JRの階段を下りて、また登る。1Fから乗れるバスと違ってちょっと厄介である。
2Fコンコースには改札があるが人は誰もいない。朝ラッシュ時などはここで精算するのだろう。
3Fがバス乗り場で、対向式ホームのバス乗り場がある。
ホームの有効長はバス二台分程度で、行先によって前側と後側に分けて停めるらしく、LEDの発車案内が天井から下がっている。
これではダイヤが乱れたときに折返発車順序が守れないのではないかと思ったら、ホームの先はガイドウェイ無しの駐車場になっていた。
さて、バスに乗車すると周囲に高層建築物がないのでなかなか良い眺めである。
バス停の間隔も一般のバスより長い。地上の一般道にもバスは設定されているようなので、幹線系の旅客との分離が図られているのだろうと推測する。
しかし、ガイドウェイトはいえバスはバス。速度も普通のバスと一緒だし、所々屈曲による速度制限箇所がある。
幹線バスらしく高速走行を期待していたので残念だ。
小幡緑地の駅(バス停の広告に「当駅下車」と書いてある)を出ると地上に降りる。一般道との連絡口には踏切遮断機が付いていた。
地上に降りてしばらく走った所で降り、折り返し。
高架区間は遮る物がないので見晴らしがよい。バスも頻発しており利便性はなかなかである。
生憎、下の道との乗り比べをしなかったので効果の恩恵が如何ほどかは分からなかったが、貴重な体験であった。

|

« 大王様 | トップページ | 献血 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/7298337

この記事へのトラックバック一覧です: ゆとりーとらいん:

« 大王様 | トップページ | 献血 »