« 機材トラブル相次ぐ | トップページ | アレルバスター到着 »

2005年12月19日 (月)

鉄も切れる寒さ

福井鉄道では圧雪に乗り上げ脱線、只見線は雪のただ中で立ち往生、新幹線在来各線ともダイヤ乱れまくりで夜行は運休と散々である。
東京のレールは本州モデルである。北海道には寒冷地モデルのレールが採用されている。
何が違うかというと、温度特性である。
鉄は温度によって収縮する。本州のレールを北海道に持って行くとレールが縮んで長さが足りなくなる。
反対に北海道のレールを東京に持ってくると夏に延びすぎて線路が蛇行する。

しっかし、今日は寒かった。東京のレールも縮んで切れてしまったようだ。

|

« 機材トラブル相次ぐ | トップページ | アレルバスター到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/7699637

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄も切れる寒さ:

« 機材トラブル相次ぐ | トップページ | アレルバスター到着 »