« 祭勃発と終了 | トップページ | コミケ2日目午前を振り返る »

2005年12月31日 (土)

コミケ2日目朝を振り返る

朝から順番に。

起床4:40。朝食はコンビニカレー。友人の車で移動中に食べる。お茶も買ったがカレー皿を置く場所がないので封を切れず、全然飲めなかった。

会場到着5:40、スタッフ作業現場到着6時。
一般入場待機列の計画が大幅変更になって「今日は祭だ」と言われて頭を抱える。1日目は使えていた待機場所が使用禁止になったそうな…参加者が花壇を踏み荒らしたせいじゃなかろうかとか、色々考えるも理由は謎。
ともあれ、周辺からクレームが一つ上がる度に段々不便になっていく。ただでさえ周囲の視線が厳しいんだから、参加者はもうちょっとモラリストになってほしいもんです。

んで、コンビニ前で死んだように眠っている人を片っ端から起こして廻る。コンビニ側もよく我慢しているものだと思ったら、コンビニ前での宿泊禁止の張り紙が出ている。
「皆さん!立ち上がってください!立てますか?たまに体温が下がって立てない人がいます。お友達は大丈夫ですか?立てない方をこれから救護室に案内します」と言ったら全員血相を変えて立ち上がる。以前本当に立てない人がいてから起こして回るようになった。
ここでの座り込みは禁止である旨を告げ移動を促すが、見れば周囲はゴミだらけである。
「ゴミを放置しないようお願いします。あなたはゴミと一緒に大切な物を捨てています。そもそも良心なんて無いと言う方は、自分の分身として犬みたいにゴミでマーキングをしているのです。私は皆さんが良識を持った人間であると信じてます」…今振り返ると挑発しているみたいであんまり良い文句じゃない。これは徹夜組ではなくギャグとして受け止める余裕がある人々に言う台詞だなぁと反省したわけであるが、ともあれゴミがちゃんと回収されたので良しとしよう。
…とまぁ、色々喋って「共に良いコミケを作ろうじゃありませんか!」と締めくくり、まばらな拍手と怨嗟の溜息の入り交じった音を聞きながら移動。
あちこちでオットセイの死骸みたいになっている。始発で来ても大した時間差無く入場できるのだから意味がない事に気がつかないのだろうか。徹夜をすることに意義を見いだしている最先頭の連中の行動の方がまだ理解できる(どっちも迷惑であるが)

サークル入場開始、徹底的に待ち合わせ広場を綺麗にして戻ったら始まっていた。
サークル入場口近辺は相変わらず待ち合わせなどでごった返し、常に1通路潰れている状態である。まず買い出し組の集会を排除。「こーいうのって、事前にネットで決めてくるのが普通じゃないの?」と言ったら、「事前に決まれば苦労しませんよ!」と捨て台詞。「それって、管理能力無いって宣言しているようなもんじゃーん!」と言ったらそのまま立ち去った。
さて、買い出し組を排除して空いた空間に、待ち合わせ中のサークル参加者を移動させる。そうして空いたところに通路を塞いでいる人を移動させて終了である。

|

« 祭勃発と終了 | トップページ | コミケ2日目午前を振り返る »

コメント

初めて管理人権限でコメント削除しました。
わかってて伏せて書いている事をわざわざ取り上げるのは勘弁してください。関係者は発言に配慮を願います。
(※なお、今回は公共地区の人の発言ではありません。身内の人はご安心を)

投稿: GLUMip | 2005年12月31日 (土) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/7922052

この記事へのトラックバック一覧です: コミケ2日目朝を振り返る:

« 祭勃発と終了 | トップページ | コミケ2日目午前を振り返る »