« 換気口フィルタ購入 | トップページ | 本棚を組み立てる »

2006年1月25日 (水)

伯備線保線係員触車死亡事故

伯備線で3名の保線作業者が触車死亡した事故について。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060125-00000014-maip-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060125-00000307-yom-soci
まずは犠牲者の冥福をお祈りする。

しかし、JR西は事故続きではないか。
たるんどる、というは易いが全く無関係な事故が連続して起きるところが不気味である。航空業界における雫石事故の頃(確立上は滅多に起きない航空事故が連続した)を彷彿とさせる。

報道の初期段階なので憶測でしかないのだが、作業指揮者が列車が来る方向を勘違いしたのではないか。
ダイヤは複数の人間で確認しないと危険である。
思いこみ、勘違い、ダイヤの読み間違いは往々にして生じる。
運転士の勘違いは機械でバックアップしているので事故になることは少ないのだが、保守側はバックアップシステムが存在しないので今回のように事故になってしまう。
関係者なら誰しも触車しそうになってヒヤリというのはあるはずだが、なかなか防護策がない。辛いところである。

…JR西には友人がいないので分からないのだが、司令と現地の連絡体制ってどうなってるんだろうか。作業中に順序変更やったらどうするんだろう。
民鉄では携帯電話を持たせ、司令や隣接駅と連絡体制を確保しているところもある。
今度、JR系の友人に聞いてみることにしよう。

|

« 換気口フィルタ購入 | トップページ | 本棚を組み立てる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/8334732

この記事へのトラックバック一覧です: 伯備線保線係員触車死亡事故:

« 換気口フィルタ購入 | トップページ | 本棚を組み立てる »