« 高崎ラーメン | トップページ | 吾妻線運休日記 »

2006年1月 9日 (月)

吾妻線温泉紀行

2006010902
吾妻線の大前行は一日5本しかない。大半の列車は一つ手前の万座鹿沢口止まりである。
万座鹿沢口の駅は単線高架の駅で、駅前にはちらほらと古い商店が並んでいる。
ところが、終点の大前となると景色が一変する。駅前に旅館が一件あるだけで、あとは何もない。
対岸に民家が見えるだけである。
さて、今回の目的は二つ。未乗線区だった吾妻線に乗車する事と、温泉にはいることである。
駅から徒歩で行ける温泉、出来るだけ駅の近くの温泉、昼食を摂れる所、更衣室に暖房が効いているところ…として選んだところ、袋倉駅の半出来温泉と小野上温泉駅の村営小野上温泉が候補に挙がった。
本当はダムに水没する川原湯温泉が良かったのだが、日陰部分に雪が残っており凍結しているおそれがあること、地元民向けの日帰り施設の事前調査をしていなかったため更衣室の暖房が未確認であることからパス、結局雪が全く残っていない小野上温泉にすることとなった。
小野上温泉は食堂や宴会場が付いた村の総合施設である。建物に入って2時間券を購入。露天風呂に入ったらおいらの現住所に近い人がいて話が弾む。
だが、相手のオジサンはすっかり酔っぱらっているらしく話が3回もループする。
「にぃちゃん、どこに住んでるの?」も三回聞いた。
オジサンと楽しく話しているうちに、そろそろ出る時間である。
「一緒に飲んでいこうよ」
いや、でも列車の時間ですし…
「送っていくからさぁ!」
汽車旅の意味が無くなってしまうので、またどこかでお会いしましょうと辞去。
…まさか、これがこの後の展開の伏線になるとは思いもしなかった…

|

« 高崎ラーメン | トップページ | 吾妻線運休日記 »

コメント

次回に期待age。

今日は高崎線で人身事故があったとかでダイヤが乱れていたそうですが、支障は無かったようですね。

投稿: たまごん | 2006年1月 9日 (月) 22時43分

高崎線の人身事故は影響ありませんでした。
…高崎線は…

次回で秘密が明かされます(笑)

投稿: GLUMip | 2006年1月10日 (火) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/8083379

この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻線温泉紀行:

« 高崎ラーメン | トップページ | 吾妻線運休日記 »