« 以心伝心 | トップページ | 高崎ラーメン »

2006年1月 8日 (日)

つくばエクスプレス初乗り

つくばエクスプレスに乗ってきた。20060108

秋葉原~つくば間45分というだけあって、速い。
直線区間ではビュンビュン飛ばす。地下区間なのに120km/h以上出す。
それ以上に驚いたのが乗り心地の良さである。都内の地下区間は曲線が多いというのに思ったより揺れないのだ。地下鉄みたいにキシリ音などで五月蠅いこともない。車内で会話が成立するレベルの音である。
15時の下り、先頭車に乗ったが座席満員といったところ。運転台の後ろには親子連れがびっしり。とても前は望めない。隣の車両では立ち客もあるようだ。
南流山から順にパラパラと乗客は減ってゆく。
流山おおたかの森を出ると、周囲は畑や林である。そのうち遠くに筑波山が見えるようになってくる。
この辺ではずーっと130km/h近くで走っているのだが、軌道が良いので余裕のある走りである。車窓に目を向けなければ速さに気がつかない。
守谷を出るとデッドセクションがある。交流区間は架線の上に電線が一本増えるのですぐ分かる。
堀割の中を走って車窓が望めなくなる区間が増えてくる。景色が望めないのは残念だが、新居を線路際に構えようという人にとっては恩恵というべきか。
結局、終点のつくばまで運転台の後ろは満員御礼であった。
折り返し、16時台の上り快速に乗車。発車時点でもう満席である。
途中で普通に乗り換えて六町で下車。ホームで待っていると下りが猛スピードで通過する。凄まじい風が吹くというので体験したかったのだ。
…そしたら、風が凄くて思わず数歩流された。
帰りは浅草で下車。浅草、と言うけど出口は浅草六区にある。駅名は仮称時代の「元浅草」の方が良かったように思う。新仲見世を端から端まで横断せねば東武や地下鉄の浅草には辿り着かない。
舟和で芋ようかんを土産に買って帰宅。今回の総旅行時間は6時間でした。
八潮で見た夕焼けに映える富士のシルエットは写真撮りたかったなぁ…

|

« 以心伝心 | トップページ | 高崎ラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/8062878

この記事へのトラックバック一覧です: つくばエクスプレス初乗り:

« 以心伝心 | トップページ | 高崎ラーメン »