« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月23日 (木)

そんな信号はない

リンク: @nifty:NEWS@nifty:レールにひび、朝の地下鉄東西線乱れる…11万人影響(読売新聞) .
読売新聞報道によれば「異常を知らせる赤信号」が点灯したそうだが、そんな信号はない。
前方に列車がいないのに赤信号であるため異常に気づいた、が正しいのだが…
まぁ、どうでもいいといえばどうでもいいんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

混雑尻目にチャージ

Suicaの残高が千円を切ってしまった。
券売機には長蛇の列、これから長距離の乗車を予定しており帰りの運賃が不足する。
下車駅の混雑も予想され、精算機でのチャージや券売機でのチャージも並びそう…
…という場合に取った方法がNewdays(駅ナカコンビニ)でのレジでチャージだった。
一券売機10人前後の列を尻目に10秒でチャージ。
自動券売機があるのに、わざわざ売店でチャージなんか意味がないと思っていたけど、こんなメリットがあるとは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

立花誾千代

戦国無双2の立花誾千代は事あるごとに「立花」を連呼する。
「女ではない、立花だ!」に始まり、「立花ならば当然だ」「立花をなめるな」などなど…

何故、ことさらに「立花」を強調するのだろう。
家のメンツを守りたいからか、家名を上げたいからか…と考えるのは面白くない。

女なのに男として育てられた(というゲーム上の設定の)誾千代。
ここはひとつ、立花=男と読み替えてみよう。

「男ならば当然だ」「男をなめるな」などなど、どの台詞をとってみても違和感なく収まってしまうと同時に、自分が女であることに物凄いコンプレックスを抱いている様子が分かる。

男として育てられながらも、男と主張できない自分の存在。
誾千代は性別で判断されるのを避けつつも、「男の誇り」を守ることに必死なのである。
それを支えるのは唯一家名のみであった…という屈折した心理が透けて見えてくる。

故に、世の男性諸氏が「男らしくせねば」と異常なまでの執着を見せるように、誾千代は立花の家名に執着しているのである。

…とか色々考えてみると、冷たそうな誾千代のイメージも変わってくるから不思議だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

久々に絵を更新

昨日付で新作CG更新しました。
鉛筆画にそのまま彩色してみたんですが、期待していた時間短縮効果などは現れず、結局ディスプレイで主線修正したりする始末。

色々忙しくてなかなか更新できません。
今年は中断していた終末遊園地の制作再開したので全体的に低調になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

風邪から回復しつつあり

先週から風邪を引き始め、一週間かけてようやく回復してきた。
…で、久しく日記の間隔を開けてしまったので、書こうかなと思ったらniftyの障害で書けないでやんの。

戦国無双2買いましたよ。立花誾千代目当てで。
…声がちょっと不満かなー。もう少し深みがあった方がいい。
鎧のデザインについては、大筋で満足です。よくやったコーエー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »