« サイフォンコーヒーに挑戦 | トップページ | コミクリ »

2006年10月 7日 (土)

米ヤンありがとう

ジリジリと暑い日差しが照りつける中、甲高いカラスの鳴き声だけが麻布の街に良く響く。
向こうから霊柩車の警笛が鳴り、沿道の参列者は頭を垂れる。

…皆が両手を合わせたその刹那、葬儀会場からマツケンサンバの替え歌、米やんサンバが。
たまらず沿道を埋め尽くした参列者全員が笑い出す。

そして、前方から閉会宣言の時のような拍手の波が。
霊柩車が来ると、あちこちから「米ヤンありがとう!」の声。
涙を流しながら、手を叩きながら、ありがとう!ありがとう!

いつまでも拍手は止みませんでした。

そこには、晴海の頃、有明の初期の頃がそうであったような、不思議な場の一体感がありました。
忘れかけてた良きコミケの空気が、まさにそれでした。

悲しいお葬式はいくつもあれど、良いお葬式に出会ったのは初めてです。
米ヤン、本当にありがとう。そして、お疲れ様でした。

|

« サイフォンコーヒーに挑戦 | トップページ | コミクリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/12188371

この記事へのトラックバック一覧です: 米ヤンありがとう:

« サイフォンコーヒーに挑戦 | トップページ | コミクリ »