« コミクリ | トップページ | 隠れ三滝 »

2006年11月19日 (日)

臨時特急きりふり号と霧降の滝

Pict0011

臨時特急きりふり257号は、かつての急行りょうもう号(1800系)を塗色変更した車両である。急行りょうもうに乗る前に「特急りょうもう」となってしまい、乗ったことがない私には一度乗りたい列車であった。

…で、乗ったらこれが凄い。席がリクライニングしないのである。しかも足下が狭く、足が伸ばせられない。デビューは昭和44年だから当時の水準がしのばれる。
しかも臨時特急だから遅い。前が詰まっている感じで時折信号で停車するし、東武動物公園にも運転停車。そんなに速度を上げて走る様子もない。
何はともあれ、一度乗ってみたかったからこれで良しである。
途中駅から乗って着席保証されるための座席指定料金と思えば
納得できる。

Pict0027

さて、日光についてからは霧降の滝へ。バスを降りてから道路や遊歩道で展望台に出る。石畳は凹凸が激しく歩きにくいが、展望台からの眺めは絶景であった。
観光バスのおばちゃん達がベンチを踏み台にして撮影会を開いているのを横目に見ながら、別のベンチで昼食。
滝を見ながら持参した弁当を広げ、舌鼓を打つ。
展望台の欄干にもたれながら茶をすする。バスのおばちゃんと比べてなんと贅沢なことか。
食事が終わる頃にはおばちゃん軍団も消え去っており、眺めの良いところで記念撮影。軽装でも展望台まで行ける良いスポットである。つづく。

|

« コミクリ | トップページ | 隠れ三滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/12741175

この記事へのトラックバック一覧です: 臨時特急きりふり号と霧降の滝:

« コミクリ | トップページ | 隠れ三滝 »