« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006年4月16日 - 2006年4月22日

2006年4月22日 (土)

立花誾千代は鎧っ娘

Ginchiyo01s
戦国無双2より、立花誾千代(たちばなぎんちよ)を描く。
やっと完成である。長かった。
西洋風ではなく、純然たる日本の鎧を着て欲しかったけど、それでも鎧度が高いので嬉しいデザインである。
久々に、キャラ指定で同人誌を買いあさってもいいかもと思わせるデザインだ。
僅か6歳で城主になったという史実も面白い。
元服前の子供が城主というと、実際のところ家老が取り仕切ったんだろうが、それでも燃えるところがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

さよならふるさと銀河線

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「銀河線」20日廃止、首都圏なみラッシュを初体験(読売新聞) .
ちほく高原鉄道ふるさと銀河線は北海道の中では国鉄から第三セクターに転換した唯一の路線である。転換前から先行きを危ぶまれるほどの過疎路線。正直言ってよくここまで持たせたとの思いが強い。
なにせ沿線人口が少ない。途中の駅など森の中にぽつんとあって、誰が使っているのかと首をかしげたくなるような場所である。町の肝いりで町の施設を併設した立派な駅もあるが、それとて賑わいは少ない。
この路線がかつて網走方面の主要幹線だったとは到底思えない路線である。

そんな銀河線も廃止間近になると途端にファンが押し寄せ連日の満員列車。皮肉な話である。
いっそのこと東北のレールバス会社のように、廃止フィーバーで混んでいるので廃止延期をしてはどうかとすら思う。
とはいえ、一時的に混んだとて、更新時期を迎える老朽設備の更新費は捻出できまい。
低金利で経営安定化基金の運用益は見込めず、金利で赤字を補填できずに原資を食いつぶした果ての姿である。
鉄道を要する輸送需要がなかった…と言えばそれまでであるが、公共交通が衰退するのを見るのは忍びない。
旅行者にとっても行きにくい話である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

大魔神無料放送

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0013686/
トップページでお知らせしたGyaOの「大魔神」シリーズ無料配信。
先日からおいらの友人も何人か見ているようで嬉しい限り。
特撮作品として有名だけど、60年代の映画黄金期の作品らしく、映画として良くできているので少しでも多くの人に見てもらいたいところ。
なかなか語り合える相手がいないんですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »