« 摩周湖の難 | トップページ | 北海道の楽しい夜は更けて »

2007年5月28日 (月)

炉端焼き

釧路では炉端焼きのお店へ。
蠣は厚岸ではなく釧路産。広げた男の手よりも長く大きな貝にまずビックリ。今までまともな蠣を食べたことが無く、口に含んで生臭かったりするものばかりで辟易していましたが、新鮮な物は臭みがないんですね。貝殻に残った汁まで美味美味と連呼しながら頂きました。
ホタテも中身だけで両の手で輪っかを作るほど大きく、貝殻を見たときは「ホタテ以外の別の貝では?」と思うほど。こんな大きいの見たことありません。
烏賊の丸焼きもワタまで旨く、認識を改めざるを得ないという結論に達しました。
ホッケも自分の肘より長い。出てくる物全てが大物、味も今まで食べたことがない旨さで、本物の凄さをヒシヒシと感じました。釧路良いなぁ旨いなぁ。次は天気の良いときに来るぞ!

|

« 摩周湖の難 | トップページ | 北海道の楽しい夜は更けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/15235312

この記事へのトラックバック一覧です: 炉端焼き:

« 摩周湖の難 | トップページ | 北海道の楽しい夜は更けて »