« チリトリの使い方 | トップページ | おつきあいキャンプ »

2007年6月22日 (金)

東北本線架線切断

久々に鉄道の話。

架線切断なんて久しぶりじゃないだろうか。

昔は鉄道の架線はよく切れた。
とある鉄道会社の終戦直後の物資欠乏期の保守記録を見ると、3日に1度は破断している。
銅なんか手に入らないから代用材使ったり、摩耗しても予防保守なんて出来るわけがないから仕方ない。
今では鉄道の架線は完全に予防保守となり、安全率を見込んだ摩耗限度まで達する前に交換している。

近年の架線切断は外部要因が多い。摩耗による破断は聞いたことがない。
今回も近いうちに原因が明らかになろう。

さて、今回気になったのが駅間で抑止となった列車の設計である。
空調は全てエアコンで…の考えのもと、一時期窓が完全に開かない大型一枚窓にUVフィルムをJR東日本は導入してたのだが、駅間停電時に換気が止まってしまう事件が発生した。
これは設計当初から想定されており、車端部に緊急換気口が設けられている。
だが、利用者がローレットねじを回すこのスタイルは直感的でなく、緊急時(特にラッシュ時)ではパニックを惹起させかねないものである。
結局、今の設計では大型一枚窓を分割し緊急換気窓に変更した。デザイン的には格好が悪いのだが、安全優先の設計思想は重要である。
駅間で抑止された編成の窓はどっちであったのか、実に気になるところである。

|

« チリトリの使い方 | トップページ | おつきあいキャンプ »

コメント

うちの奥方様も乗ってたようです〜あははは〜〜〜

投稿: おいら | 2007年6月22日 (金) 15時33分

あ、東北本線じゃなくて、京浜東北線です。
今日しばらく止まってたらしい。

投稿: おいら | 2007年6月22日 (金) 15時35分

わぁ、巻き込まれちゃいましたか。大変でしたねー。
JRは過去の経験から隣接路線全部止めちゃうから、複数の路線が走っているところで何かあると途端に影響が甚大になるんですよね。

現在の報道だとショートが原因となってますが、詳細原因の報道が待ち望まれます。
ちなみにショート起こすと金属溶解して水みたいになって降ってくるんですよね。

投稿: GLUMip | 2007年6月22日 (金) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/15518954

この記事へのトラックバック一覧です: 東北本線架線切断:

« チリトリの使い方 | トップページ | おつきあいキャンプ »