« 第30話 弁天軍団リターンマッチ | トップページ | 第32話 戦りつの参観日 »

2007年7月10日 (火)

第31話 あゝ個人教授!

第31話 あゝ個人教授!

ロリコン教師栗林登場。
荒れる高校とか体罰問題を背景に、教師栗林はルックスで生徒を差別。あたるがその標的に。
さらにラムちゃんと出会った栗林は嫉妬からあたるをこっぴどく痛めつけます。これは体罰じゃなくて暴行。
「俺はいつか栗林に殺される」と満身創痍になって(包帯を巻いている!)ラムちゃんの看護を受けるあたる。
それでも学校に行くんだから、あたるって偉い。
面堂は美形なので難を逃れるんですが、女性との気をひこうと様子をうかがいながらこの美貌が悪いんだ!と柱に頭を打ち付ける。こいつ骨の髄まで腐っとる(笑)

あたるは栗林がラムちゃんに惚れているのを見抜き、ラムちゃんとデートさせようとします。
栗林が自分が中年ということを恥じながらも、ラムちゃんは包容力がある、とフォロー。
こんな事言われたら誰だってとろけちゃいますがな。
最終的に栗林はあたるの策略にはまり、ラムちゃんの「ここにおやすみのキスするっちゃ!」と差し出した額にちゅーしようとするところを生徒達に現場を押さえられて人格崩壊してしまいます。
ラムちゃんはあたるの言うとおりに行動していて、すべてはあたるの手のひらの上だったのね。
でも、未遂で押さえたとはいえ、おやすみのキスの誘惑をするというシナリオ、ラムちゃんが「ダーリンの言うとおりにしただけ」と平然と言い放つ様を見ていると、栗林の勢いが良かったら額にキスは奪われていたところだった。
ラムちゃんのキスに対する感覚って欧米人のそれと一緒なのね。ぴぐも君の話でも分かるけどー。
しっかし栗林よ、「人格崩壊~」と自ら叫ぶやつがおるかね(笑)

己を恥じ、一人でどこか遠くへ行きたいという栗林を、ラムちゃんはニコニコして地球外へ。(月かな?)
そこでも空気があって全然平気なのはギャグマンガだからおいておくとして、ラムちゃんの恐ろしさってのがここに凝縮されてる。

一緒に行くけ?とか言われてほいほいとついて行ったら、そのまま人類未到の地で現地解散して、地球に帰れなくなるってのを平気でやりそうで恐ろしい。
恐ろしいんだけど、ラムちゃんと行動を共に出来るなら、やっぱりほいほいとついて行っちゃうんだろうなぁ…

|

« 第30話 弁天軍団リターンマッチ | トップページ | 第32話 戦りつの参観日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/15712951

この記事へのトラックバック一覧です: 第31話 あゝ個人教授!:

« 第30話 弁天軍団リターンマッチ | トップページ | 第32話 戦りつの参観日 »