« たとえば、こんな贅沢を。 | トップページ | 第78話 ダメッコ武蔵 風雲録 »

2007年8月31日 (金)

秀吉でごザル

たなかかなこ「秀吉でごザル」を購入。
たなかかなこ作品は良くも悪くもエログロです。
女性作家らしからぬ少年誌系のタッチと青年誌らしいエログロのバランスがたまらない。女の子は可愛く柔らかに、男の子は格好良くすけべぇに(笑)

今作は表紙から秀吉の裸鎧という濃さ(笑)
ストーリーの流れは後の豊臣秀吉が織田家に仕官する直前から始まる立身出世物語。
たなかかなこ調に英雄色を好む的なお話しに仕上がっており、ねねとの馴れ初めも下層社会から脱出し、立身出世の野望を持つ二人が結びついたような感じ。
ガチガチの鎧武者である竹中半兵衛が一枚脱いだら女の子だったとか、ありがとうたなかかなこ先生!って展開なので今後が楽しみです。
こーかくと偏った評価しかしていないよーに思われますが、純粋にたなかかなこ作品は面白い。
濃くて可愛い絵柄なので読んでて心地良いんですよね。

|

« たとえば、こんな贅沢を。 | トップページ | 第78話 ダメッコ武蔵 風雲録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/16295993

この記事へのトラックバック一覧です: 秀吉でごザル:

« たとえば、こんな贅沢を。 | トップページ | 第78話 ダメッコ武蔵 風雲録 »