« 第75話 タヌキは恩返しできる か!? | トップページ | 成功率ほぼ0% »

2007年8月29日 (水)

第76話 決死の亜空間アルバイト

第76話 決死の亜空間アルバイト

バイトを探すあたる。
時給4千円。鉄骨運搬…腕の筋肉を見て「パス」。あたるよ、君には十分できるだろう。

ラムちゃんにあしゅら湯を勧められ、木戸くぐって阿修羅湯を探して右往左往。
まぁこのへんは様々な先達がことあるごとに解説を記しているので割愛(笑)

…ってことでBパート!Bパート!

腹と背中の区別もつかねぇのかといった大入道は、ちゃんと腹と言ったところにデベソがついているのね。
しばらく化石の怪鳥が姿を見せていないと思ったら、ここにいたのね、と楽しいシーンの連続。
女湯を覗こうとするラムちゃんとあたるの攻防は見物。素直に面白い。
ラムちゃんのうなじが美しいシーンです。
おっぱいだ乳首だと盛り上がるより、ラムちゃんのうなじと肩甲骨にこそトキメキを覚えちゃいますよ(笑)
それにつけてもBパートは西島克彦節全開。
弁天さまの乳バッチリ描いてるし。今じゃ御法度ですよねぇ~。
しっかし弁天さま、爆雷をバズーカ発射とはなぁ。バズーカじゃなくて爆雷とは、この人いつも携帯しているんでしょうかね。これで生きちゃいねぇだろとか言っているそばからあたる出現。
ラムちゃんが「やっぱり」っていうところは本当に悔しそう。平野文の演技にも脂がのっています。
この辺のラムちゃんの表情、西島克彦の描くラムちゃんの崩れた表情最高ですな。笑っているときよりよっぽど良い。
ラムちゃんはあたるが石像を洗うようにし向けます。
自分の体は洗わせないんですね。少年誌だからね。それにつけても、あたるとあろうものが石像と生身の人間の区別つかないなんておかしいよね。
結局ジャリテンの魚雷が命中して(武器に寛容な宇宙の人々)あたるは潜水病になりそうな深さの浴槽の底に沈み、最後はとおりゃんせでエンド。不条理オチなんですが、これ見たとき怖かったよなぁー。

台風の時には、溺れたラムちゃんをあたるが助けに行くという現実味のある話なんですが、今回はドタバタ主体でどーかんがえても死んでるでしょって光景を平気でかいくぐるあたるの非常識な様が前面に出て描かれてます。
このへん、考察するのは無粋なので、ギャグマンガとして割り切りたいところだけど、勢いが良すぎてラムちゃんのあたるに対する姿勢(面堂が銃を向けるとかばうのに、弁天さまが爆雷投下してもこれぐらいじゃ死なないと高をくくっているところ…これは弁天さまの軽口と解釈するのが妥当なんですが、普通死ぬって)がぶれまくりなんですよね。
そこを含めて、うる星って勢いよいから面白い、ナイスギャグ。と評価すべきなんですが…
アニメ弁天さまと一緒にいたら、やっぱり命が何個あっても足りないよなぁー。
この人達の間で命脈を保つ処世術をどうやって身につければよいのやら、と悩んでみたり。

|

« 第75話 タヌキは恩返しできる か!? | トップページ | 成功率ほぼ0% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/16278714

この記事へのトラックバック一覧です: 第76話 決死の亜空間アルバイト:

« 第75話 タヌキは恩返しできる か!? | トップページ | 成功率ほぼ0% »