« 第69話 買い食いするものよっといで! | トップページ | 3日目続き »

2007年8月23日 (木)

第70話 戦りつ!化石のへき地の謎

第70話 戦りつ!化石のへき地の謎

川口探検隊のパロディーでひたすら笑わせてくれる回。
TVがTVを皮肉たっぷりにパロディーするというスタイル、今でこそNHKのセルフパロディーである、サラリーマンNEOをはじめとして数多く挙げられようが、当時としては珍しい方だったんではなかろうか。

僻地に観光にやってきて、道の真ん中で弁当をひろげるあたる。
すると、錯乱坊沸いて出て、2m以上連なるようなソーセージ端から丸呑み。
それを引っ張り出し、鞄の中に入れるあたる。うちは錯乱坊が飲んだものは食べる気がしません。

面堂が化石の説明するとき、年代が分かるとかいいいながら、恐竜と棍棒が混在するなどめちゃくちゃ!
面堂、実は馬鹿なんじゃないか?アホなのは確かだが。

ラムちゃんは化石を発見。岩ごと切り出して軽々と持ち上げてあたるに見せる、相変わらず怪力です。
ジャリテンも自重の数倍と思われる化石で遊ぶ。すごい。

化石を組み合わせて立像を作ってしまうあたる。すげぇ。これだけアンバランスな物が自立している!あたるってば何者なのでしょう。

「うちには不可能はないっちゃ!」と言って化石を一個の動物に変えてしまうラムちゃん。
さすが何でもあり。ラムちゃん万能って言うか、そういう問題じゃないと思います。
これ使えば蘇生可能なのでは?ランちゃんケーキとかで「ダーリンが死んだっちゃー!」とか騒いでいないで、この中で蘇生させれば大丈夫って考えては如何か。

Bパートは錯乱坊と怪鳥、TVクルーの追走劇が見物。
すさまじい運動能力。あたるの言うとおり、錯乱坊は人間じゃないよな。
背景動画でぐりぐりと動き、水の上を走る。完全に人間の域を超えています。
走行の衝撃波で地上の構造物壊れちゃうし…音速超えると首もげますよ。

あたるたちは追いかけているうちに探検隊のみんなと吊り橋の上に。
全員で乗ってしまったために吊り橋のひもは切れ、足場だけの吊り橋の上にかろうじて残るも、みんな動けなくなってそのまま夕方に。
あたるをはじめ、全員白髪になってしまい、終盤になって「こんな時にラムがいれば…」と考えます。
ここがアニメうる星ですなー。便利なキャラ、ではなくてちゃんとパートナー視しているのを視聴者に分かるように提示する。

結局、吊り橋は錯乱坊のせいで切れて全員真っ逆さま。ラムちゃんあたるを間一髪救うのではなく、あたるも川ぽちゃ。墜落死するに足りる高さですが、最後は諸星家で怪鳥と錯乱坊がTVクルーがキャンプを張って再撮影に挑むのを眺めて終わりです。あたるは嫌がっている様子でしたが。

エンディングスタッフロールでびっくり。
原画にもりやまさんがいるのはともかく、いのまたむつみって!

|

« 第69話 買い食いするものよっといで! | トップページ | 3日目続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/16209735

この記事へのトラックバック一覧です: 第70話 戦りつ!化石のへき地の謎:

« 第69話 買い食いするものよっといで! | トップページ | 3日目続き »