« 懐かしのコミケットスペシャル | トップページ | 今日も氷だし »

2007年8月 4日 (土)

第56話 花和先生登場!これが青春だね

第56話 花和先生登場!これが青春だね

花輪先生登場!+夏子さんの話。

あー、青春!青春だなぁ!
見たまえ入道雲だ!青春だなぁ!(おお、時期的にもぴったり!)

ラムちゃんが遂に友引高校に転入!待ってました。
校長室では、アニメオリジナルではない、ちゃんと原作にも出てくる「友引高校の校長先生」がラムちゃんを出迎えています。
ラムの父ちゃんってラムちゃんの倍くらいの身長あるのね。第一話とかもでかかったけど、やっぱりでかいよなぁ。
でも、確か父ちゃんって母ちゃんとの結婚式の回想シーンではふつうの身長じゃなかったっけ?
幸せ太り、中年太り、ビール腹では身長は伸びないと思うんですが、はてさて。
まぁ、ラムちゃんは母ちゃんの遺伝が強そうなので、結婚後も大丈夫だと思いますが…

さて、妄想の激しい花輪先生、教室にはいるときも原作通りにイタズラされるんではないかと妄想。
妄想以上の手の込んだトラップをなんなくこなしたかと思いきや、机の下敷きになり、ゴミ箱をかぶる始末。
どう見ても学級崩壊なんですが、花輪先生の手にかかれば青春クラスに変化してしまいます。

で、ラムちゃんを宇宙人と認めない先生にクラスメート一丸となって納得させようとするんですが(早くもクラスが一つにまとまった!)、先生の観点は完全にずれているので宇宙人と納得してくれません。
当のラムちゃんはどっちでもいいっちゃと投げ出し気味。ところが、このやりとり、説明不足&テンポが悪くてもっと面白く演出できそうなんだけど状況説明にとどまってしまっている気がします。
ここ数回演出が愉快滑稽この上なかったのでちと残念。

Bパート、花輪先生に勧められてあたラム先生の3人でバレー部に入部。
「俺がいないと何もできんのか?」「できるけどやらない!」
この二人のやりとりもいいですな。原作のこのシーン大好きです。ラムちゃんのラムちゃんらしさをよく表してる。

男子バレー部はキャプテンがなんとパーマ!
夏子さんも登場して原作通りのバレー少女ぶりを発揮します。
バレーをやっているときの夏子さんのひどい顔は原作に負けず劣らずのひどい顔で素敵!
この辺は原作通りなのでもはや解説不要ですね。

後半、スポーツ万能と思われたラムちゃんは、バレーがてんで下手でボールをこぼしまくる。
できるけどやらない!とか言っていたのに万能じゃないのね。そこがまた魅力。

面堂に崩れた顔を見られてしまう夏子さん。
ところが面堂は今までいなかったタイプだと惚れてしまう。
男子バレー部から退部すると言い出すあたる、入部を希望する面堂、ダーリン抜けちゃやだーと騒ぐラムちゃんの押し問答で幕となるわけですが、ここ声がかぶっていて何言っているか聞き取りずらく、おもしろみを半減させています。もったいなーい。

最後はジョギングするみんなを先導していた花輪先生が、一人で夜になるまで走っていて「どうしてみんなついてきてくれなかったんだ!」で終わる。このところは大好きなのです。

今回の話は原作のおいしい話を演出で凡庸にしている気がするなー。なんかもったいないのでした。

珍しく内容が本文と一致している絵。

|

« 懐かしのコミケットスペシャル | トップページ | 今日も氷だし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/16001785

この記事へのトラックバック一覧です: 第56話 花和先生登場!これが青春だね:

« 懐かしのコミケットスペシャル | トップページ | 今日も氷だし »