« ナンパされる | トップページ | コミケ2日目 »

2007年8月17日 (金)

コミケ一日目

朝5:40に会場着。今回の担当は北コンコース。西から東へ一般入場する皆さんを曲げるところの担当でした。
列が止まってからは開場までの間、移動経路のアナウンス。
今回も楽しくやらせてもらいました。晴海からの継続参加者は50人中1~2人程度だということが分かって少し寂しかったです。

一般入場が一段落ついてからは、西1Fホワイエ(救護室の前)でした。l
救護室に患者が搬送されるルートを見渡せるポイントに立ち、患者がやってくるのをできるだけ早期に把握し、混乱なく通路確保する…というのは、普段は本業の傍らという感じです。
でも、今回は違った。ラッシュ時1分に1台、車いすで患者が搬送される。2方向から計3台が到来する。
こんなひどい有様は始めてみました。1台車いすに乗っかって微動だにしない患者を見送ると、もう次の車いすが見えている。
あの、ジェノサイドコミケットと呼ばれた晴海の過酷な夏から十年以上。有明ジェノサイドと呼ばれるんではないかと言うようなひどい状態でした。
担当する2時間に、何台見送ったかもう数えていられません。
そんな中、電話に着信メールが。
吉報を告げる文面見て、エスカレーター脇で安堵のあまり涙ぐみながら返信。
…顔を上げるとベルさんが会場の人と打ち合わせ中(笑)さぼってると思われたかしらん。

休憩時間には、ベルばらサークルでうる星本をやっているサークル「民間人」さんの本を購入。
変わらないはずのうる星の世界が、少しずつ変容を遂げて大人になっていく。
少し大人になったあたラムが、どたばたラブコメから一歩進んだ関係に移る途上で、あたるは途惑いながらラムと自分の立ち位置というのを模索していく…といった作品です。ご本人Webはやっておられないとのことでなんとも残念。
でも、うる星本を出しているところがある(しかも、漫画として構成力がある作品)というのは非常にうれしいものです。
夕方も多数の患者を救護室に徒歩随伴したりしているうちに1日目終了です。

|

« ナンパされる | トップページ | コミケ2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/16147626

この記事へのトラックバック一覧です: コミケ一日目:

« ナンパされる | トップページ | コミケ2日目 »