« 第96話 大勝負!サクラVS錯乱坊!! | トップページ | 第98話 そして誰もいなくなったっちゃ!? »

2007年9月22日 (土)

第97話 怪談!柳のオジジ!!

第97話 怪談!柳のオジジ!!

山下将仁さんの作画に注目のこの回。
ストーリーは基本的に原作に沿っているのだけど、作画の妙が面白さを倍化させているのです。
2年4組の座席配置が毎回変わっているとか言っちゃいけません。先週教室が吹っ飛んだばかりじゃないですか。だったら席替えだってしそうでしょ?

冒頭、怪談という言葉を知らないラムちゃんは温泉マークのスーツを引っ張って「怪談て何?」
いいよねぇー。この引っ張るところ!この無邪気な挙措動作。アニメラムちゃんのかわいいところですね。

柳のオジジ(柳精翁)が道端でウンウンうなっているところに駆けつけるあたる。
財宝の地図もらって柳精翁を投げ捨ててしまいますが、最初はちゃんと駆け寄ってくる。
今では遠巻きに見ているだけか見なかった振りして通り過ぎる人が多い中、ちゃんと駆け寄るだけえらい。
柳精翁が当世若者事情を知ったらさぞ慟哭することでしょうな。世知辛い世の中になりました。
このシーン、棒で突っつくガキの濃いこと。山下原画炸裂!
山下原画といえばkanaman7さんの今はうる星やつらのイラストとその関係が詳しいのでとりあえず一読あれ。毎日ラムちゃん更新しているので注目サイトです。
言いたいことは上記サイトの方がうちより詳しく、要点を押さえて書いてあるので何言ってもその焼き直しにしかならないんですが、あえて触れます(笑)
黒の使い方がいいんですよねぇー。影に黒使って画面がキュッと引き締まり、印象深くなる。影の線も光源とか考えると十分変なんですが、それを補って余りある説得力がある。
最近格好いい影にトンとご無沙汰している(単に最近の作品見ていないだけともいう)ので、見ていて気持ちいい影なんですなぁ。そうよコレコレとか言ったりして。
B.D.の学校のシーンの原型たる夜の校舎シーンの素晴らしさといったら他にない。光と影の格好良さ。
そして驚いたときに温泉の頭蓋が飛び出ちゃうという過剰演出(笑)
温泉マークは「諸星ぃ~!」と怒鳴りまくり。全部あたるの仕業だと本気で思っているのか、何かあったらとりあえず諸星と叫ぶ癖がこの時点で既に現れているのか判然としがたいんですが、完全に振り回されちゃって格好悪い温泉マークの滑稽さがにじみ出ています。

Bパート、やってきたあたるたちを捕らえ、宿直室にて説教を垂れようとする温泉。
酒なしで聞いていられるかと梅酒を飲むあたる。おーおーおー、不良じゃ不良じゃっ!
ラムちゃんまで梅酒飲んで手がつけられなくなるかと思いきや、そこまで直接的な描写はしませんでしたね。
これに対抗して「お前らとしらふで話せるか」と自らも梅酒をあおる温泉。聖職者の風下にも置けませんな。

最後、ラムちゃんが「あっ、ダーリンの落書き」と言う時の罪の自覚のなさっぷりがまたかわいい。
今作はラムちゃんの天然っぷりが前面に出ている話ですが、そこがまたかわいい。
最後まで面白い一作であります。


|

« 第96話 大勝負!サクラVS錯乱坊!! | トップページ | 第98話 そして誰もいなくなったっちゃ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/16537259

この記事へのトラックバック一覧です: 第97話 怪談!柳のオジジ!!:

« 第96話 大勝負!サクラVS錯乱坊!! | トップページ | 第98話 そして誰もいなくなったっちゃ!? »