« こいつは参った | トップページ | 春だ、とびだせ!うる星やつらスペシャル うる星やつらオールスター大進撃! »

2007年10月28日 (日)

第130話 異次元空間 ダーリンはどこだっちゃ!?

第130話 異次元空間 ダーリンはどこだっちゃ!?

やまざき監督第一作目。

この話も評価高いですね!うちも高評価です。

最初に飛んでしまう世界は地球敗北の世界。
あたるの家はボロボロだけど、市民生活は普通なのよね。
面堂やメガネが、「鬼星の支配を内側から切り崩す」と息巻いている割にはラムちゃーん!って、アイドル状態だし。
本当の占領下だと、看板は鬼星語に書き換えられ、日本語の教育は禁止され、街頭には占領軍がいて町にはデモ隊、所々の商店に焼き討ちのあと…というのを想像してしまうんですが、そんなに苛烈じゃなさそうですね。
経済活動は通常通り、花見などの群衆が集まるのも自由。はて、地球は負けて何を失ったんだろう。
…と、考えてると、あたるの母さんの台詞「地球が負けたんじゃない、お前が負けたのよ!」がでてくる。
なるほど、あたるが負けて、地球は名誉を失ったのだ。
ラムちゃんは地球敗北後どうなるかは知っているはず。そんなに血相を変えないところを見ると、占領政策はひどくなさそうですね。

さて、元の世界を目指すも、面堂と結婚している世界へ。
ここのラムちゃんって、当人幸せなんだろうか。亭主関白そうだなー。
あたるに奪われたら切腹とか言ってる。しかも、ラムちゃんの反応を見ているから単なる脅しっぽいし。

メガネの女版はキョーレツ。メガネらしい長台詞は受け継がれてます。
受け継がれてるうちは面白いのよねー(苦笑)
女メガネは一生報われなさそうだなぁ。

優しいあたるの世界で、ラムちゃんは自分のあたるじゃないと気づき「バイバイ」と言って去る。
このシーン鳥肌が立ちます。なぜだ!
この世界のラムちゃんは幸せなんだろうなぁ。
こんな優しいあたるを離れて元のダーリンを捜すという姿勢、後にキューピッドや惚れ薬に頼るラムちゃんとは思えない(笑)でも、同一性が大事なんですね。
かくてラムちゃんは元の世界へ。
腕に抱きついて「いやがらないっちゃ?ま、いいか!」と、同一性に若干の不安を残したまま思考停止でハッピーエンド。
本当に同じ世界なんでしょうか。

今作は、押井うる星からやまざきうる星へと変わった第一回。
押井うる星という次元から異次元の山崎うる星へ。それを象徴する作品です。

|

« こいつは参った | トップページ | 春だ、とびだせ!うる星やつらスペシャル うる星やつらオールスター大進撃! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/16903000

この記事へのトラックバック一覧です: 第130話 異次元空間 ダーリンはどこだっちゃ!? :

« こいつは参った | トップページ | 春だ、とびだせ!うる星やつらスペシャル うる星やつらオールスター大進撃! »