« あんかけスパ | トップページ | 「ふくべ」のミソカツ »

2007年10月 1日 (月)

名古屋城とセントレア

名古屋城に行ってきました。遠くに見える名古屋駅のツインタワーは横から見ても雲にかかってました。うひょう!
城の中は一部撮影禁止の箇所があるものの、原則撮影OKなのでバシバシ写真取りました。鎧兜のショーケースにカメラくっつけて撮影~。カメラくっつけないと写り込みが凄いんだもの。
城を見学したら休憩処で小休止。
ヨメと友人は「八丁味噌ソフト」を賞味。うちも食ったけど、八丁味噌の甘みと香りにミルクが入ったような味で、物の試しに少し食べただけで満足。ヨメと友達は美味しいと言って食べてました。Web見ると総じて男性には不人気で女性には人気のようです。不味くはないんだけど、香りが味噌だからご飯が欲しくなるんだよなぁ。

さて、名古屋城からセントレアへ。
金山から乗った特急中部国際空港行は特別車(指定席)2両+普通車(自由席)4両だったけど、普通車満員で当然座れず。結局常滑まで立ち通しでした。
セントレアは最近出来たばかりなので格好良い!サインとかカウンターとかスタイリッシュ!
出発カウンターのある2Fから3Fに行くと各種土産物や食事のフロア。ここがまた洒落ていて、瓦屋根の日本風建物をイメージしたフロアと、日本における洋風建築をイメージしたフロアに別れている。
かつて漫画に21世紀の東京に江戸のイメージを盛り込んだ物があったけど、21世紀になったら実際そうなったよね。大江戸温泉物語とかもそうだし。

展望デッキに出てみれば、羽田や成田と違ってかなり滑走路の近くまでいける作り。
離発着の瞬間も余計な建物に邪魔されずに見える。
しかも、駐機場から滑走路まで一望できるから、出発から離陸までがよくわかる。これは面白い。
雨が降っていたけど気合いで飛行機見てました。離陸時は早すぎてピントが合いません。置きピンしていても、離陸の瞬間って便ごとに違うし。
1Fに降りると、全然人がいなくて静かな空間に。一般用の通路から出発・到着の通路が見えたりして楽しい作り。
20070930cent

更にはトヨタのショールームみたいなコーナーがあって、最近モーターショーで公開されたi-unitのモックアップに乗って写真を撮ろう!みたいな展示がしてありました。ちゃんと乗りました(笑)
20070930iunit_2

帰りは快速特急(全車特別席)の岐阜行8両編成。ホームドアが格好いい!こういうアプローチもあるんですねぇー。
20070930station1

一般特急やローカルのホームがまた特徴的。ホームドア…というか、自動ドアがある通路部分と、ホーム部分に分かれていてまるで旭川駅みたい。面白い作りです。

列車はこれがまた格好良い演出がされている作り。デッキにエンブレムが飾ってあってスポットライトが照らされていたり。駅に着くと照明が明滅して知らせたり。シートもハイバッグで頭を預けられる作りになってました。
名古屋から先ガラガラになったのを良いことに原稿開始。
20070930kaitoku

どこでもペン入れが出来るので重宝しています。

|

« あんかけスパ | トップページ | 「ふくべ」のミソカツ »

コメント

グルえもんの「どこでもペン入れ」は便利な道具だな〜
「大丈夫なんだろうな?」

投稿: おいら | 2007年10月 1日 (月) 19時07分

揺れの多い列車だとペン入れもままならないので、ベタとか枠線とかだけで使ったりしてます。
帰りの新幹線は揺れたのでベタばっかりやってました。
名鉄は揺れなかったのでペンが進みましたよー。

で、多分、大丈夫。後ろ方向誰もいなかったし。

投稿: グルえもん | 2007年10月 1日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/16626747

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋城とセントレア:

« あんかけスパ | トップページ | 「ふくべ」のミソカツ »