« Web拍手レス | トップページ | ちゅどーん! »

2007年10月25日 (木)

第127話 わが青春のサクラさん!

第127話 わが青春のサクラさん!

いよいよ感想が書きにくくなってまいりました!
なんてったって今作、全部過去の作品のつなぎ合わせでオリジナルの部分が声以外にないのだから。

とゆーわけで断片的に。

サクラさんが校医としてやってきた時は、カクガリたちがあたるを担架で運び込む。
でも、カクガリしっかり足に包帯巻いて骨折しているようなのね。
よく平気だよなぁ。
メガネのアドリブもいい。俺をもっと殴ってくれのあとにもう十分と言いながら倒れるところなんざ、台本に載ってないんじゃなかろうか。

錯乱坊の紹介では「みじめ愛とさすらいの母」を引用。
この話をもってきちゃうと、錯乱坊は宇宙人って事になっちゃうんだけど。いいの?とか思いながら見る。
「我が妻よー私が死んでも再婚だけはしないでくれよー」と絶叫するメガネの台詞、こんな台詞無かったよなーと思って「みじめ…」を見返すとあたるは真っ先に宇宙に逃亡したよって言うところなのね。そりゃ台詞差し替えるわな。
この世界では、メガネ結婚していたんですかねぇ(笑)

初期サクラさんってけばいよなー!
唇は真っ赤だし、露出度高いし(笑)
健啖ぶりとか、美しい肢体とか、漢字が多い解説。子供の視聴者には難しいんではないか。
アップになるとうる星で下まつげまでしっかり描いてあるのって、サクラさんをおいて他にないよなぁとしみじみ思う。特に初期において顕著で、まつげが濃く本数が多い。
大人だからマスカラなのか?そーいや、ラムちゃんはアイシャドウ引いているんですかね。それとも元々?

|

« Web拍手レス | トップページ | ちゅどーん! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/16866656

この記事へのトラックバック一覧です: 第127話 わが青春のサクラさん!:

« Web拍手レス | トップページ | ちゅどーん! »