« 複製原画 | トップページ | 支払いドン! »

2007年10月18日 (木)

第121話 ラムちゃんがいっぱい!

これもコピー銃のパロに過ぎないとあまり評判良くなかった作品。

でも、なかなかどうして頑張っていると思います。確かに同じセルの使い回しが目立つけどね。でも、評判悪い理由は作画監督が大坂さん…要するにラムちゃんが可愛く描かれていないからじゃないかなぁ。
顔のタッチの問題だけじゃなくて動きも可愛くない。ラムちゃんがいっぱい…って言っても、まるでターミネーターがやってきたような描写なのよね。動きも直線的で棒立ち。なにより電撃シーンが単に手を伸ばしてビリビリーってだけなの。
噛みつき電撃とか、空中でボールを投げるようにとか、色々電撃の仕方はあると思う。
上体をのけ反らせてから力を込めて突き出すように放つ…といったように、ボールを投げるのと同じで予備動作があるとそれらしくなると思うんだけど、今作はそんなの一切なし。
7人に増えたからと言って可愛さが増すとかではなく、食事の時はジロジロと相互ににらみ合い、敵を追うようにしてあたるを追跡。こんな怖い娘だっけ?と首をひねらざるを得ない。

それにつけても、みんなで分けようと提案したメガネは馬鹿じゃないか?中身が同じなのだから到底彼らになびくはずがないのに物を分配するみたいに分けようと言い出す。あたるもあたるで牛丼三ヶ月で快諾。
おぃ、他の男に取られるのがもっといやとか言ってなかったか?あたるは一緒につきまとわれるのは嫌だが、他の男と仲良くしているのを正視できるほどいーかげんな性格していないと思うが。

オチは想像通りのオチ。あの場合のオチは2パターン考えられるけど、無数に分裂する方でした。
もう一つ想定されるパターンは、自分で漫画にしようっと。

|

« 複製原画 | トップページ | 支払いドン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/16793058

この記事へのトラックバック一覧です: 第121話 ラムちゃんがいっぱい!:

« 複製原画 | トップページ | 支払いドン! »