« トップページに戻れません | トップページ | 第149話 ランちゃんパニック 友引町に明日はない »

2007年11月17日 (土)

第148話 プール妖怪!許されぬ恋に燃えて!!

第148話 プール妖怪!許されぬ恋に燃えて!!

今回も贅沢に原作2話を使っております。200m泳ぐマシン+フグの美々子さん。

Aパートは200m泳ぐ話。「お前ラムちゃんの過激さしらんのか?」とジャリテンがあたるに重量挙げのバーベルを結ばれてプールに放り込まれたり、ピラニアに追われる特訓をさせられたりしたことを話すところから始まります。
…ラムちゃん無茶苦茶。しかもバーベル軽々と持ち上げて水に放り込みます。アニメラムちゃんは相変わらず怪力ですね。総番ともドーピングせずに戦えるんじゃないでしょーか。
バーベルと共に沈めてこれで脚力付けろって、誰だってこれで浮上するの不可能だよ。それとも、第一話のように鬼族は跳躍力で空飛ぶから平気なのか?はたまた、空を飛ぶ超能力+脚力ってことなのかしら。
やってることが無茶苦茶なのは、ピラニアを持ち出すまでもなく、その後の「初心者用」の訓練マシーンを付けた、あのあたるですら泳ぐのに苦心するところから分かります。どこが初心者用なのやら。鬼星ってスパルタ教育なのか?
しかしあたる、目標を持つと強い男。女の子を追いかける時はバンバン泳ぐ。
そして、外れたブラを取り返して恩を売ろうという時は更に泳ぐ。この原動力。流石地球を(略)

並の人なら今作見ただけでラムちゃんとつきあうのは命がけだと躊躇するんでしょうが、多くのファンはこーいうメチャクチャなところは目をつぶりました。うちだってとーぜん平気です。そー考えれば人生の多少の困難なんか訓練だと思ってしのげるってもんです(笑)

そして今回もラムちゃんの無責任さ加減は炸裂。
あたるの胸に付けてしまった事に対する謝罪はほとんど無く、浮気できないっちゃねと話を転化させてしまう。
あたるは怒りもそこそこ、ラムちゃんを責めることなく前向きに200m完泳に向けて努力します。あたるって結構あっさりとしてるんだよね。根に持ってグチグチと責め立てたりしない。
常に前向きで、目前の課題だって自分にとって都合の良い方向に持って行って解決してしまう。見習いたいですなー。
最後は原作通りに訓練マシーンが爆発。危険すぎる。設計者出てこい。

Bパートはプールの妖怪の話。
あまりオリジナルのギャグや表現はないんですが、原作のおもしろさをよく表現していると思います。
面堂は自分の水族館なのになんで鮫と戦いますかね。追い出せば済む話なのになぜか怒りにまかせて喧嘩になってしまう短慮っぷり。さらにそれを高みの見物しながら「ダーリン頑張れー」と煽る無責任なラムちゃん。
これ、レイとイモ食い対決したときや、分裂したあたる同士が戦うところを思い出します。あれだね、自分のために戦ってくれているときは大喜びしているのは分かるんだけど、今回は脱線でないかい?

作画監督は加藤鏡子。作画の平均点が高くて満足行く回です。
ラムちゃんの過激さというか常軌を逸した感じが辛いですが、そこはギャグマンガだから仕方ないよ!

|

« トップページに戻れません | トップページ | 第149話 ランちゃんパニック 友引町に明日はない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/17102590

この記事へのトラックバック一覧です: 第148話 プール妖怪!許されぬ恋に燃えて!!:

« トップページに戻れません | トップページ | 第149話 ランちゃんパニック 友引町に明日はない »