« バトンは落とすけど質問には答えます | トップページ | 第182話 海が好き~っ!悲願の浜茶屋繁盛記!? »

2007年12月20日 (木)

第181話 またまた純情キツネ!しのぶさんが好き

第181話 またまた純情キツネ!しのぶさんが好き

キツネの「すきなものをこわしてしまうよ」の話。

村祭りではセルロイドのお面が売られ…大抵こーいうシーンでは片隅に大魔神のお面が混じってるんですが、本物見たことありません。欲しい。
…単に原作でもそうだし、作り手側がリアルタイムで見ていた有名キャラなだけって事なんでしょーけど、最近はモブにも見なくなってきたから寂しいです。今の若い子にはわからんだろうなぁ。
バスがやってくるところではとなりのトトロを思い浮かべてしまいます。何故だ。そーいう雰囲気って事かな。
そしてキツネは友引町に。
…でも、このバスから降りたところって友引町というよりどちらかというと池袋駅西口の感じ。
今では西口界隈も結構きれいになっちゃいましたけどね。サンシャイン60のような高層ビルが直近に見える木造住宅の入り組んだ下町情緒って、練馬じゃなくて豊島区だよ。

さて、錯乱坊のえぐいアップに耐えながらも見ていると、こたつねこに連れられてキツネは学校に。
校長に化けてキツネがしのぶに事情を説明するわけですが、結構校長を観察しているんではないかという位言い回しが似ている。
そしてぞろぞろとエスケープするあたる達。この、普通に歩いて温泉を踏んづけていくところ、回れ右をして帰ってきたかと思うや踏んづけていくところは笑う。親しげに話すあたるとメガネはともかく、クラス全員踏んづけていく(ラムちゃん含む)んだから、いったいどーなってるのやら。

メガネはバスに乗っかって飛んでいることに驚き。幼児退行したかのように手を広げて「ぶーん!」とバスの中を走る。
そうか、ぶーんってここからだったのか!(嘘)

三四郎との握手にもメガネは応じ、よく順応できる物だと思うが、既にショック状態だから今更といったところ。
それ以上に皆自然と順応しているのも凄い(しのぶなんか猫先生に文句言いに行くわけだし)
でも、コタツネコが人語を解しているのだし、校長に至ってはそれを解読できるわけだから猫先生ぐらいどうってことないよね。
猫先生は宿題など忘却の彼方。原作はここでオチだけど、この後皆、動物たちと一緒に村祭りを楽しむというほのぼのエンド。
温泉マークに至っては猫先生と意気投合…CAO-2の時もそうだったけど、温泉マークが一番順応力あるのかも知れない。

なんと脚本演出絵コンテ全部やまざきかずお。やまざきテイスト溢れる作品でした。

|

« バトンは落とすけど質問には答えます | トップページ | 第182話 海が好き~っ!悲願の浜茶屋繁盛記!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/17424993

この記事へのトラックバック一覧です: 第181話 またまた純情キツネ!しのぶさんが好き:

« バトンは落とすけど質問には答えます | トップページ | 第182話 海が好き~っ!悲願の浜茶屋繁盛記!? »