« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »

2007年6月24日 - 2007年6月30日

2007年6月30日 (土)

第23話 恋のバトルロイヤル

第23話 恋のバトルロイヤル

尾津野つばめ登場第一回。
感想、それはないだろー。

いきなりラムちゃんがヘッドホンで難聴になるほどの音量で踊りまくり「Rock!」と叫ぶ。
あたるの上で踊って、地球は狭いっちゃ!青春を爆発させたいっちゃ!と叫んで…ラムちゃんってそんなことするか?それはないだろー。
そうこうしているうちにサクラさんと一緒にディスコへ。

原作と異なり、錯乱坊だけでなくサクラさん自身もつばめさんを婚約者として認めていない感じ。ええー!?

原作の名台詞「なうなやんぐじゃ、ですこでふいーばーして何が悪い」が無かったのは返す返すも残念。
さて、ディスコのシーン。
あたるの踊りは珍妙で、それはそれで笑える。ラムちゃんは牙が両方とも見えているところが良いですな。
でも、面白いかというと、うーん…時間稼ぎ?とか思ってしまいます。

原作通りにつばめさんがレイを呼び出してしまってラムちゃんが捕まってしまって許せんとか思っているうちに、どたばた劇が拡大。
4人組はケンタウルス娘を追いかけてるし、魑魅魍魎が色々あふれ出てわーわー騒いで終わり。
これって、最後にどっかーんときてドリフみたいに落ちるから良いんじゃないか、ドタバタで引っ張っても冗長だぞ、とか思っておりました。

…4人組、獣人好きとはなんとマニアックな。単にブロンドに目がくらんだだけとは思えません。

よし、なんとか日付変わる前に書き終わったぞと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モバイルお絵かきチャット

昨日はお昼にスターバックスでアイスコーヒー飲みながらタッチパッドでお絵かきチャット。
すいません、無理がありました。

○を書こうとしても□が描かれるていたらく。
タッチパッドだめねー。


…そうこうしているうちにヨメが入室(笑)
自宅と職場、距離離れているのにチャットしている不思議。
本当、当事者は不思議に思うものなんですよ。示し合わせたわけでもないのに、たまたまだし…
それにつけても人様のお絵かきチャットで「夕飯頼む>ヨメ」はないだろ、俺。
挨拶もろくにしないまま昼休み終了でダッシュで会社へ。なんとかセーフ。

夜は昼間行ってたお絵かきチャットに参加。
同時4人描画であたる絵とか、凄い勢い。
今日も仕事だってのに、午前様になるまではまってましたよ。
きーっく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月29日 (金)

第21話・22話 あたる源氏平安京にゆく

第21話・22話 あたる源氏平安京にゆく

お正月スペシャル。面堂が唐突に登場。「ぼくは近々レギュラー出演する面堂終太郎だ」と言います。
って、えぇ、そんな演出有り?
あたるが百人一首をいいことにしのぶやサクラさんにお手つきをしたり抱きついたり、そうこうしているうちに「お正月スペシャルなので平安編」とか解説が始まって平安時代へ。
未来の鬼が平安京にやってきてUFOで子供を誘拐。実は桃太郎を見つけ、戦って勝利し歴史を変えるのだという話。
あたるが何をやっているか気になってやってきたラムちゃんはあたる源氏もろとも未来の鬼のUFOに飲み込まれ、計画を知ります。
ここであの「うちらはサイエンスフィクション、そっちはおとぎ話だっちゃ!」の発言が。もはやうる星は空想科学では無いと思うのですが、ラムちゃんが言うのならそうなのです。もう決まった。
あたる源氏は人質、ラムちゃんは逃げ出して桃太郎を逃がそうとしますが、エリートの桃太郎は正面対決を希望。
ところが子供の桃太郎はリングでぼこぼこに負け、かくて平安京は占領下に。
…といっても、未来の鬼達は整然と隊伍を組んで行進し、館で大宴会をするだけ。
これほど風紀が良い占領軍ってのも…平安防衛軍より、よっぽど統制が行き届いているんでは?

ラムちゃんはジャリテンを使って敵のUFOに小型時限爆弾を仕掛けて爆発させ、騒ぎでUFOに未来の鬼が戻った所で未来に戻すという荒技な歴史修復を試みます。
ところがジャリテンは敵に捕まってしまい、時限爆弾はどこかへ行ってしまう。

他方では、未来の鬼達が宴会により酒がしたたかに回ったところを平安防衛軍(面堂)が急襲、陣を乱した鬼は「リュウセイ号応答せよ」と無線でUFOを呼びます。
隆盛号は弁天さまのエアバイクの名なのに…とおもったら、「流星号応答せよ」(スーパージェッター)のパロディじゃないかと気がつく。
ああそうか、弁天さまがエアバイク初めて呼ぶときも、スーパージェッターのパロディだったのかと今になって気がついた。
UFOが平安防衛軍に向かってミサイルを発射。混乱のさなかに先程の時限爆弾が爆発。
何故か大爆発となってしまい、平安京は現代にタイムスリップ。
何故か友引町にと平安京がごっちゃになるというオチ。場所も全然違うのになぁ。
ジャリテンが爆弾の威力が凄いというと、ラムちゃんは多分(未来の鬼が持っていた)核兵器に引火したっちゃ!と軽々しく発言。
…って、それじゃぁ局地核だったとしても友引町壊滅してるんじゃないかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

日付を超えて

23:30を超えました。帰宅途上です。
終電まで残業覚悟で仕事してきたけど、眠くなってきたので退社。明日の朝早く出社して頑張ろう(へたれ)
…家着いたら確実に日付変更線超えてるなこりゃ。朝見ておいて良かった。
毎日うる星日記開始して、アニメが面白くなってきた途端に時間確保が命題になりつつあるとはこれ運命のいたずらよ。

それにつけても、昨日からトラックバックスパムの量が急増。何故だ。
最近増加傾向だったので許可公開制に変更しておいたから実害無いのだけど、6/dayは今までのうちのサイトのスパム量からすると急増に値する数値。
うちが多くなったって事は、Web全体も多くなってるんですかねぇ。

気を抜くと寝て終点まで行って帰りがないとかなりそうなので気が抜けぬ。頑張れ、明日はもうすぐだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第19話・20話 ときめきの聖夜

この話は名作です。

第19話・20話 ときめきの聖夜

ビルの屋上で一緒のあたるとラムちゃん。
ラムちゃん、トラジマの一張羅に上着だけ羽織ってるのって、なんだか露出きょ…いや、刺激的ですよね。
ラムちゃんはトラジマ姿が一番落ち着いていると思うのです。
そこへ4人組登場。ラムちゃんは編み物。4人組と共に現れた女の子に何を編んでるのか聞かれ、プレゼントだと答えます。
…ああ、ラムちゃんがようやく地球人と親しげに話してる。
今まで敵視されてきてばっかりだったラムちゃんがやっと普通に話す相手になった。この話を境にうる星って変わっていくんだなぁと予感させるシーンであります。

みんなの前であたるはヨーヨーでスカートめくり、自由にアバンチュールを楽しみたいと言い放つあたるにみんなの怒りが炸裂。4人組は離間工作を図ろうと決めます。
飯を食いまくる4人組、千葉さんの息継ぎ無しの長セリフ。あたるをなじり、ラムちゃんがあたるに惚れていることに嫉妬し、制裁を宣言する。立て板に水とばかりにまくし立て続けた最後を「おっちゃんコロッケ!」と現実の発言につなげる見事さ。きたきたきた!これよこれ!この壊れっぷりがたまらん。流石メガネ、流石千葉繁。
チビの声もいつものチビの声。落ち着きますね。でもまだ、メガネは「ラムちゃん」と呼んでます。

ラブレターを偽造し、手紙にキスマークを付けるメガネ。この鬼気迫る形相もまた凄い。ドラマでこのシーンやった暁には一発でトラウマ確定モノ。組野おとこの偽名を使い、デートをでっちあげてこっぴどく振らせる、これでラムちゃんがあたるに愛想を尽くように仕向けるのが4人組の狙い。
最近、探偵事務所がWebに女性工作員を使った離間工作の例を紹介してネット上で話題になりましたが、メガネはここに就職できるんじゃないでしょうか。

デートに行こうとする決意するあたるを止めるラムちゃんは珍しくしなを作ります。ってーか、泣く。
ラムちゃんは滅多に演技で泣きません。今回も本気で泣く。先日ラムちゃん滅多に泣かないって書きましたが、初期は別です。
「うちのこと嫌い?」「好きだよ」「だったら何故」というやりとりの中で、あたるは女性の名前を幾つもあげ、みんな好きと放言三昧。ラムちゃんがloveの好きを聞いているのに、あたるはlikeの好きを回答しているかのような軽薄さ。でも、あたる本人はloveの好きで回答しているんでしょうね。
こんなやりとりアニメだけなんですが、段々「ラムが好き」って口にしても抵抗感が減ってくる。
口にしないところがあたるの格好良いところ、と私は思っているんですがアニメでは「好き」という言葉自体の重みを非常に軽くしてしまった。逆のアプローチですね。
さて、ラムちゃんがいくら泣いても全然泣き落としが効かず、あたるは鉄の意志だと言ってデートへ行くと宣言。最後はラムちゃん泣きながら「ダーリンのばかぁぁ!」と電撃放ってUFOへ。これだよこれこれ!たまらん。

舞台は変わって仏滅女学院№3の女生徒に組野おとこ役になってほしいと交渉するメガネ。
交渉術に長けてますな。目の下に線が何本も入っているところに陰謀家らしさが。
呼び出しの電話がかかってきて、ラム親衛隊最高幹部会議長の名前が出るのもこの回が初めて。
親衛隊らしく方々に人脈がある。4人組も最高幹部会を勝手に名乗るだけのことはあります。最終的に下部組織とかどれくらいになるのかしら。

4時間際、時計の上の名シーン。陰謀を知り馬鹿なダーリン、痛い目見るといいっちゃと言っているラムちゃんの表情が次第に変わっていく様の秀逸なこと。泣き出すまでの心情の機微を僅かな変化で描き出す。
美術背景も頑張ってます。ラムちゃんの声もいい。やっぱり平野文ですね。慣れてくると声色にも丸みを帯びてくるので最高なんですが、まだちょっとトゲがある声色を作ってます。でもいい。
やっぱりダーリンが好きと結論を出して、あたるを助けに行くラムちゃんは上着を放り出してしまいます。ここもラムちゃんらしい。上着を脱ぎ捨てる、それ程急がなくてはいけないと思ってるということ、あたるの為には些少なことに構っていられないということ、これらの一途な気持ちがこの脱ぎ捨てるという行為の中に集約されているように思えます。

ラムちゃんは仏滅女学院の組野おとこ役を電撃で襲い(笑)、自身がおとこに成り代わってあたるの元へ。
うーん、これはちょっとやり過ぎかなと思うんですが、ファンは既に手段を顧みない一途なラムちゃんとしてフィルターかかって見ているので許容されてしまう。でも、やってること通り魔レベルですよね(笑)

そして遂におとこちゃん登場~。原作は上手く化けていたけど、アニメではバレバレー。口調も「ばいばぁ~い」とかラムちゃん口調で言っちゃって普通ばれるだろうと思うんだけど、計画が崩れてしまって焦りを感じていた4人組は全然気づきません。親衛隊なら変装ぐらい見破れ!と言いたいけど、それ以前に自分たちの仕立てた組野おとこと別人物が組野おとこでーすってやってきたら恐慌起こしてそれどころじゃないわな。
当然、あたるはおとこちゃんの正体にすぐ気がつきます。
…これって、今までずーっと顔が同じだから見破ったんだと思ってました。今でも顔で見破ったんだと思ってます。
声だって同じ。多分ばれます。

でも、もう一つ仮説が出来ました。
あたるなら目隠しして耳を塞いでいても、組野おとこはラムちゃんってわかるんじゃないかって思います。
そして、多分この頃はまだあたるしか分からない。
「匂い」

好きな人と一緒に同じ空気を吸うだけで、一緒にいるんだなって分かるでしょう。
ラムちゃんがどんなに化けても、あたるは分かると思うんですよ。一緒にいるから。

ガード下でラムちゃんから真相を聞かされるあたる。
ここでラムちゃんの横顔を見て、ラムってこんなに可愛かったのかと魅力に気がつきます。
子供の頃はずーっと、ラムちゃんの美貌に改めて気がついたのだなぁと思ってました。
でもアニメを初回から見てくると意味が全然違う事に気づかされました。アニメのラムちゃんは最初っから最後までずーっと怒ってばっかり、つきまとってばっかりの押しかけ女房ぶり。可愛らしさが全然描かれてこなかった。容姿以外は可愛くないキャラクターとして描かれてきました。(私には十分可愛かった、とかいうのは横に置いておきます)
でもこのシーンは違う。素のラムちゃんを、本当のラムちゃんの表情を見るシーンなんですね。
ああ、「可愛い」ってそういうことか、単純にビジュアルの問題だけじゃないんだ。
自分はなんと浅薄な人間だったのだろう、色々考えさせられました。

「先に帰って部屋暖めておくっちゃ」(これも可愛いですね)と言って飛び立とうとするラムちゃんの白魚のような手を掴み、もうちょっと一緒に歩こうよと声をかけます。
ラムちゃん、普段なら「わぁい、ダーリンっ!」って言って飛びついてきそうなものですが、静かに横を歩いてあたるの方から手をつないでくるのを待つ。
一緒に歩こうよ、に込められたあたるの気持ちを酌み取って、ラムちゃんは静かにクリスマスイブの街を歩く。
これはラムちゃんがインベーダーとしてではなく、友引町の住人として歩み始めた、貴重な一歩なのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

第18話 アスレチックと女地獄!

昨日見られなかったので二日分。

第18話 アスレチックと女地獄!

吊駆モーターの音から始まるこの回。鉄道マニアとしてはいい音ですねと言わざるを得まい。
クラマ姫のあたる教育講座に通い詰めるあたるをラムちゃんと錯乱坊が尾行するところから物語が始まります。
ラムちゃんの変装姿、トラジマで目立ちすぎるのが良い。この服結構お気に入りです。トラジマ成分高いって良いよね。錯乱坊のサングラスも妙に似合うんだこれが(笑)
でも作画は酷い。せっかくのラムちゃんのこの服なのになぁー。
平野文もケンケンと叫びまくり。かわいげがない。

で、クラマ姫の元に行くと今回は標準偏差を勉強中。分散と偏差なんて、あたる分かるのかしら。
クラマ姫の方は地球の数学も出来るんですね。そっちに驚くべきか。

さて、今回の見所である精神アスレチックに入ったあたる。女性への恐怖心を持たせるのが狙いの精神アスレチック。要は女性陣に酷い目に遭わされる世界なわけです。
お雪さんと出会い酒を飲みまくって金がないのでサクラさんの婦警に銃撃されることに。
しのぶの大入道に追われ、雷様のラムちゃんの雷に追われ、最後はサクラさんまで巨大化してあたるを追い立てる。
原作ではでかいのしのぶだけなのになー。雷ラムちゃんなんか初めて原作見たとき痺れちゃって、しばらくはラムちゃん描くと雷太鼓持たせていたものだけど、この辺全然作画が嬉しくないのよね。

原作には出ている不良学生の弁天さまもアニメ未登場なので当然出てきません。
原作はインベーダーゲームをやっている弁天さまに声をかけて殴られ、「このワイルドなものごしやっぱり弁天様ーっ!」(※初期の表記は弁天様)「てめえマゾかっ!!」ってやりとりがあるんですが…
前回のレズビアンといい、初期うる星は大人な単語が飛び交う作品ですなぁ。
子供の頃「どうはんきっさ」って何?とうる星を広げて親に聞いて困惑させたものだけど、「マゾって何?」とは聞かなかった。聞かなくて良かった。

すっかり恐怖を味わったあたるの怯える表情は、なんかルパンと吾妻ひでお絵を足して二で割ったような感じ。
ラムちゃんとしのぶを前に「女怖い」と頭を抱え込むも「夢だったのよ」と諭された途端、現実の女はさいこー!と言ってラムちゃんの胸にほおずり。
第17話でラムちゃんはキスしたこと無いのに!と絶叫していました。キスはなくとも、これはキス以上でしょう。
良かったね。

次回は組野おとこちゃんです!いよいよだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17話 眠れる美女クラマ姫

第17話 眠れる美女クラマ姫

クラマ姫登場1回目。
女王様ルックで登場のクラマ姫。この絵柄だから全然どーってことないんですが、ヒールが高いので真面目に描き込むとかなりそれっぽくなるはず。というわけで過日ラムちゃんに着せて描いてみましたが、やばすぎるのでここでは非公開。

選ばれた男、諸星あたるはクラマ姫に目覚めの口づけをすることに。
よだれを垂らしながら思いっきりぶちゅーとやったあげく舌なめずり。かくも汚らしい接吻もなかなかないですな。
あたるの唇にはクラマ姫の口紅がばっちりついてしまい、コールドスリープ状態でも化粧は忘れないクラマ姫の用意周到な演出に戦慄する次第。
まぁ、こんな状態でラムちゃんが踏み込んでくるのだから、そりゃラムちゃんも怒るわ。
しかもあたるはクラマ姫の脚をなめ回したりしてるし。汚らしいなぁー。
その後も、本の文字が分からんと言ってはぶちゅぶちゅと口づけ。
頬にキスって、もっと甘酸っぱいモノじゃないのか。なんか全体的に汚らしいぞ。

その後、あたるは精神分析機にかけられ、「ラムのこと一番好き」「しのぶのこと一番好き」と表示される。
これを見た二人は大喜び。原作では双六が出てきて、ラムちゃんは「ラ6(ム)」と書いてあるだけ。
アニメの方がより直接的ですね。
これを見たクラマ姫、アニマ光線照射してあたるの性格改善を試みるんですが、最大出力で当てちゃってあたるの心は女性そのものに。
にも関わらず「おねえさますてき!」とクラマ姫にすがるあたる。
原作では「こーいうのもレズビアンというのだろうか」とさらりと4人組が発言しておりますが、さすがにアニメにはなかったですなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉でのんびり

すらりと脚を伸ばし、西洋画の裸婦像みたいなポーズをとった全裸の人がまどろむ様をボンヤリと眺めながら、男の裸を見る趣味はないぞと目をそらし続けること1時間。たっぷり茹だってきました。
近場の都市型温泉施設にいってきたのです。

これからの激務に備え、仕事山積みの職場を尻目に温泉でのんびりして英気を養おうという魂胆でありました。
現在19時。現時点までの実績はお絵かき掲示板作成、1投稿、ネックになっていた2コマ下書き終了です。
家帰ったら寝ちゃいそうだー。筋肉の疲労状態考えると寝た方が正解なのかもしれんけど。

ちなみに昼食は焼肉レストランで北海道産のロースを食べてきました。美味ー!
いつもより土星(輪をかけて)旨かった気がする。
夕飯はお手製マグロ丼。うーん、贅沢。実際には大層安く済んでいるのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交換○日記

(ラムちゃんへの)愛情溢れる我が夫婦は交換絵日記を始めることにしました。
ヨメ日記は外部のレンタルお絵かき掲示板だったので、投稿サイズ上限とかログが流れてしまうので自分のレンタルサーバ上にお絵かき掲示板構築しました。これでログが流れないー。
絵日記だけとは限らないので、交換○日記、であります。
○の中には何が入るんでしょ。

それはともかく、色々あって完結編の最後のシーンとか見始めてボロ泣き。
ツノを握りしめて回想しちゃうシーンとか、見ていると胸がキュウキュウと締め付けられて苦しい苦しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいまっす

結局昼間のツケがたたって午前様。
現在1:20。結局終電でしたー。
会社から駅まで猛ダッシュで汗だっくだく。
家帰ったらヨメが風呂湧かして待っていてくれたので、めまいにも似た感動を禁じ得ないとか思って風呂はいる。
今週末の休日返上したら、27日(もう今日ですが)が強制休暇イベント発生。
仕事、まわるかなぁー。出社してさばかないとまずいんだけどなー。

不在時でもまわる仕組みを構築しないとダメねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

待つのが仕事

…職場に戻れば書類山積み、電話メモだらけだというのに出先でひたすら待ち続けるのが仕事の私。
書類持ち出せないから出先で仕事消化できないっちゅうねん。
仕方なしにスケジュール調整してみたり、

今度からコンテ帳とか持ち歩こうかしらと思うほど、勿体ない時間を堪能しております。
メモ用紙持ち出して絵を描いて会社で書類に混ぜちゃったら大事だしなぁ…

でもって、PCバッテリーがじわじわ減っていくというお約束パターン。

こういう時って、皆さんどうやって過ごしているんですかね。
やっぱり仕事持ち出して消化しているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不本意な一時停止

半月に渡って毎日続けてきた「毎日うる星日記」。
TVのうる星全話感想文を書こうと始めましたが、早くも毎日試聴記録が途絶えそうです。

忘れていたのなら記憶力不足、時間がないならスケジュール調整能力不足と自分の責任なんですが、機材トラブルは不可抗力でした。不・可・抗・力!わーん。


というわけで、OVA 月に吠える のぐだぐだ邪推&考察文。

原作だと団子の調理説明で「小さじ一杯」とある液体をドボドボ注ぎ込み、説明をろくすっぽ見ずに毒物をこしらえるというラムちゃんのがさつな性格が描かれるんですが、OVAだとマニュアルを取り違えるだけで正確に作っています。
…なぜだ。

ラムちゃんはマニュアルを見ずに物を作るのが大好きです。
大魔神ロボの時もそうだったし、翻訳機もマニュアル広げてなかった。「ここかな?」と言って当てずっぽうに部品を差し込んで爆発させることもある。
…男の子の行動と一緒ですね。マニュアルろくすっぽ読まずに組み立て始めちゃうの。だからランちゃんにがさつと言われるような性格が魅力的に見えるのか。
だって、男の子と一緒でしょ。共感するでしょ。

これを描かないようにする改変は改悪じゃないのか…と思っておりました。
ところが、よくよく考えてみると、マニュアルろくすっぽ見ないラムちゃんが作った解毒剤って、あたるの言うとおり本当に解毒剤なのかあやしいところですよね。
先に温泉マーク先生で人体実験はしていますが。
それを考えると、マニュアルの取り違えで済むOVAは、解毒剤を飲んでも問題ないというのが視聴者にも分かる。
だからなのかなぁと邪推してしまいます(本当に邪推だなこりゃ)

普段はマニュアル無視のラムちゃんが、必死になってマニュアル首っ引きで解毒剤作る…ってのも魅力だとは思うんですけどね。そーいうのも見てみたかったなぁ。

月に吠えるは、ラムちゃんが泣く数少ない話です。
中期以降のうる星は、ラムちゃんが泣く=名作の図式が出来ていると思います。
ラムちゃんは滅多なことでは泣かない。
あたるに怒られても眉こそ曲げても「ご、ごめんちゃ~」と言いつつも、目は笑っていたり、誤魔化そうとしたり。
ラムちゃんは真剣に反省して即座に謝ったりしない。
自分に原因があっても「だいたい元々ダーリンが」と責任転嫁を図る。
そんなラムちゃんだからこそ、心の奥底に秘める優しさを表に出す時、すなわち涙を見せるときにファンは心を奪われてしまう。
ああ、ラムちゃんって本当に罪作り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

採取地:帯広

確か帯広。少なくとも道東。
不覚にも笑った。

あまり食欲をそそらなさそうな気がする。
べてぃ
そういや、北海道旅行記は東京に帰ってくるところまで書いてなかったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怪力ラムちゃん

…総番の対決では、ラムちゃんの力は普通の女の子として描かれている。
瓦は割れない、バーベルみたいなウェイトは持ち上がらない、あたると腕相撲で勝てない。

ところが、先日見たアニメ第15話「おし入れの向うは海王星」では、逃げたあたるを探すラムちゃんが金棒持ってるんですよね。面堂家仮面武闘会でも金棒でした(こっちは質量ありそうだった)
…金棒って、一般には鉄のイメージが強い。1m以上もある腕より太い鉄って…
新幹線のレールが1mあたり60kgなんだけど、それを3本くらい束ねたような金棒を持って飛ぶラムちゃんって…
実は比較対象がおかしかっただけで、並外れた怪力無双の女の子なんじゃないですかね。
お正月の鋼鉄の羽子板を振り回す話も、重いっちゃとか無理だっちゃとか言いながら端っこを持ち上げるところまでできるし…
普通、中空でもない限り端っこ持ち上げることだって出来ないだろうよ。

摂取する食べ物は超高カロリーであるにも関わらず抜群のプロポーション。
超能力でエネルギー消費しているの?それとも通常の生活でもエネルギー消費しているの?不要な分のカロリーは脂肪にならない構造なの?
ギャグマンガに考察するのは無粋かもしれないんですが、マニアは考えるのが楽しくてならないから仕方ない。
でもって、納得いく仮説が出来たときが大変嬉しい。そういうものなのです。

…私は、実は金棒張りぼてとか軽金属とか宇宙の素材とかで軽かったのでした、というオチなら超能力抜きでは普通の女の子というのが立証されるのでうれしいかな。羽子板も若干反って重心が偏っていれば持ち上げられそうだし。
超能力でカロリー消費だとツノの生え替わりとか、超能力封じられた途端に太り出しちゃうのでイヤだな。
地球の食べ物では必要カロリーまかなえないから、地球の食事していると途端に痩せ出しちゃうだろうし。
そう考えると、不要カロリーは吸収されないのがベストだな。

でも、ラムちゃんは金棒振り回しているくらいの方が愛嬌があって良いのです。ビジュアル的にも燃える。
それはそれ、これはこれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

第16話 ハチャメチャ恐竜時代

第16話 ハチャメチャ恐竜時代

あたるがスポーツ用ヘリを諸星家の庭から発進。どー考えても無免許。
でも操縦できちゃうあたる君。彼は天才である。

金太郎とジャリテンがあたるを空中で攻撃。ヘリは炎上し金太郎の恐竜型グライダーと衝突。
そのショックで中世代へタイムスリップ。
パニック状態のあたるを尻目に、金太郎は「本物の中世代や」、ラムちゃんは「タイムスリップしたっちゃ」と冷静そのもの。二人とも恐竜を「恐竜」と呼んでいるし、あたるよりよっぽど勉強していますね。

ジャリテンのおむつが恐竜の卵と勘違いされ、ラムちゃんが抱いた卵が孵化してすり込み。あたるはメス恐竜に惚れられて三者三様の複雑な関係に悩まされるという展開。
ラムちゃんはあたるを放ってジャリテンを探しに行くし、全体的に愛が薄いぞこれ。
後期なら、ジャリテン捜索を渋るあたるに電撃をかましたあと、あたるを引きずって一緒に連れて行くはず。
やっぱり、二人ともまだまだなんですねぇ。

…とはいえ、あたるに惚れたメス恐竜が妙に可愛い。恐竜擬人化マニアの人も大喜び。
そういったところで、特にコレといった感想も出てこないんですなこれが。

ラストは現代に恐竜ごとタイムスリップして、諸星家の軒先で恐竜が怪獣さながらの大暴れ。
諸星家は見る間に全壊。
…これって、ドリフオチだよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノートン・動く

…バッテリー駆動でも構わずに起動するノートンアンチウィルス。
リアルタイム監視だけでは飽きたらず、HDDスキャンを始めましたよ。

なんかブラウザ重いなーと思っていたらHDDランプ付きっぱなし。
貴様が犯人か。
気がついたときには時既に遅く、自宅までバッテリーが持つか持たないかの真剣勝負。
…って言っているそばから、あああああ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もだるいぞ

昨日は早めに寝床に入って爆睡。
今朝起きた時間は…やっぱりここしばらくのいつも通りの5時でした。何故だ。
しかも今朝はなんとなく眠い。そのくせ二度寝も例の如く失敗して起床。
何の変哲もないただの日記ですねこりゃ。

今朝は昨日よりか回復したものの、首から上が重い感じ。腹筋もまだ痛い。
…もう1日じゃ回復しない体なのか。
だるーい。会社行きたくねー(笑)

おまけに、今週末の休みキャンセルして働かないとダメっぽいので今週はうんと頑張れ俺状態。
土曜に遊んでおいて良かった!とまずは考えることにしよう、うんそうしよう。

原稿生産速度が落ちてきているので、なんとかてこ入れしないとなぁ…
描けないコマは飛ばして先に全体仕上げようかしら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

腹筋が痛い日

もー、腹筋が痛くてたまりません。
笑うと痛い、会話しても痛い。普通に座っていると平気だけど、姿勢を正すと途端に痛い。
どれくらい痛いかというと、コミケの翌日並み。
※私にとってコミケ=肉体の限界に挑戦と同意義なのです。どんなに肉体的に辛くても「あの夏に比べたら!」とか考えれば乗り切れます。

原稿は全然進みませんでした。あちゃー。
21:30になりました。どうにもだるいので今日はもう寝ます。いいんです、今日は休養日。
好きな人の絵でも眺めて幸せに寝ますとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第15話 おし入れの向うは海王星

第15話 おし入れの向うは海王星

人間関係がただれまくっている初期の魅力を更にただれさせた第15話。おユキさん初登場。

海王星人はひどい。
雪捨て用の次元トンネルをあたるの家に開通させ、一言の詫びもない(地球だったら不法投棄。自分の星さえ良ければおかまいなし)ばかりか、一緒におユキさんの魅力に乗せられてやってきたメガネ達4人組を雪かきの強制労働。鞭を片手にした監視員が見張ってるんですよ。ひどすぎる…と思っていたら、原作でも鞭持ってる(笑)
あんたら空中を飛ぶ乗り物は使うくせにロボットとか重機とか使わないのか。
後に明かされるおユキさんの冷血商人ぶりの伏線…に結果的になってますね(笑)

名台詞「いいところだったのに」と「うちのこの手で殺したかったのに~!」が出てきます。
このブログは玄人向けなので詳細な説明は差し控えますが、「いいところだったのに」の発言シーンはラムちゃんの横で言う。
これに対してラムちゃんの表情がちゃんと変わるって事はどーいうことなんですかね。

原作では目撃していないので、その前段階であるおユキさんに目がくらんだあたる自体に対して「この手で殺したかった」という発言になるわけですよ。それと、B坊に殺されるくらいならいっそこの手でっていう意味合いもあるんだろうけど、原作は確実に嫉妬による殺意の表情ですね。
あの顔はマジだ。あたる君にげてー!(笑)とか思うわけですが、アニメだと事情が異なる。

アニメでは原作ほどおユキさんが誘惑するような仕草は見せないものの、完全に美人局状態。
例によってあたるは嵌められたんじゃないかと思わざるを得ないひどい様子なのだが、そこにおユキさんの裏切りは介在しないのである。
故に、「いいところだったのに」という発言に対し、ラムちゃんの表情が虚を突かれたときのような表情というのはいくらでも深読みが出来る展開なのではなかろうか。
ここは、ラムちゃんに見られたと考えるのが一番想像をかき立ててくれて面白い。あたるを追いかけてきたラムちゃんがおユキさんと一緒というところからも、何かしら事情を知っているんではなかろうか、とか色々考えるわけですよ。たのしー。

おユキさんの格好は原作のクリスタル調ではなく、オレンジの服でおもしろみがない。後にキャラデザが変わるのだが、それまではこのオレンジ。今はまだじっと辛抱の時期である。

相変わらずラムちゃんはきっつい性格ですぐにヒートアップするヒス女。
真面目あたるの言うとおり、ただのふくらし粉。
ラムちゃんはそんな娘じゃないよ。
ラムちゃんの魅力をはよ描け。あんまりにも可哀想だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲労困憊

昨日は家着いて寝たのが1時。
起きたのが5時。2度寝挑戦して失敗して5:15起床。
…睡眠5時間切ると肉体的に辛いはずなんですが、ここ2週間平気なのは何故だ。
ほら、あれだあれ。横島忠夫曰く、「愛の起こした奇跡っスね!」ってやつだ。
奇跡は続かないから奇跡というのです。そろそろ体をいたわろうね。ハイ先生。ウムよろしい。

それにしても体重い。体を傾げると途端に破滅の音が。
羽目を外して遊ぶなら遊ぶで、翌日体を休められる体制にしないとなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽目を外すといふこと

…終電まで遊び倒す。
遊び倒すために、駅のカフェで珈琲を頼む。
「あ、エスプレッソショット追加してください」
ぐっと飲んでカラオケへGo!

久々にはっちゃけてきました。

ぶり返しが来て眠気がじわじわと迫ってきています。
どれほど体力使ったんだろう、全身虚脱&筋肉痛(昨日ビリーやるから…)で一駅過ぎる毎に体が重さを増していきます。

明日から頑張れそうな元気をもらってきました。お土産も色々もらってきました。
でも、明日頑張る体力が残っているかどうか、甚だ疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »