« C73今回のアナウンス集 | トップページ | 節分報告会議 »

2008年1月 3日 (木)

第191話 スペースサバイバル!食うのは奴らだ

第191話 スペースサバイバル!食うのは奴らだ

食料伝送土鍋の回。

冒頭、あたるの美食の夢、あたる、メガネ、面堂のそれぞれの食卓の光景から始まります。
本編と関係が薄いのでやや冗長な感じもするけど、三者三様の食卓風景に生活感が出ていていいなぁー。
美食の夢ではちゃんとラムちゃんをはべらせているところがちゃんとポイント捉えてますねー。
あたるは原作バクの話でちゃんとラムちゃん真横に置いたハーレムの夢を見ているから、ビューティフルドリーマーを待たずして正しい描写であります。他の子がみんな普段と違う服着ているのに、ラムちゃんと弁天さまは普段着。なるほど、こういう願望か!
ここでの美食の長台詞がこの後の貧相な食事の解説を引き立ててます。
そして「うちが何か得意な料理作ってあげるっちゃ」とラムちゃんが言った直後に飯をかっ込むあたるをみて「ぶー」と不満を漏らす、これ可愛いよなぁ!
続くメガネの戦略一人会議(笑)食事の食い方を考えるにどれほど時間をかけてるんだよ(笑)
面堂の朝食の分析結果をモニタに出すところは、プログラムソースが画面に書いてある(笑)
内容いい加減で誤植もあるからイメージでやってるんだなぁと思うけど、格好良い描写であるのは確か。

これだけ前振りを長く持たせておいて、やっとあたラム学校へ。
夏雲を見つけたラムちゃんが「ダーリン。うち達、いっつまでもこのままでいたいっちゃね」というのは名台詞だと思う。やまざきかずおの好きそうな演出だよなー。うちも好きです。こーいう日常だけ描いたフィルムとかあったら間違いなく買う。それよかデスクトップ上でラムちゃんが瞬きしたり、ゴロゴロしたいるするアクセサリでないかな。
高2の夏、好きな人と一緒に登校。いっつまでもこのままでいたいよねぇ…

Aパートラストになってようやく食料伝送土鍋が出てきます。
Bパート、宇宙の食料と分かっていながら食べようとする竜之介としのぶのやりとり、青春だなぁ。
「俺はくうぜ!」は晩秋そしてまつたけを思い出します。

あたるの提案で一品ずつ頼むことにした2年4組の面々。
…なぜ一品頼んで即回収せず、錯乱坊のしるこの介入を待つのか。
その後の皆の味など構わずの注文の仕方も最低。牛丼にちゃんぽんまではともかく、冷やし中華は…
ぐちゃぐちゃになった状態でも構わず食べまくる、竜ちゃんなんかそれでも旨いと言うんだからなぁ。
ラムちゃんは錯乱坊の汁粉津波に飲まれるも制服綺麗なままとか…よかったね!(笑)

土鍋回収後、みんながいなくなったのを表現するのにコタツネコもってくるのは流石やまざきかずお。
BGMにふしぎ・きれいをもってきているのもしっくりきてるよなぁ。原作のテンポは損なわれちゃってるかも知れないけど、これはこれで好きです。
最後は原作通り、暴食ネズミ命名で終わり。ラムちゃんは何食べてるんでしょう。

作画監督土器手司 でも、そんなに思いっきり土器手色が強く出るような修正は入れてないような気がします。
シーンによっては完全無修正。でもどのシーンも原画家の作画が良く綺麗な作画です。
ラストシーンだけ土器手修正を感じさせる絵でいいですね。

|

« C73今回のアナウンス集 | トップページ | 節分報告会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/17552111

この記事へのトラックバック一覧です: 第191話 スペースサバイバル!食うのは奴らだ:

« C73今回のアナウンス集 | トップページ | 節分報告会議 »