« たびのわすれもの | トップページ | 感想&Web拍手お返事 »

2008年1月20日 (日)

三ツ峠の大魔神壁画

目覚ましは5:30だったんですが、最近7:30にならないと起きない体していたくせに5:00に目が覚める。早いっての。

贅沢にも行きたいところを総ナメする旅に出発!

まずは中央本線を西へ。大月で富士急に乗り換えて三ツ峠へ。
登山道で有名な三ツ峠ですが、特撮ファンにはありがたい高山良策生誕の地なのですね。
で、90年代の終わりぐらいに三ツ峠では高山良策の故郷として町おこしをしようという機運が盛り上がったのですが…町長変わったらどっかいっちゃったなぁ…
高山良策展を町の体育館とかでやってたんですよねー。
初回には仕事の都合で行けず、大魔神レプリカヘッドが50万円で落札されてたという話を雑誌で読んで悔しがりましたが、その後2回ほど足を運んだものです。その翌年からは開催案内も届かなくなったので、やめてしまったのでしょう。
当時の町の広報誌や議会答弁を見ると、町の特産品である織物に大魔神の図柄を織り込んで…などという商業的にペイするかどーかを無視したような話が出ていたりします。あったらうちは買ってるのになぁ!
で、その一環として地元画家による大魔神の絵が駅前の銀行の壁にどどーんと飾られていたわけです。
それを見るために下車…と思って下調べしていたら、なんと銀行建て替えて駅から1.4kmの町営グリーンセンター
なる施設に引っ越ししているとのこと。
赤茶色に色づいた杉の木に怯えつつ、緩やかな上り坂を延々と歩いていったらありました。壁画が。
ところが、地元のアンちゃん達が立ち話に興じている駐車場の奥のアスファルトの広場みたいなところで中学生達が部活で体操しているとゆーのどかな市民生活のその真ん前にあるのですな。
カメラ持って撮影する空気じゃない。近場のベンチでお茶しながらじっくり鑑賞という空気でもない。そもそもベンチすらないし。要するに居心地悪いんですな。
なんとか勇気振り絞って撮影したものの、2枚撮って退散。
2008mitutouge

苦言を呈するようでなんですが、もうちょっと高山造形の大魔神に合わせられなかったのかなー。
なんかおばさんみたいな顔ってのは、中身女の子にしちゃう人間が言う台詞ではないので横においておくとしても、兜も鎧も形が違うのに至ってはどーにもこーにも…

こんなかんじでしょ?
20080121daimajin

|

« たびのわすれもの | トップページ | 感想&Web拍手お返事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/17767250

この記事へのトラックバック一覧です: 三ツ峠の大魔神壁画:

« たびのわすれもの | トップページ | 感想&Web拍手お返事 »