« 写真を忘れる旨さ | トップページ | 第218話 オールスター大宴会!うちらは不滅だっちゃ!! »

2008年2月19日 (火)

第217話 お別れ直前スペシャル!決定 輝け!うる星大賞!!

第217話 お別れ直前スペシャル!決定 輝け!うる星大賞!!

最終回直前に視聴者投票で人気の回を放送するというこの回。
新規作画部分は非常に少ないんですが、錯乱坊が司会をやっているという設定になってます。
おばちゃまだったり、淀川さんだったり、錯乱坊はいろんな物真似します(笑)
背景にいる弁天さまが足投げ出してやってられっかって表情なのと、大賞に輝いたときのメダル(!?)の図案が、感電あたる+噛みつき電撃ラムちゃんなのが素晴らしかった。うる星らしいなぁー。
でもって、1位は君去りし後でした。

君去りし後、後期アニメうる星ばっかり見続けてからこれを見ると、また感慨深い物があります。
後期は良くも悪くもあたるの行動がパターン化しており、原作あたるとも遊離したアニメあたるとでも呼ぶべき行動をしていました。
安定と安寧の上にあぐらをかき、時々犬も食わない痴話げんかでドタバタ。安心して見られるし、見ていて居心地もいいんですが、もうお話しの軸足がラムちゃんとあたるの二人からゲストキャラに移行しており、二人はちょっかい係になってしまっているというのがありました。
ところが、君去りし後ではあたるはラムちゃんを邪険にし、それが本心ともポーズともつかない様子。ラムちゃんは押しかけ女房の身勝手さではなく、報われないながらも尽くす女房役として振る舞い、初期ラムちゃんの奔放さからヒロインの見本みたいな役回りになります。
ラムちゃんって優しいんだ、あたるは根拠のない自信の上に立脚していたけど、それがラムちゃんが宇宙に行ったら追えないという手の届かない存在でもあるという不安要素を抱えていることを悟るんだ、そんな回なのですね。
そして、あたるにとってラムちゃんの存在は絶大であり、ラムちゃんが実は深く愛されていることを知る貴重な機会になります。
あたるが邪険に振る舞うのも照れ隠しなのだと分かってから、二人の関係は新しい段階に踏み出す。
その照れ隠しだと明確にわかる回が、君去りし後なのでしょう。
(アニメではスペースお見合い大作戦が先に来ちゃってますけど)

さすが1位に選ばれただけあって名作。うる星と出会ってよかったと感じさせてくれる一作です。
何度も見ている話ですが、お別れ直前スペシャルとしてみると、それはそれで感慨深いですね。

毎日うる星日記として一回目に見たときの感想はこちら

いよいよ明日はアニメ最終回です。

|

« 写真を忘れる旨さ | トップページ | 第218話 オールスター大宴会!うちらは不滅だっちゃ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/40167489

この記事へのトラックバック一覧です: 第217話 お別れ直前スペシャル!決定 輝け!うる星大賞!!:

« 写真を忘れる旨さ | トップページ | 第218話 オールスター大宴会!うちらは不滅だっちゃ!! »