« 第215話 早く来てダーリン!ラムの危険な結婚話 | トップページ | 写真を忘れる旨さ »

2008年2月17日 (日)

第216話 たまらないっちゃ!ランの意地悪大作戦

第216話 たまらないっちゃ!ランの意地悪大作戦

パーソナルコントロールの話。
井上脚本・古橋作監。なかなかに味わいある作画!もうちょっとで垢抜けた絵になるのに、ちょっと足りないところの焦れったさが、またこれはこれでという通好みの作画(笑)

今作がアニメうる星最終回の一つ前のまともにお話しを流した回になります。
もうすぐ最後だから前回の中島敦子といい色々気合い入ってるなぁと思わせてくれる回、と捉えてもいいんじゃないかって気がします。最終回は大幅にアレンジされてるので、今作が最後の原作どおりな回とも言えます。

さて、冒頭ではランちゃんとラムちゃんが二人で下校。ランちゃんは何かにつけて過去の不愉快な記憶を思い出します。
悪意はないのに(ここ重要)自分勝手に気の向くまま振る舞って結果的にランちゃんに被害を負わせ、責任を感じない子供の頃のラムちゃん。
先日の反省の庵でも見事な無責任ぶりを見せつけてくれましたが、昨日今日に始まった話じゃないのだなと分かる回想です。妄信的に好きだ好きだと言ってないで、こういう無責任な子というところもしっかり受け止めていかなくては!
それにしても、ニコニコしたランちゃんの前で腫れ物に触るようなラムちゃんの態度が痛々しい。
こりゃ気疲れするよなぁ。
そしてパソコンさんが一度竜之介にとりついてしまうというアニメオリジナルの設定もいい。
竜之介は親子でパチンコの景品をしこたませしめて出てきて、これを闇市で売って(!!)浜茶屋再建資金にと意気込みを見せるところから始まります(笑)
で、パソコンさんのせいで幼少の記憶を思い出して喧嘩を始めてしまう。
…あれ、パソコンさんのせいに思えるけど、クリスマスツリーに登っているときとかも同じように過去の記憶思い出して喧嘩していたよね。だから結局変わらないんだよね。思い出す頻度の問題で。
やっとの思いであたるに取り憑いたパソコンさん。ガールハントに出ようとするあたるがお蝶婦人に声をかけて…という過去のシーンを回想、支離滅裂な結論に達します。
で、パソコンが取れても結局ガールハントへ行こうとして電撃を食らう。
この電撃の浴び方がいい。ラムちゃん片足をあたるの上に投げ出すんだけど、この尻に敷かれてる感がいい(笑)
そしてパソコンさんには飴と鞭の両面から責め立てて依頼者を聞き出す。
うまくなったねぇ~。昔はただ怒るだけだったのに。
芋羊羹を出してくるあたりがなかなかに通好み。芋羊羹の繊細な甘みはラムちゃんの舌じゃ分からないと思うんですが、どーいう基準で「おいしい」と言うんだろうか。風評で判断してるのかな?そして、芋羊羹の本当の所有者はあたるじゃないかと思います。

パソコンさんはしゃべり出したと思ったら昔は良かったって話になって止まらない。
この立て板に水の話し方、フーテンの寅さんの口上にも通じる様な気がしてなりません。
青野武のしゃがれた感じのする声が、また良いんだよねぇ~。

残り後2回。次回は視聴者投票の結果発表回だから、もう最終回残すだけといったところ。
去年の6月からずーっと、アニメラムちゃんと共にある生活を送ってきました。(それまでは原作ラムちゃんでした(笑))
一区切り着いちゃうのが、怖くないと言えばウソになりますね。

|

« 第215話 早く来てダーリン!ラムの危険な結婚話 | トップページ | 写真を忘れる旨さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/40158386

この記事へのトラックバック一覧です: 第216話 たまらないっちゃ!ランの意地悪大作戦:

« 第215話 早く来てダーリン!ラムの危険な結婚話 | トップページ | 写真を忘れる旨さ »