« 鉄道博物館 | トップページ | ワンフェス会場から実況でお届けしています »

2008年2月24日 (日)

遅延リスクの見積もり方

WF会場からこんにちは。
強風で列車が遅れることが予想される今日のような場合、予定よりも余裕を持って移動することが望まれるが、余裕は最低どれくらい見るべきか。

うちはこうやって余裕時分を算出している。

1.最短経路が不通になった場合の代替ルートを算出
2.代替ルートで乗るべき列車の一本前の時間に合わせて出発
(正確には列車運転間隔がもっとも粗となる路線に合わせて考える)
3.実際乗るのは最短経路。途中で遅延運休が発生したら即再計算

これで大丈夫。
今回は10分延到着を見込んでいたらその通りになりました。

|

« 鉄道博物館 | トップページ | ワンフェス会場から実況でお届けしています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/40240402

この記事へのトラックバック一覧です: 遅延リスクの見積もり方:

« 鉄道博物館 | トップページ | ワンフェス会場から実況でお届けしています »