« 第211話 ダーリンがうちを好きだと言ったっちゃ | トップページ | 第213話 ハチャメチャ!ランちゃんの巨大人形!! »

2008年2月14日 (木)

第212話 決死の家庭訪問!教師稼業も命がけ!!

第212話 決死の家庭訪問!教師稼業も命がけ!!

家庭訪問の話。島田脚本・大森作監です。

作画のことは聞かないで!というくらいに…ううー。
稀に原画に修正入ってないシーンがあって、そこだけラムちゃん可愛く描かれています。
…で、肝心の温泉マークの作画、濃くてなかなかいいんじゃないでしょーか。
修正が入ってるラムちゃんに至ってはもうどう表現したら良いやら、悲しいです。

冒頭から孤独な温泉が描かれます。
仲の良いアベック、屋台で楽しげに飲むサラリーマン。
四畳半のアパートにはゴミ袋が置かれており、学生の下宿並みの汚さ。
なぜ自分の人生はこんなにわびしいかと自問自答して、あたる達のせいだと結論づけます。
うーむ短絡的だ。
そしてゴキブリまでがあたるに見え、諸星めーと追い回す始末。あんたカップ麺ばっかり食ってるから幻覚が見えるほどになるんだよ(笑)
動機が不純とはいえ、教師の自覚に芽生える温泉。なんだかんだいって、この人の原動力って教師としての自負なんじゃないか。
教師の自負と自覚をもってなかったら、温泉は友引高校を去ってるんじゃないかなぁ。
他校に引き取ってもらえなくても、職は他にあるだろうし。

さて、家庭訪問ではしょっぱなから藤波家に。
温泉、意気込みは良いんだけど勢いが足りないんだよね。結局始終飲まれっぱなし。
竜之介の親父とは酒を酌み交わす仲なんだから、もうちょっと上手く言っても良いのに。でもダメ。そこが温泉。

面堂家ではなんと温泉、先生に終太郎の問題点を指摘。原作が始終ペコペコしていたのに対し、誘導されつつではあったけど話題にしただけ偉い!しかし、温泉卑屈。この人本当に教育者の意地だけで成り立ってるよなぁ。

しのぶの所ではしのぶの肩にゴキブリが付いているのを取ろうとしたところを誤解されるという可哀想な役回り。
原作の「勉強部屋だけででも見せてくれないかな」よりよっぽどまとも。でも突き飛ばされる。

結局、ラムちゃんにさらわれて(笑)鬼星に家庭訪問に行くわけですが、今はラムちゃんをヨメに出して離れて暮らしているのに(考えてみたら、ラムちゃんって一人暮らし!ジャリテンが来るまでは!)鬼星に行っちゃう。
そこで初めて人間らしい扱いを受けるという逆説的な内容。


|

« 第211話 ダーリンがうちを好きだと言ったっちゃ | トップページ | 第213話 ハチャメチャ!ランちゃんの巨大人形!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/40108399

この記事へのトラックバック一覧です: 第212話 決死の家庭訪問!教師稼業も命がけ!!:

« 第211話 ダーリンがうちを好きだと言ったっちゃ | トップページ | 第213話 ハチャメチャ!ランちゃんの巨大人形!! »