« 倒狂出銭恣意 | トップページ | やっとリニューアル »

2008年3月22日 (土)

車で帰省

自動車好きの人には向かない今日の日記。車好きはパス推奨です。


ヨメ実家に行ってきました。
行きは初めて車で。

…うちは昔から可能な限り移動は鉄道と決めている鉄道至上主義者なのですが、今回は運転者と一緒にヨメ実家に行く必要性があるというやむを得ぬ事情によって車に乗ったのです。


結論、やはり車は性に合わない。

鉄道だと都心へ迂回するルートを取らなくてはいけない我が家-ヨメ実家のルートですが、これを在来線鈍行で行ったときより所要時間がかかったということで、既に電車に負けたのですが、評価ポイントは別の所にありました。

自動車内は窮屈で姿勢の変更が容易でないということ。
比較的足下に余裕がある車種らしいのですが、思いっきり投げ出すことが出来ない時点で通勤電車の方がマシです。

方向感覚を喪失するということ。
電車に乗っているときは常に北がどっちであるか把握しています。
一時的に方向が分からなくなっても最終目的地と現在地の位置関係は分かりますから、安心感があります。

走っている位置が分からないということ。
頭の中に鉄道路線図以外の地図が存在しないので、道路を走行中は現在位置がわからず、車窓を見ていても不安になりこそすれ楽しく感じません。自分は頭の中の地図と現在地の認識が一致して初めて楽しめるものなのだ、と実感しました。

窓を開けると排ガス臭いということ。
自分が排出しているわけだから仕方ない。とはいえ、花粉症を悪化させる排ガスは大嫌いです。これで新車だったら苦手な新車の臭いにあてられて完全にアウトでした。

時間が読めないと言うこと
全てにおいて計画通りに進行しないと気が済まない性分なので、到着時間が読めない=その先の行動計画が立てられないという状況は辛いものです。

タダで乗せてもらえるのは非常にありがたく、感謝の極みなのですが、改めて自分には車のある生活は無理だ、と痛感した出来事でした。


あえて車を選択する理由って、車でないと行けない場合か、車に乗る運転する人と一緒にいたいとき以外は存在しなさそうです。


帰りは新幹線でした。実に快適。
日本に新幹線があって良かった。


脚を伸ばせないとね!

|

« 倒狂出銭恣意 | トップページ | やっとリニューアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/40600477

この記事へのトラックバック一覧です: 車で帰省:

« 倒狂出銭恣意 | トップページ | やっとリニューアル »