« アップロード事故 | トップページ | 入稿完了 »

2008年3月16日 (日)

伊賀鉄道と亀山詣で

旅行最終日は上本町7:30の区間快速で伊賀鉄道へ。
乗り換え2分、きっぷは買い直しはちとつらい。
結局、後続の人がきっぷ買い終えるのを待って出発。
列車は松本零士先生デザインのくノ一列車でした。目つき怖いよー。
20080305iga

他の列車は今も近鉄カラーのまま。ただ、車内広告がありません。
広告が取れないんですね。大変そうだ…
乗車券買うのもそば屋の食券みたいな券売機からペラ紙が出てくるだけ。安い作りだなー。
もっとも、こういうところで経費削減しないとイカンのでしょう。
伊勢鉄道の沿線は非常にのどか。
これが近鉄沿線?と思うほど人家のない景色を走ります。
上野市が近づいてくると一戸建てが増え、市街地の路地裏を縫って走るようになります。
終点、伊賀上野では乗り換え3分。駅舎撮影のいとまもなく、中間改札もないのでJRの切符を買わぬまま(18きっぷ持参なので良いのですが)関西本線へ。
東海道より景色が良くて気に入っている関西本線。スイッチバックの信号所は止まらずに通過。
そーいや、ここで交換した記憶がないなー。

亀山で友人と合流。車で迎えに来てくれました。そして一路カラオケへ!
そしたらまぁ、部屋が広い!でも値段は高い。こういうときは都心の方が競争原理働いて良いですね。
カラオケではあまり歌わずにおしゃべりして合作して…
あっというまに帰りの時間に。早いなぁ。
今回の旅行では毎日違う友人と会ってきたわけですが、この日が昼間合流なので一番長い時間確保していました。(それでも4時間)
でも、やっぱり時間足りない!もっと話していたいものだ…と思ってモタモタしてたら渋滞にはまり、時計とにらめっこしながら亀山駅へ。
…遂に発車時間になってしまい、これは駄目かもと思いながら接続列車遅延を願いつつ改札をくぐると…やっぱり列車居ませんでした。

どーしよー!大ピンチです。こんなこと生まれて初めてです。
列車に乗っていて遅延が生じた場合は遅延見込みも立つし代替策が次々浮かぶんですが、車はさっぱりです。
乗れなかった列車は終点柘植で30分の接続時間があるから、仮に線路の上を追いかけるなら十分間に合うのは知っています。しかし、亀山~柘植間の道路が分からない。線路はあっても道路が平行していないとアウト。
さぁどうする!…とノートPC片手に地図検索するんですが重くて全然出てこない。
なんとか事象発生後5分以内にルート確定して名阪自動車道を西へ。
どこで降りれば良いんだーとか車内で首をひねりつつ、なんとか柘植の駅に到着!
間に合いました!

発車5分前まで話し込み、名残惜しさを感じながら草津線へ。
所定に復してほっとしながら大阪駅で下車。
さて、前々からJRと阪急の乗り換えは複雑怪奇だと思っていたので、今朝は間違えないように阪急梅田の3階改札前のコインロッカーに荷物を預けていたのでした。
荷物を取ってすぐ乗れる…と踏んでいたのですが、着いたのは2階改札前。
駅員氏に3階へはどうやっていくんですか?と聞いたら「一度一階に戻ってからエスカレーターに乗って…」
なんじゃそりゃー!
3階に着くと既に当初予定の列車は出て行ってしまいました。うわーい。(鉄郎口調で)
次の列車は10分後。伊丹空港から飛行機が出る丁度一時間前に阪急梅田。大丈夫なんだか時間が足りないんだかよく分かりません。だって伊丹なんて行ったことないんだもの。
電車に乗れば座れないし、立ったままノートPCでルート再検索。時刻表とにらめっこ。
navitimeでも駅探でも空港到着がチェックイン締め切りの5分前。土産物を物色する時間はなさそうです。
ところが、モノレール乗り換えを2分ですませて、navitimeの一本前のモノレールに乗車。大阪空港駅着は所定(締め切り15分前)に戻り、悠々自適にチェックインをし、土産を買い、保安検査もスムーズに進み、搭乗口に着いたら既に登場開始で列はなく、定刻ドアクローズで羽田も旋回待機無く着陸したのでした。

恐ろしいほど順調に物事が進み、京急経由で順調に乗り換え、ロマンスカーの指定席も自分が買って売り切れとなり、navitimeの一本前で帰宅したのでした。

ちなみに帰りの飛行機では窓の外に釘付け!
夜景を見てこれはどこだろうと首をひねってました。
これが京都。ちゃんと街の明かりも碁盤の目。
20080305kyoto

そしてこれが名古屋。海は真っ暗ですし、工業港はオレンジのナトリウムランプを多用しているところから市街と工業地域の区別が付きます。四日市とおぼしき街の灯がオレンジ系だったのでどうも帰りの飛行機も亀山近辺上空を飛んだらしいのでした。
20080305nagoya


楽しかった4日間、ネットだけの知り合いが、面識ある友人になった旅行でした。

|

« アップロード事故 | トップページ | 入稿完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/40511392

この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀鉄道と亀山詣で:

« アップロード事故 | トップページ | 入稿完了 »