« 鹿島臨海鉄道 | トップページ | るみけっと9! »

2008年4月 7日 (月)

駆け込み乗車

新宿で総武緩行線に駆け込み&ドアはさみがあったらしく、なかなか出発しない。
ドア再開閉をしないところを見ると、駆け込みで手を突っ込んで電車が出るのを止めた手合いではないかと思うが、なんと1分近く動かない。
駅員がいくら手を抜いてとアナウンスしても駄目だったところを見ると、なんとしてでも乗ろうとしたのだろう。
駅員がそっちに行ってしまったため、事態が収拾するまで山手線も出発できなくなった。

山手線を1本遅らせると、途端に全列車に波及する。一定間隔ごとに出発すれば特定列車に人が集中して混乱せずにすむという考えで、すぐに後続の列車が出発待ちになるからだ。

電車が1分遅れる。山手線全線が1分遅れる。山手線の乗客を合計したら1万人は越えそうだ。
仮に1万人だとしたら、遅らせた人は失われた時間、合計1万分をどう償ってくれるというのか。
電車は人生を運んでいる。今日空港で旅立つ人を、新幹線に乗るビジネスマンを、就職の面接に向かう若人を、恋人を待たせているカップルを…もしかしたら危篤の親の枕元へ駆けつける人をも乗せているかも知れない。
だから電車を遅らせてはならない。そう教えられて育ってきた。


…電車の中から誰か手のひらくすぐっちゃえばいいのに。

|

« 鹿島臨海鉄道 | トップページ | るみけっと9! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/40799786

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け込み乗車:

« 鹿島臨海鉄道 | トップページ | るみけっと9! »