« はてなのラムちゃん千枚筆ならし | トップページ | C74の2日目追補 »

2008年8月22日 (金)

C74の2日目

喉の調子を気にしながら起床。
…目覚ましの1時間前に目が覚めました。二度寝も失敗。体は疲れているのになぁ。
体の筋肉のどこが痛いかを確認する。一番痛いのは腹筋。足がそれ以下だから平均的な二日目の朝と言えそうだ。
これなら一日戦えるなぁと思うも、まさか昨日の「北コンコース史上最大の戦い」を上回る記録的な日になろうとは。

朝、一般入場開始。
一般列最先頭こそ東西に分かれたものの、即座に列は99.9%が西1階行きに。
なんだこれ!?と思っているうちに西1階行きがパンク。列をどこまでさかのぼって東行きを引き抜くか、さかのぼりすぎるとそのうち修復不可能になるために慎重を要する。
基本方針の決定権を持っている人を探しているうちに、参加者はエントランスホールのドアで押し合いへし合い。
ドアから飛び出るなり後ろから押されてよろけている参加者を見て「こりゃ危ないぞ」「止めないと」なんて声が出てくる。
「列止めまーす!ストーップ!ストーップ!」とメガホン片手に連呼し、傍にいたスタッフ総出で列を止める。
自分の所で止められてしまった人は苦虫を噛み潰したような顔をしているので、止めた理由をアナウンス。
列が止まる直前は転倒寸前で持ち直して事なきを得ているような状態でした。止めてよかったです。
その後も止めたり動かしたりの繰り返し。
結構ヒヤヒヤしながら止めたり動かしたりをしておりました。なるべく止めたくないし、タイミングを誤るとあっという間に列が破綻するからです。
しかし、これもまだ序章に過ぎなかったとは、この時点では知るよしもなかったのでした。

…昼、悪夢の北コンコース大爆発。
これは東地区の下りエスカレーターに対し、会場の指導でエスカレーターの荷重制限が入ったため、輸送力不足となったために渋滞したのが北コンコースまで波及したもの。
そういうと、同じ太さの列が続いているだけかと思いますがさにあらず。
ブリッジ入り口で列を絞り込み、エスカレーターに大量に人が押し寄せるのを防ぎ、それによる渋滞を北コンコースで吸収させるという戦略をとったため、北コンコースは通路幅員限度まで人が滞留。この列がエントランスホールを潰すと東地区発企業スペース行を始めとする東西導線の大半を圧迫するというギリギリの状態でした。
スタッフ実測値によれば、西から東の移動で1時間要したとか。
ブリッジの列を拡幅すれば、エントランスホールが混乱するのは容易に避けられるのですが、エスカレーター乗車規制をしている以上拡幅は不能。更に、あの天井の低いブリッジに人を詰め込めば酸欠は必定。
2名で現状視察した上で北コンコース班長に協力し体制の立て直しを…と思っていた特派員の我ら2名は、現状維持以外にどうすることもできないという絶望的な状況を目の当たりにして久々にショックを受けました。
東地区の下り導線を増やす以外に答えがない。しかも東地区の主要導線は上りの流れに塞がれていて変更不能。(3日目は最初から下り導線を多めに確保することで解決したようです)

そしてうちはブリッジと北コンコースのつなぎ目であるところの、荷物預かり所の角の死守命令を受けて単身望むことになります。
いくら頑張っても、何も変えることが出来ないこの辛さ…
角が崩れそうになると列を押し戻すのですが、通常なら手を広げて立つだけで、自然と列が避けていき正常に復します。それでも駄目なら「1m列の中央に寄ってください!」と言えば大きく動く。数値目標を掲げると動いてくれるものです。
角は一人でも流速が遅いので十分守れますが、流石に声出していると酸欠になってくる。後輩スタッフが応援に来てくれたので、一度持ち場を離れて荷物預かり所脇のベンチへ。
ここは窓際に換気口があるのですな。
「1分間、酸素吸わせてください!」と言って換気口に顔を寄せる。ああ涼しい。
休憩していた周囲の一般参加者が「頑張れー!」と言って扇いでくれる。
そのまま換気口に向かってうなだれていると病人と変わらないので「空気うめぇなぁ!」とか言いながら深呼吸。
しばらくして背後から後輩の声が。「10秒前です」
するとベンチの付近で休憩していた人が(2、30人程度だったかなぁ)総出でカウントダウンの大合唱。
「…5、4、3、2、1…」
ゼロ!の声と共に立ち上がり「さー、仕事仕事っ!」
スタッフ頑張れーの声援と共に万雷の拍手。カウントギリギリで立ち上がったボクサーってこうなんですかね。

午後、雨。
パラパラと降り出したので、土砂降りになった場合を想定し、会場からゆりかもめ駅まで、屋根のあるルートを通路に供用可能にすべく、通路確保出動を具申したところ現地派遣されることに。
またも買い出し組が我が物顔で通路を占領しています。メガホン片手に通路にしますと連呼。レジャーシート広げているのも撤去。撤去。撤去。
このまま屋根の下に並べれば…と思っていたら、なんとゆりかもめの列は斜めに大きく伸び、バースターミナル直上の広場を半分塞いでました。
りんかい線の駅へ向かおうとした人が人の壁に出くわして帰り道が分からなくなる始末。
更に、列の前方を見ると短い列と長い列がY字に分岐…こりゃ駄目だ。
責任者に報告すると「大吾、任せる」と一言。待ってましたその言葉。
本来だと担当外(というか、コミケスタッフの管理外=ゆりかもめの管理)なのですが、列を切ってつないで全て屋根の下に収容し直しました。
Y字の短い方の列の長さに合わせて長い方の列を区切り、Y字に分かれた片割れを横移動させて合体。その後ろに長い方の列の残りをつなげるんですが、いかんせん列が長すぎてりんかい線方面の導線を塞ぎながらの移動になるので大変でした。
そしてさっきキレイにした通路にもうレジャーシートを広げている手合いがいたので、本来ならば一度遠回りしてから列を合体させるところを、最短ルートで列を合体させてから屋根の下に並ぶように曲げていく…という美しくない方法で誘導。並べる方も並ぶ方も労力が倍以上かかります。
ほんと、座り込みは迷惑千万!レジャーシートは会場の人に怒られますよ。

閉会後、帰途へ付く人々の姿を詰所で見守っていると、15mほど向こうに、ちらりとトラジマのブーツが見え隠れ。
「ちょっと表の空気吸いに行ってきます!」と言って追いかけると案の定、更衣室が分からない様子。
「弁天さま、更衣室をお探しですか?」と言ってご案内~。(ラムちゃんと弁天さまでした)更衣室の場所のみならず、るみけっとも案内してきましたとさ。

|

« はてなのラムちゃん千枚筆ならし | トップページ | C74の2日目追補 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/42217251

この記事へのトラックバック一覧です: C74の2日目:

« はてなのラムちゃん千枚筆ならし | トップページ | C74の2日目追補 »