« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2008年1月13日 - 2008年1月19日

2008年1月19日 (土)

第204話 さらば温泉先生!?涙の送別マラソン大会

第204話 さらば温泉先生!?涙の送別マラソン大会

柳川脚本。
Aパートオリジナル+Bパートオリジナル半分原作半分ってところ。
いやはや、今作はシナリオの出来も良いんでないかい?むしろ全編オリジナルでも良いくらいだ。

Aパートは温泉マーク引退を前に山ごもり(オリジナル)
片眉剃って生えてくるまでって、どれだけこもってるんだか。柔道一直線って、生えるまで山ごもり=それだけ長い時間山ごもりってことでしょ?
滝に打たれる温泉は序盤ではあたるが脳裏に浮かんで集中できないものの、最後は雑念も消え果て、出ていた腹も引っ込み、インディージョーンズも真っ青の転がってくる岩も受け止めるという完成された人間になります。
もはや人間業じゃないんですが、これで高校の1教師ではなく、怪力なうる星世界の住人と対等に渡り合えるキャラになったわけですね。
さて、友引高校に戻ってみると…生徒がお別れパーティを開いてくれている。
その実、面堂の金で飲み食いしたかっただけだとしてもこれは感激しちゃうよなぁ。
ラムちゃんタレ目原画の味わいのまま厳かに司会進行。言葉の節々はいつも通りなんだけど、ちゃんと晴れの席の司会役らしい謙譲表現を使った司会ですよ。一体どこで学んできたのやら。誰に回してもこれほどの司会役を務めることは出来ないでしょう。
さて、生徒代表でやってきた面堂、いきなり地を出してなんで面堂家でパーティ主催せねばならないのかと騒ぎまくる。なさけなや面堂。みんなが温泉マーク送別の空気を演出しているというのに、金持ちなだけで俗物の小人であるのを露呈してしまっている。
面堂ファンにとってはどうなんですか、この描写。

その点あたるは温泉をたたえ、涙まで流すから役者だ。
お色直し後の温泉は、めちゃくちゃ気持ち悪かった(笑)

ラムちゃんは落とし穴を掘るあたるに付き合って横で魔法瓶のお茶を飲んで「冷えるっちゃー」と言うわけですが…
え?ラムちゃん「冷えるっちゃー」って言ったよね!?雪の中でもビキニで全く平気。「鍛え方が違うっちゃ」と言い切るラムちゃんが「冷える」だって!?
こりゃ地球の気候に慣れましたかね。海王星の服だって原作後期になるほど重装備になってったんだし、考えられないことではないな。

さて、マラソン大会が始まってからはほぼ原作通りといった感じ。
ラムちゃんが郵便ポストに電撃放つのは中身知ってたからだろうと考えているのだけど、先生が入っているから電撃ってのも、どーなんだろ。無線もって先生が集まってくるところは声の演技が迫力に欠けて残念だけど、それ以外は面白かったんじゃないでしょーか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法の言葉

お医者さんに向かってジェネリックにしてくださいと言うだけで、薬代5千円が3千円に。
魔法の言葉だー。

この1年で先発薬の特許が切れたらしく、後発薬は新製品だそうな。
よかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れたので別所温泉へ

もーれつに疲れました。
温泉のあるところに行こう。別所温泉が良いな。
ついでに富士山も見たいので河口湖にも行こう。
それから軽井沢の空気も吸いたいし、小海線の車窓も堪能したい。
よし決めた、全部行こう。

日帰りで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

第203話 不気味だっちゃ!錯乱坊ヨガスクール!!

第203話 不気味だっちゃ!錯乱坊ヨガスクール!!

カツオのポーズの回。

Aパートはほぼ原作通りに進み、内容も面白い!
秀逸なのは冒頭のあたるの出っ張った腹をラムちゃんが押すシーン。
あたるは「週刊ヨンデー」を煎餅食いながら読みふけります。
表紙にはラムちゃんっぽい猫娘の絵が載っており、連載漫画は「へろはの剣」「めぞんだっこく」読みてぇぇ!
手をぐっと腹の中に埋めたあげく、「この凄い贅肉ぅぅ~」のラムちゃんの声がいいなぁ~。
しまいには贅肉に煎餅差し挟むと、服に描いてあるキャラが煎餅食ってるみたいに見える(笑)
これは上手いですね。あたラムの関係がかなり深いのを感じさせておいて、ちゃんとギャグも入っている。

で、ラムちゃんがチラシを元にあたるにヨガスクールを薦め、早速行くことに。
あたるの分の傘もちゃんとラムちゃんが「抱えている」ところがまた良い。ラブラブ描写じゃないんだけど、二人一緒にいるのが自然って感じで、なおかつラムちゃんのやってることは「古典的な良き妻」の理想像そのまんま。
でもって、更衣室からはあたラム何故か同じ部屋から出てきます(笑)

面堂しのぶサクラさんにあたラムが加わって、錯乱坊が出てきて驚くシーンなどで1人ずつの表情描く野難しそうなのに、単なる横スクロールだけでなくいろんなアングルからキャラが割って入って楽しく描かれています。
食物連鎖のポーズを取るところはラムちゃんの「こうか?」に初期ラム的な響きを感じて嬉しいところ(しかもこの頃の平野文だから声色も最高)

これは楽しい作品だなぁーと思っているうちにAパート終了。

食物連鎖どーなるのと思ってたら、オリジナルのBパートに突入。

瞑想人生ゲームに突入です。
で、あたるは尽く勝ち進むんですが、教会のシーンがラムちゃんであたラム結婚かと思ったらなんと面堂の願望だったのですね。
一方ラムちゃんは既に3人の子供と一緒に一戸建ての小さな家(この贅沢な間取りをみれば十分って気もしますが)に暮らしてあたるの帰りを待つ、という幸せな家庭を描いています。
…ああー、男と女の違いですね。男は結婚が人生最良って思ってるけど、女はその後の生活ですからね。そういった意味じゃ正しい描写じゃないでしょうか。
それにしてもこのゲーム、最初から最も高いカード持っている人が自動的に勝つんじゃないでしょうか。何故みんなカード出し惜しみしているんだろう。
そして、あたるはだんだん悪役に。ラムちゃんの夢を砕くところなんざどーみても悪役です。ラムちゃん可哀想。

で、あたるは煩悩カードを溜め込んでしまったが故にブクブク太ってゆくというオチ。
…あれ、あのポーズの意味は何だったの?

あたるは最後にレギュラーメンバーの名前を片っ端から挙げてばかやろーと叫ぶんだけど、錯乱坊のバカヤローと言う前に弁天さまやおユキさんの名前を出してバカヤロー!と叫ぶのは違うんじゃないかなぁ。
それに、あたる以外の全員がゴールで幸せな環境で癒されるんだけど、ラムちゃんはあたる抜きで本当に幸せなんだろうか。(原作でも初期では稀に見かけるシーンですが。波乗り精神修養なんか海にたたき込んで終わりだし)
そんな感じで、オリジナルパートに入ると首をかしげるシーンが出てくる話でした。

今回は土屋脚本。
河南作監で絵は安定してみられます。原画は全部外注なのねー。末期うる星の苦労が忍ばれますが、作画面ではその苦労をさほど見せないところは河南作監の頑張りによるところではないでしょうか。
錯乱坊出現シーンのあたるの動きとかで煙が出るんだけど、その辺の煙のなびかせ方とか非常によいです。うる星の動かしかただなって思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

第202話 お酒はコワイ!サクラのおはらい大失敗

第202話 お酒はコワイ!サクラのおはらい大失敗

お祓い三すくみの回。

今作、柳川脚本です。…が、一点だけすっごい不満が。
ラムちゃんがこれから面堂の所に行くと言うシーン、あたるが自分も行くんだと言うとラムちゃんは「ダーリンは誘われていないっちゃ」と言うんですね。
…いや、これ違うだろと。今までのアニメラムちゃんだったら、「ダーリンが行くなら行く!」ってスタンスだったんじゃないかと。
この一点は凄いひっかかりますね。このシーン、サクラと一緒に行きたいばかりにあたるが嘘をついたことに対してラムちゃんが不快の念を表明するならともかく、誘われていないのに来るなんて!と憤っているようにも見える。
ラムちゃんはあたると一緒じゃないと行動しない子。行動原理は軒並み「ダーリンと一緒じゃないと、できるけどやらない」タイプのはず。
だいたい、野点の意味も知らないのに面堂の誘いにノコノコ着いていくような子じゃないと思うんですが…(出先で誘われてちょっと席外すくらいならやるだろうけど)面堂の誘いに乗るのだって、大抵はあたるの気を引くためって気がしていたんですけどねぇ。
演出側の意図が前者であれば良いんですが、それでも演出に失敗していると思わざるを得ません。
ラムちゃんが面堂に誘われたら、あたるは心配してついていく、って所に早く気づけよ!って突っ込ませたいのかなという観点でのツッコミも出来ますね。

それ以外のシーンはおおむね良好なんじゃないでしょうか。
何故野点シーンにしたのかよく分からないんですが、原作の押さえるべき所は押さえていたなぁと。
ただ、無理して野点にしなくても良かったんじゃないかと思います。ラストのカップ麺を野点のお湯で食べるという描写がやりたかったからなのかなぁ。(面堂はカップ麺を食べるという憧れの庶民の行為を堂々とできたわけですね!)
原作は学校の廊下ですから、三すくみの時に周囲を囲まれて脱出できないのに説得性があったんですが、今作では通ろうとすると張り飛ばされるという演出を挟まなければならなくなった。空に逃げたらどうなの?という疑念が生じるわけです。

ちなみに、今作もぶっ飛ばされるシーンとかで遊んでますね。コマ送りして出てくる文字は「ゆめみるぞ」でした(笑)以前はジャリテンの目玉が「ゆめ」「みるぞ」になってましたねぇ。

作画監督は朝刊太郎。その正体はもりやまゆうじというのが通説ですね。
やはり作画は適度に修正されており、破綻しているところもなく見やすい感じです。
サクラさんのアップとか綺麗だもんなぁ。
ただ、機材不良の影響でうちが見たときは画面が荒れていたのであまり作画のクオリティが良く判別できないのでした。
全部見終わったら、今作もう一回綺麗な画像で見直そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

毎日うる星日記お休みのお知らせ

ここしばらく快調だった毎日うる星日記ですが、またも機材がコケました。復旧までお休みします。
ヒント:Windows DVDソフト
…お察し下さい…

で、復旧後も節分までは不定期更新の見込みです。
うる星には1作1作真剣に向き合いたいけど、それが出来なくなりそうというのが一つ。
もう一つは大事を成すにあたり、うる星を原因として成し損ねることは許されない、うる星好きで居続けるために、あの時うる星見ていたから失敗したんだって事には絶対したくないからです。

…節分以降は毎日更新に戻ります。今年は2月中に色々企画考えてますんで、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »