« 2008年10月5日 - 2008年10月11日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »

2008年10月12日 - 2008年10月18日

2008年10月13日 (月)

おやこどーん!

友人と一緒に親子丼発祥の店に行ってきました。
日本橋人形町は玉ひで、であります。
開店20分前くらいに行ったら既に長蛇の列。店の前で1列になっていた列は舗道上でUターンし、L字に曲がって2列に膨らみ、そのままずーっとずーっと…次の十字路に届きそうなあたりで最後尾でした。
前に50人以上いる段階で、普段なら帰ってしまうところですが、ここで負けては意味がありません。その為に友人がいるので辛抱辛抱。降ったり止んだりする雨を睨みつつ、前方のおばさんの傘の縁の攻撃を防ぎながら2~30分くらいで入店。
土曜日は親子丼のメニューは二つしかありません。元祖親子丼(黄身乗せサービス)を選んで1300円也。
3人でいったのですが、6人テーブルの片側3席に通されました。相席を標準とし、店内の通行を一方通行にして座敷の出入口を分離。あらかじめ食券を購入することによって着座前の調理開始をすることにより滞留客を削減。
ピーク時とオフピーク時の両方に使える構成じゃないですか。うーん考えられてるなぁ。
で、肝心の味は親子丼の味でした。そりゃそうだ(笑)
今まで親子丼というと甘辛醤油の味で食べていた気がするのだけど、ここの味は甘辛醤油のくどさしつこさが無いのですな。どんぶり、というより高い鰻屋で鰻食べた時みたいに薄いご飯の上にふんわりした卵がのっているのだけど、このご飯との比率もまた美味なる所以と見た。

満腹と言うにはもう一声欲しいところだけど、甘味が入るくらいの余力を残して食事終了。
この後どうしようと周囲を見渡すと一本先の道に大きな瓦屋根の建物を発見。
「さて、あれは何でしょう」と出題者っぽく言うと、ヨメ「あれ何?」と食いついてくる。
「さて、何だろう」と、いよいよ答えを知ってる風に返事をし、もっともらしく「あそこにヒントがあるよ」と道標を指さす。
なるほど、水天宮でしたか。実は知らなかったのは、この時は隠しておりました。
水天宮に行ってみると新婚らしき男女や、赤子を抱いた姑と一緒の夫婦など、絵に描いたような平和な光景が展開しておりました。
その後は一度様子を見てみたかったT-CAT(東京シテイエアターミナル)を見学。入っているテナントが高そうな物ばかり。
空港の延長線にある施設なだけありますなぁ。
それにしても、羽田行きリムジンが30分に一本って…京急が10分に1本、モノレールなんか5分待てば来るのに、T-CATみたいな半端な場所に30分置きとは…ビックリです。
地下鉄水天宮の駅に戻り、半蔵門線で三越前へ。
友人に日本橋を案内します。
ああ、今でも国道1号線の中央に道路原票埋まってるのね。そして、高速から見えるように、道路原票この下みたいな明治の街路灯を模したモニュメントがある。これは気づかなかったなぁ。今までロクに見てきてなかった証左ですね(笑)
さて、お江戸日本橋、日本橋側のほとりにありまするは老舗の榮太櫻であります。
今回は宇治あんみつを注文。
抹茶蜜ともちもちの白玉が最高~。一番美味しく見えたのは前回注文したフルーツあんみつでした。
この後は新宿へ移動して喫茶店で喋った後、小田急新宿駅へ。VSEの最後尾で東京に別れを告げるのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月5日 - 2008年10月11日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »