« 新潟高橋留美子展オフィシャルサイト | トップページ | うる星新年会 »

2009年1月 9日 (金)

C75の1日目を振り返る

もう去年の出来事になってしまいました。コミックマーケット75!

1日目
会場5:45着。
東雲スタッフ駐車場から東地区の入り口まで長いなーと思っていたら歩いてみるとさほどでもない。移動7分といったところ。
今回はなんと東地区の西端。4連エスカレーター上&東1ホール前エスカレーター上がお仕事の場所でした。
前回までならエスカレーターとはなんと自分に向いていない仕事なのだろう、同じ所に立ち続けるのは向いていないのだ…と思っていたんですが、前回の非常停止ボタン取扱でエスカレーターの魅力に目覚めてしまったらしく、乗降監視の使命を胸に取り組んだ次第。(教科書的な書き方ですが、本当です)
これは荷崩れしそうだな、というのは事前に止めるのですが、乗ってしまった後に気づいた場合は、後続で人が乗らないよう別のエスカレーターに誘導したり、真上から監視したりしていました。
一般入場時は東1ホール前エスカレーター2F。あっという間に長蛇の列になったけど、その後がパンクして列崩壊みたいな破綻を生じていなかったので乗降アナウンスしかしませんでした。
※先輩スタッフから「ベテランなんだから列後方にもアナウンスしなきゃー」とご指摘を頂戴しました。お恥ずかしい。
昼からは4連エスカレーター上で乗降監視&アナウンス。CLANADのヘルメット(バキューム成型の薄っぺらな物)がどうも企業スペースで配られていたようなのですが、エスカレーター上から階下の椅子に座っている人々に向けて落とそうというゼスチャーをしている人がいました。(ヘルメットを手のひらの上に載せてエスカレーター外に突き出している)
「本当に落としたら退場ですよ!」とミニメガホンで注意するも聞く耳持たず。
下のスタッフに「そこのヘルメット注意してあげて!」とミニメガホンで伝えるも聞く耳持たず。おーい。(アナウンスしていたので聞こえなかったと思われる。)
これで落としたら、その人のコミケはそこで終了です。物質の軽重ではなく行為の軽重を問われます。事と次第によってはイベント自体がそこで終了してしまうかも知れない。来場者が増えて想像力が欠如している人が増えました。
1日目の午後はうる星本も出しているベルバラサークル「民間人」さんのところへ。
なんとうちの事を覚えていてくれました。ビックリ。
今後の活動は当面不定期になるとのこと。復活待ってます。
夜はトンカツ和光。有明で食べる場所はお気に入りの和光以外消去法で残ったところがほとんど無いというのが悲しいところです。

|

« 新潟高橋留美子展オフィシャルサイト | トップページ | うる星新年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/43613593

この記事へのトラックバック一覧です: C75の1日目を振り返る:

« 新潟高橋留美子展オフィシャルサイト | トップページ | うる星新年会 »