« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

コミケの参加者のマナー

コミケの参加者のマナーが悪くなってきているというのは何年も前から言われていることで、新規参加者が増えると共にマナーが地に落ちた、ともっぱらの評判。

だが、ふと考えてみた。

コミケの参加者がバーゲンセールに殺到するおばちゃんだったら、どうなってるだろう。


…うん、今の参加者の方がまだまだ理性的だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

BSアニメギガ・千葉繁

素晴らしきハイテンション千葉繁!
アニメうる星を支えた功労者のメガネが最初に紹介されていて、視聴者の心を鷲掴みしてくれる素晴らしい番組でした。
なんと平野文さんが千葉繁の思い出を語る映像入り。
「メガネさんお久しぶり~」の声も、それに対する千葉さんのコメントも、地声なのにメガネって気がさせられる感じで素晴らしかったー。

北斗の拳の次回予告比較とか、すでに知っているネタについては「ちゃんと取り上げてくれたか」と大喜び。
音響監督の話などの初めて聞く話も楽しくて仕方ありませんでした。

あー、千葉繁最高ー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

コミケ76の3日目(その1)

3日目。
起床して喉が痛いことに気づき、激しく不安に襲われるも、後に咽頭膿栓と判明。
やっぱり抵抗力落ちていたのね。

いつも友人に車で送ってもらうのだけど、今日に限ってなかなか来ない。
おかしいと思ってると、交差点でタクシーが次々と客を降ろして曲がれないとの連絡が。タクシーなんたること!?ひどい!

会場到着後、ガレリア東端へいくと、自販機の上にある大きなポップ(ダンボール製)が湿気のためかL字に曲がってしまい挫折感あふれる状態になってました。

さて、今回の仕事場はガレリア1F、4連エスカレーター下でありました。
サークル入場口が開くまでの間は池袋のイベントで一緒に戦った仲間たちと会うことが多かった!同窓会みたいでしたなあ。

サークル入場が始まってからはエスカレーターの乗降監視。サークルがどんどん下りてくるところです。
4連エスカレーターって立ち位置が難しい。普通ならばエスカレーター脇に立つんですが、荷崩れ起こしたときにすぐに荷物を引き上げられるように、邪魔とは思いつつもエスカレーター正面5mの位置あたりに立ちながら、インベーダーゲームのように左右に動いて来場者をかわしてました。

今日はサークルがあるので、朝のこの仕事でスタッフ活動終了です。悔いが残らないように精一杯の仕事をしたい。
…というわけで、一人一人に挨拶をすることにしました。
最初の方は3秒に一人の割合でやってくる状態だったので良かったのですが、7:30を過ぎるとひっきりなし。1秒に4人くらいの勢いでやってきます。
それでも全員…と、片手をあげながら右へ左へくるくる向きを変え「おはようございます!いってらっしゃい!気をつけて」と連呼。
ずーっとそれをやっていたら、ふと気がつくと視野全域が「潜入!コミケット24時!」って感じですっかりぼやけてます。
あ、酸欠だ、このまま続けると倒れるに違いない。

アナウンスをやめたらじわりと脳に血液が戻るかのような感覚がして視界が正常に。
よし、これで戦える…と思ったら、今度はしばらくしないうちに視界がぼやけだす。
だめだ、この辺全然酸素足りてない。
「酸素が足りないのでまとめて!皆さんいってらっしゃーい!」
なんとまあ、やっつけ仕事(笑)

一番楽しかったのは
「皆さん!おっはよーございまーす!」(おはよーございまーす!)
「足下に気をつけて、いってらっしゃーい!」(いってきまーす!)
「エスカレーターは最後まで歩かないっぞー!」(おー!)
とやれたことでしょうか。
ノリの良い3日目の参加者だからできた芸当です。

ちなみに、乗降監視に必要な、「降りるときの1人1人の足下を注視する」のは、一人一人に声かけながらが最も集中できますね。

さて、サークル。
今回はお誕生日席。両隣が一緒にうる星やつら30周年記念本を創ったメンバーなので安心です。3サークルにして1サークルであるかのような気安さ。
トイレ行くとき売り子を代わるのもお安いご用です。
うちのサークル、自分と友人の二人で売り子をしておりました。通販で入手したトラジマエプロンを売り子に有無を言わさずに着てもらいました(ありがとー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

コミケ76、2日目の出来事

今日のトピック。

入場時に逆流する一般参加者。制止しようと手を伸ばしてる所にそのまま突っ込んできて自動的にボディブロー。(悔しいことに突破された)
障害物くらい認識してください。

「この先は渋滞しています!Uターンをお勧めします!」と言ってるのに次々制止を突破する一般参加者。(メガホン使用しているから声は届いている)

「渋滞する2階ではなく、一階の通路をお使いください!5倍早く目的地に着きます!」
そう言った後実測したら本当でした。
スタッフの言うことはちゃんと聞くものです。

「みなさん、ここは座り込み禁止です。御移動ください!皆さんの代わりに私は朝5:30から夜の9時までここにいて、汚い空気を吸っています。だからあなただけでも外の新鮮な空気を吸いに西地区の休憩所へ移動しましょう!さあ、移動開始です!」
と言って座り込み組を移動させたら夜9時じゃ終わらなかった。

休憩時間に留美子スペースめぐり&挨拶回り
「また休憩時間になったら顔出すね。でも多分無理」
やっぱり無理でした。

帰りのルート検索をしている集団がいたので最終目的地と所持乗車券を元に経路を回答。
列に並ばない裏技を教えたときの表情がたまりませんでした。

閉会後、エスカレーター脇にいたら、朝、案内をした男性から「あの時はありがとうございました。おかげで助かりました」と頭を下げられた。
多分これが、今日スタッフやってて一番嬉しかったこと。

だから、明日もがんばります。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

コミケ76(C76)1日目

疲れているのでトピックだけ。

・今日の珍問答

「東コスプレ広場にはどうやっていけばいいですか?」
「まず訂正させてください。東地区にコスプレ広場はありません。では質問をどうぞ」

「東434に行きたいのですが」
「そのような場所はありませんが、どちらへいきたいのですか?」

なにこの世界のジョーク集。

なんか今回こんなのばっかりでトピックなし。
特に楽しい出来事もなければトラブルもなく、池袋時代のスタッフ仲間と久々に会った事くらいでした。

ただ、やたらと疲れた。
固定配置になるまではひたすら座り込みを整理してましたとさ。

椅子に座っている人を一斉に詰めたときは座っている当人から拍手をもらった。
やっぱりみんな、座りたい人が座れないのはおかしいと思ってるんだねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

コミケ当日のGLUMip

いつもお伝えしているGLUMipの出没情報。

今回は

1日目、2日目とも東1ホール前あたりのガレリア1F~2ホール前あたりまで に出没します。

Tシャツは3種類を着用。

黄色のスヌーピー
白の大魔神
赤の「海が好き」文字入り

見つけた人は手を振ってくれると気がつくかもしれませんが、忙しいと気づかないかもしれません。
仕事中でも声かけてくれると喜びます。(声が聞こえれば)

3日目は東5ホールノ37b におります。開場前9時半~10時半、12時~14時、15時半~閉会はほぼ確実にスペースにいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

高橋留美子原画展北海道へ

Webサンデーに今後の高橋留美子展の情報が載りましたね!

その内容を転載するだけじゃ芸がないので、公式サイトにリンク付けておきました。
追加情報分だけ書きます。

北海道立函館美術館
会期:12月5日(土)~2010年1月17日(日)
休館日:月曜日、年末年始(12/28~1/4)

北海道立旭川美術館
会期:1月23日(土)~3月14日(日)
休館日:月曜日

大丸ミュージアムKOBE(大丸神戸店9階)
会期:3月17日(水)~3月31日(水)

遂に北海道上陸!
興行的に成功しそうな札幌外しているのがもったいない感じですが、旭川なら落ち着いてみられそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

コミケ76のうる星サークルまとめ

もう今週末だ!サークルチェック終わってないよー。そんな人に。
C76のうる星サークルまとめ

1日目 東
G59a ピュアPureCompany

2日目 東

ム11a TEK ※やおい
ム11b Kのトランク ※やおい
ム12a ラムコム

ム04~12が留美子サークルスペースです

3日目 東
37a MEGAFEPS
37b CARAT5つの味 うる星やつら30周年記念本・しょやまん2
38a やぶの製作所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

サンデー・マガジンのDNA

川崎市市民ミュージアムの「サンデー・マガジンのDNA」展に行ってきました。
東急東横線で武蔵小杉へ行き、バスで10分。
混んでるかなーと思いながら中に入ってみると、一枚一枚をじーっくり見られる状態でした。
当日はさいとうたかを先生と夏目房之介先生のトークがあり、そっちに観客を取られていたからかもしれません。
ともあれ、一枚一枚なめるように眺められる至福。手塚治虫の生原稿なんて生まれて初めて見ました。

で、うちら夫婦にとってメインはうる星の原画なのは言うまでもなく、カラー原画はサンデーグラフィック15巻、モノクロ原画はサンデー1983で留美子先生が最後までどっちにするか悩んでいたという無我の妙薬でした。(あたるの煩悩が肉体から離脱するところと、次のページであるラムちゃんが夜空を散歩しているところ)
家に帰ってからサンデーグラフィック確認しましたが、原画の発色はもっと蛍光染料が入ったかのような色で綺麗でったなあ。

原画以外の展示物でうる星というと、サンデー本誌だったり、直筆サイン(漫画家同窓会の時のペン型モニュメントサイン)、あとはすっかり変色したラムちゃんタペストリーだったりします。
やけに茶色く汚れているなと思っていたら、解説に「作家蔵」
…ってことはヤニ汚れなんですね。
銀座留美子展で展示されていた1円玉付き三角定規もありました。

どちらかというとあだち充コーナーの方が充実していたような気がします。

らんま・犬夜叉はガラスケースの向こうで目を近づけては見られませんでした。残念!


今回、原画にふれて新たに読みたくなったのが六三四の剣。
嵐子ちゃんと六三四少年の対決見開きカラーなんですが、これが格好良かった。
一筆一筆丁寧かつ正確に描かれていて、一分の隙もないプロの仕事と感嘆してきました。


お盆過ぎると後期の展示になります。そしたらまた行くつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

銀河鉄道999映画祭

ゆうきみのりさんと一緒に銀河鉄道999映画祭に行ってきました。

公式サイトにこのようにゲストの名前が書かれてますが…
松本零士先生/りん・たろう/高見義雄/青木望/野沢雅子/池田昌子/肝付兼太/麻上洋子/タケカワユキヒデ

これすなわち
原作/監督/企画/音楽/鉄郎/メーテル/車掌さん/クレアさん/ゴダイゴ
こーいう事ですね。

で、映画上映前に1時間、このゲストの方々によるトークがあったわけですが、冒頭から身を乗り出すほどに食い入るように見ておりました。

感動した…と言うと安く感じるのですが、他によい言葉が見あたりません。
池田昌子さんは地声が既にメーテル声(声を作っていません、とおっしゃってた)であることにまず感動。野沢さんが「えー、あのー」と言っても特に感慨深いものはないんですが(地声だからね)、池田さんが「えー、あのー」と口にするだけで涙腺にくるものがあるんです。だって、メーテルなんだもの!
野沢さんが「メーテルぅ」と口にするときには涙腺にきました。肝付さんが一言半句口にするだけで車掌さんだーとこれまた感慨深くなる。麻上さんのクレアさん声もたまりません。

制作スタッフ陣からは松本先生映画完成逃亡事件が語られたり、本当、夢の1時間でした。

声優さん達からは「30年経って、こうしてまた映画を見られて嬉しい」という話をして退出していったのでリップサービスかなと思っていたら、なんと映画上映時に再入場。客席に座って最後まで鑑賞してらっしゃいました。

声優陣と一緒に映画を見るという感動。青木さんの冒頭の曲でもう涙腺崩壊。この後は一つの星で1回泣くという、泣きっぱなしの2時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

洗濯機壊れる

ヨメの電撃で洗濯機がお釈迦になってしまいました。
という台詞、うる星ファンならば一度は口にしてみたいものですが、残念ながらさにあらず。

ある日突然、洗濯機から異音が。
羽根の回転時に大きな音がするだけでぜんぜん回りません。しかも入稿直前。
どうしようと途方にくれるヨメ。
修理してもらうとすると、修理代だって技術料と出張料だけで1万円超えは確実だろうから、1.5万~2万円は見ておかなきゃいけないんじゃないか。
耐久家財の損壊に対する準備金の無い我が家にとっては手痛い支出。名古屋留美子展の現地滞在費が吹っ飛ぶ事態は避けねばなりません。

そこで、故障原因部位を特定させ、自力で部品交換してみることにしました。問題は部品を売ってくれるかどうかですが、物は試し。

まず、洗濯機を脱水させ、給水栓を閉鎖。洗濯物を除去して羽根をはずした状態で駆動させると、羽根につながる回転軸が元気に回ってます。
異音・羽根が駆動しないという状況から駆動ベルトかと思いきや、羽根の内側のギアが磨耗していたのでした。なるほど、羽根だけ買えば大丈夫だ。

メーカーに電話すると家電量販店で取り寄せできるとのこと。
一週間後に届いた羽根を取り付けたら元気よく回りだしました。

2千円でおつりがくる値段ですみました。
浮いた修理代は留美子展でグッズに化け、結局残らなかったのはご愛嬌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »