« 2009年7月26日 - 2009年8月1日 | トップページ | 2009年8月9日 - 2009年8月15日 »

2009年8月2日 - 2009年8月8日

2009年8月 8日 (土)

サンデー・マガジンのDNA

川崎市市民ミュージアムの「サンデー・マガジンのDNA」展に行ってきました。
東急東横線で武蔵小杉へ行き、バスで10分。
混んでるかなーと思いながら中に入ってみると、一枚一枚をじーっくり見られる状態でした。
当日はさいとうたかを先生と夏目房之介先生のトークがあり、そっちに観客を取られていたからかもしれません。
ともあれ、一枚一枚なめるように眺められる至福。手塚治虫の生原稿なんて生まれて初めて見ました。

で、うちら夫婦にとってメインはうる星の原画なのは言うまでもなく、カラー原画はサンデーグラフィック15巻、モノクロ原画はサンデー1983で留美子先生が最後までどっちにするか悩んでいたという無我の妙薬でした。(あたるの煩悩が肉体から離脱するところと、次のページであるラムちゃんが夜空を散歩しているところ)
家に帰ってからサンデーグラフィック確認しましたが、原画の発色はもっと蛍光染料が入ったかのような色で綺麗でったなあ。

原画以外の展示物でうる星というと、サンデー本誌だったり、直筆サイン(漫画家同窓会の時のペン型モニュメントサイン)、あとはすっかり変色したラムちゃんタペストリーだったりします。
やけに茶色く汚れているなと思っていたら、解説に「作家蔵」
…ってことはヤニ汚れなんですね。
銀座留美子展で展示されていた1円玉付き三角定規もありました。

どちらかというとあだち充コーナーの方が充実していたような気がします。

らんま・犬夜叉はガラスケースの向こうで目を近づけては見られませんでした。残念!


今回、原画にふれて新たに読みたくなったのが六三四の剣。
嵐子ちゃんと六三四少年の対決見開きカラーなんですが、これが格好良かった。
一筆一筆丁寧かつ正確に描かれていて、一分の隙もないプロの仕事と感嘆してきました。


お盆過ぎると後期の展示になります。そしたらまた行くつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

銀河鉄道999映画祭

ゆうきみのりさんと一緒に銀河鉄道999映画祭に行ってきました。

公式サイトにこのようにゲストの名前が書かれてますが…
松本零士先生/りん・たろう/高見義雄/青木望/野沢雅子/池田昌子/肝付兼太/麻上洋子/タケカワユキヒデ

これすなわち
原作/監督/企画/音楽/鉄郎/メーテル/車掌さん/クレアさん/ゴダイゴ
こーいう事ですね。

で、映画上映前に1時間、このゲストの方々によるトークがあったわけですが、冒頭から身を乗り出すほどに食い入るように見ておりました。

感動した…と言うと安く感じるのですが、他によい言葉が見あたりません。
池田昌子さんは地声が既にメーテル声(声を作っていません、とおっしゃってた)であることにまず感動。野沢さんが「えー、あのー」と言っても特に感慨深いものはないんですが(地声だからね)、池田さんが「えー、あのー」と口にするだけで涙腺にくるものがあるんです。だって、メーテルなんだもの!
野沢さんが「メーテルぅ」と口にするときには涙腺にきました。肝付さんが一言半句口にするだけで車掌さんだーとこれまた感慨深くなる。麻上さんのクレアさん声もたまりません。

制作スタッフ陣からは松本先生映画完成逃亡事件が語られたり、本当、夢の1時間でした。

声優さん達からは「30年経って、こうしてまた映画を見られて嬉しい」という話をして退出していったのでリップサービスかなと思っていたら、なんと映画上映時に再入場。客席に座って最後まで鑑賞してらっしゃいました。

声優陣と一緒に映画を見るという感動。青木さんの冒頭の曲でもう涙腺崩壊。この後は一つの星で1回泣くという、泣きっぱなしの2時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

洗濯機壊れる

ヨメの電撃で洗濯機がお釈迦になってしまいました。
という台詞、うる星ファンならば一度は口にしてみたいものですが、残念ながらさにあらず。

ある日突然、洗濯機から異音が。
羽根の回転時に大きな音がするだけでぜんぜん回りません。しかも入稿直前。
どうしようと途方にくれるヨメ。
修理してもらうとすると、修理代だって技術料と出張料だけで1万円超えは確実だろうから、1.5万~2万円は見ておかなきゃいけないんじゃないか。
耐久家財の損壊に対する準備金の無い我が家にとっては手痛い支出。名古屋留美子展の現地滞在費が吹っ飛ぶ事態は避けねばなりません。

そこで、故障原因部位を特定させ、自力で部品交換してみることにしました。問題は部品を売ってくれるかどうかですが、物は試し。

まず、洗濯機を脱水させ、給水栓を閉鎖。洗濯物を除去して羽根をはずした状態で駆動させると、羽根につながる回転軸が元気に回ってます。
異音・羽根が駆動しないという状況から駆動ベルトかと思いきや、羽根の内側のギアが磨耗していたのでした。なるほど、羽根だけ買えば大丈夫だ。

メーカーに電話すると家電量販店で取り寄せできるとのこと。
一週間後に届いた羽根を取り付けたら元気よく回りだしました。

2千円でおつりがくる値段ですみました。
浮いた修理代は留美子展でグッズに化け、結局残らなかったのはご愛嬌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月26日 - 2009年8月1日 | トップページ | 2009年8月9日 - 2009年8月15日 »