« C77コミケ2日目 | トップページ | 2010年最初の大魔神情報 »

2010年1月10日 (日)

C77のコミケ3日目

3日目。
朝、寒さが身にしみるなあと思いつつ活動開始。
シャッターが降りているブリッジのほこり臭さに辟易。もう一晩たったというのにほこり臭いとは何事!?
ハンカチで口元を押さえながら通り過ぎますが、一般で来る人はこの中で立ちっぱなしなのかなあと色々考えてみたり。

さて、今回は珍しくも「一般入場の先頭引きたい人ー」と公募が(笑)
すかさず手を挙げると周囲の人が目を白黒。
『先頭引きは新人にやらせるようにしてるんだけど…』
だって、スタッフ初めて十ウン年、3日目の先頭って一度も引いたこと無かったんだもん。列が切れたときに引っ張ったくらいでさ。

結局、候補2名でジャンケンとなって、まー負けるだろうと思っていたら勝ってしまいました。

そんなわけで、東地区行き一般入場最先頭に立ちます。
屋外を移動させた経験こそありますが、建物内誘導は初めて。
列の先頭がなにやら以前も見かけた顔。
『おにーさん久しぶりだねえ』とか色々言われる。
相変わらず同じ顔ぶれですなあ。
隣に立つのは正真正銘の新人です。口を真一文字に結んで何も言わない。
かたやこっちは色々としゃべり倒します。
『』内は列先頭のあんちゃん達だと思ってくんねい。

『なんでおにーさんみたいなのが、先頭引くのよ』
ジャンケンに勝ったんです。苦節十数年、一度も先頭を引いたことがなかったのですが、遂に皆さんをご案内することが出来ます。
『ってことは、おにーさん相当古いね!』
まあ、私のジャンルはうる星ですからね。一筋にやってきましたから。
『わー、この人、実は相当年行ってるな!成人式2回やるくらい』
さてどうでしょう。ご想像にお任せします。
ところで、皆さんを館内にご案内するのは毎回新人がやるそうですが、今回は私が新人に成り代わって皆さんをご案内しよう!と、そういうわけです。だから列を崩さずひとつよろしく。
『こんな場慣れしている新人見たこと無いよ。新人の気持ちがない(笑)』
新人に成り代わって、とは申しましたが新人の気持ちではありません。今回は、おとなしく引けと命じられておりますので、その辺を心得て皆さんをご案内したいと思います。
『ははぁ、おにーさんジャンケンに勝ったとか言っていたけど、さては何かやらかしたね』
『左遷だ左遷だ』
『こんな年(年齢)なのに先頭引かされるんだもんなあ』
…ま、ご想像にお任せします。
横の新人君には、先頭の人味方につけておけば後大丈夫だから、まあ慣れるから頑張ってとぽつり。

結局、列を引くときは粛々と引きました。
列先頭引きを夢見ていた若かりし日々の様々な夢と希望よ、さらば。

朝の計画時は東地区方面列を曲げるときの外側という、2日目の列内側よりも楽な場所(内側の辛さを知っているだけに、その辺を配慮した列の制御が求められる)だったのだが、現場に戻ってみると別の人がやってました。
そうか、うちが先頭引きやったから、元々先頭を予定していた人と入れ替えか。
そんなわけで西行きの列を担当。走らないように抑止するわけですが、粛々と進むのであまり仕事がありません。どーせ先に東行きの列が詰まって、そのまま開場まで停止だろうと高をくくってたら、なんと西行きの列が詰まって(収容限界に達した)列停止・再整理とお仕事が巡って参りました。

列が落ち着いたのを見て、いくつかご案内。前方不注意による衝突が多いのでまずはその辺から。
「私は昨日までラブプラスなるゲームの画面を見たことがなかったのですが、昨日一人の青年が歩きながらプレイしているのを見て、ゲーム画面を見ることが出来ました」
「彼は私に教えてくれた。ラブプラスが如何に魅力的なゲームであるかを、そして歩きながらラブプラスをやるとどうなるかを!」
「…周りの人にどんどん追い抜かれてました」
「携帯電話、携帯ゲームも全部一緒です。本が欲しかったらまずしまってください」
正しいアナウンスとしては、危険なのでやめること、なのですが今回は利益誘導のアプローチを試みてみました。結果的に視界内全員やめてたのでOKでしょう。
危険だからやめてくださいとは他のスタッフも言うだろうし。
あとは列を崩すと結果的に自分が不利になるよとか、行列必勝法とかを説明しました。おかげで、みんな静かに開場を待って、列は崩さず一糸乱れぬ動きでありがたかったー。

昼は休憩時間に挨拶回り。
どーせ最終日なのだからと、休憩室で死んだように転がったりすることなく(2日目は死んだよーに転がって寝落ちしてた)、精力的に挨拶回りをします。
一度行って不在だったところには、「また来ますのでよろしく。でも、また来ますと言って会えた試しがないので良いお年を!」と言って次のスペースへ。
ところが、今回また来ますと言った所に、実際にもう一度行くチャンスが出たのですよ。大喜びでスペースへ行ってみると、机の上に椅子が置かれてました。がっくり。

そんなこんなで、たいしたネタになる出来事もなく、自分の担当範囲では平穏無事に夕方に。エスカレーターもまったり感漂う感じで誰もエスカレーター上を歩いたりしません…と思ったら上りエスカレーターを1段とばしで歩く男発見!
注意アナウンスをしたら、下りエスカレーターの人のツボに入ったらしく、爆笑の上に「ネタにさせていただきます!」と言われました。
ここまではっきりとネタにすると言われたのは初めてなので、その時のアナウンスの内容は公開せずにいることにしましょう。
…でもね、毎回思うんですが、アナウンスで笑うのって、深夜ラジオと一緒で昼間の冷静なときに聞いても面白くないと思うんだよね(笑)

閉会時は例によってエントランスホールで三本締め。色々あって二回やりましたが、大晦日の日にやると、「良いお年を~」と帽子を振れるので良いですね。感動します。

|

« C77コミケ2日目 | トップページ | 2010年最初の大魔神情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/47252407

この記事へのトラックバック一覧です: C77のコミケ3日目:

« C77コミケ2日目 | トップページ | 2010年最初の大魔神情報 »