« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

コみケッとスペシャル5の2日目

ホテルの朝食バイキングを食べながら朝刊各紙に目を通すと、地域面で昨日のイベントの様子が伝えられています。一般列の顔出し写真に○○市○○さん(39歳)とか実名報道。すごいね。

駅前のバス停に行くと会場行きの看板を持った人が立っているのでスタッフかと思ったら茨城交通の人でした。
なるほど、だから次に出発するバス乗り場を的確に案内していたのね。
時間は9時半、接続列車も無かったと見え、バスには10人くらいが乗り込んで出発。
沿道を歩く参加者をごぼう抜きして5分で到着。早い。

会場に入ると両隣のサークルは既に設営中でした。
なんと今回、壁にある棚にポスターを掲示できるので、やった!と思ってたんですが、実際に掲出してみると陰に隠れてしまい、正面からでないと全く見えません。
そこで会場に入ってきた参加者の目にはいるように机の上にも掲出。これでどっちから見ても目立つようになりました。近所のサークルさんが待ちあわせの目印にしていたくらいです(笑)

開場宣言で拍手が鳴り響くと、一般列が2列縦隊でやってきました。誰一人として我々のスペースのある2階に来ず、そのまま階段を上へ上へ。(上が大手サークル)
入場導線には途中横断歩道があるので、しばらくすると列がとぎれ、また少し時間をおいてから列がやってきます。第二列、三列目も全員上層階直行、四列目あたりでようやく2人が二階に入ってきました。
その後も二百人に1~2名程度がやってくるばかり。二階に人手が出始めたのは開場後30分してからといった案配です。
お隣サークルのエンデさんとお菓子を交換したりブロックノートを回したりしているうちに、いつの間にか会場が混んできました。
今回は2階上り階段直近のスペースのため、完全に通路として人が行き来する混雑地帯。人の帯がスペースの前に出来てしまい、足を止めていく人がなかなか生まれず苦戦を強いられますが、それでも時折人だかりが出るという波のある状態。
即売会での経験がある人なら分かると思いますが、この波に乗れるかどうかがポイントです。残念ながら一回目は波を逃してしまいました。近所のサークルさんが波に上手く乗ってるのを見て指をくわえてみたり(笑)
うちのサークルでは売り子を育てるときに「波を読む」ということを教えています。波に乗れる売り子というのは会計能力の高い売り子と組むと非常に優れた能力を発揮します。あと、需給予測を正確に立てられる能力、これも重要ですが、これは非常に難しい。

時折、時刊新聞がまわってきます。これも10年ぶりに経験する事になったのかな。前回受け取ったのは晴海だったよーな。嬉しくて回ってくる度に受け取ってました。自分が活動していた頃の「クリエイションニュース」に慣れていたので、あ、こんなフリーダムな枠組みだっけ!?と面食らったのも事実。

午後になったあたりから、複数回の波が訪れ、最大で4人精算待ち状態に。こんな時に限って一人だったりします(笑)
嬉しかったのは二十代の女性が「新装版から入りました!新しいファンはいるんですよ!」と言って買っていったことです。

スタッフ仲間が訪ねてきてくれたのも嬉しかった。れすり姉さんからはコミケットスペシャル記念絵皿をもらってビックリ。サンクリで苦労をかけた通称”鳥”とも久々に会えました。二度も足を運んでもらってすまんねえ。

入場フリー後は地元の方々が家族連れで会場内にやってきます。
入場口の近くにあり、ラムちゃんという誰でも分かるキャラクターのポスターを掲げている我がサークルは目立つらしく、ふーんと言いながら見てゆく人がぞくぞく。そのうち、ある家族連れがやってきました。
「同人誌って、こういうものなんだね」
見るからに微笑ましい光景です。
コミケで町おこしというテーマから、即売会に対する地元の方々の理解というのも重要。即売会のイメージを正しく認識してもらえればと一生懸命応対していましたが、次第に人だかりが。
何度かスペースの前を往復していたご婦人二人組が家族連れの輪に加わり、鋭い一言を発せられました。
「こういうの大丈夫なんですか?」

ここからが大変でした。著作権と二次創作について、過去の判例や最近の動向、商業出版と同人誌の違いなどを矢継ぎ早に説明し、魅力を伝えるというより弁護に追われるというようなあまり模範的でない応対になってしまいました。余裕があれば、魅力を伝えられる話が出来たんでしょうが、査問会に立たされたような気分であったのも事実です。
どーも、鋭い視線にはうろたえてしまいます。いかんせん小心者なので。
最終的には「趣味の範囲、ということですね」都のお言葉を頂き、ご婦人は別の所へ。
水戸市民の方々にうちのサークルはどのように映ったのでしょう。

閉会後は水戸駅で食事して夜のスーパーひたちで上野へ。車中爆睡でした。
やはり、コミケットスペシャルはお祭りです。即売会ではありますが、お祭りにはお祭りの楽しみ方があります。
サークルとしてスペシャルに参加したのはさよなら晴海以来ですから10年ぶり。
(前回はスタッフでした。最高に楽しかった)
サークル参加の視点とすると、10年前の方が楽しかったかな。あの時はうる星のLDと本を交換したんだった。
こーいう買い手側の遊び心の有無が問われるのもコミケットスペシャル。
今回は自分自身がスペースから離れられなかったというのもあるけど、自分も含めて、みんな遊び方が下手になってないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

コみケッとスペシャル5in水戸1日目

いつも通り起きればよいのに初電の時間に目が覚めてしまい、まるでドアを蹴られているかのような窓の音に驚く。なんたる暴風。
JRのサイトを見ると常磐線の規制については何も書かれてないし、勝田発の初電は動いている模様。
ほっとするも、twitterのコみケッとスペシャル関連をウオッチすると時々刻々と常磐線運休の話題が。
気象庁前日発表の予想風速値で運休になるわけがないのでおかしいと思っていたものの、実際には房総で38mを記録するなど、関東は暴風が吹き荒れていたのでした。そりゃ風規制突破するわ。
しかも今のJRは羽越線いなほ号転覆事故以来、風規制値が1段階厳しくなってるし。あの事故がコミケスペシャルに影響を及ぼすとは。

風が止んでから1時間は抑止、天候次第なのでこれはいくら考えても答えは出ない、まずは上野までの経路上で遅延が生じても問題ないようにと一本速い列車での出発を決定。

これが功を奏しました。
上野に行くまで途中駅で5分延となるも、乗り継ぎが待ち時間ゼロで遅れを吸収し、上野には定時。
当初予定の列車で5分延&乗り継ぎタイミング悪しとなっていたら、上野で走らなきゃいけないところでした。

11時上野発の特急は定刻で発車。
twitterで会場に並んでいる人からのレポートを見ていると期待感が高まり、やがて列が長すぎて入場が終わらないという知らせが増え、これは一般列が終わるまで並ばない方がいいなあという結論に。
いや、一般列はもう吸収済みと想定していたんですけどね、外れた!

列車は途中で詰まるだろうと思っていたら、案の定北千住と土浦の場内で停止し、水戸到着は15分延。
もっとダイヤぼろぼろで運休するかどうかとハラハラしていただけに優秀な結果。なにせ、えきねっと発券の時の払い戻し手続きネットで確認したくらいでしたから。

無事に水戸に着いたら、まずは駅前のホテルに荷物を預け、身軽になって会場へ。
道行く人の大半が参加者じゃないかと思ってたんですが、会場に近づくにつれ本当に道行く人の大半が参加者に変貌(笑)
まずは一般列最後尾の様子を見ようと最後尾に行くと、美術館前に列が。まだ千人位残っているので、コスプレイヤーを眺めながら列待機場所の周辺通路を一周。後輩(ポリ伯)がスタッフTシャツを着て、それはそれは楽しそうに活動しているので声をかけ、列に並ばず喫茶店へ。

ロハス系の喫茶店でした。店員さんが先客の少年達に「コミケには行ったんですか?素敵な本は買えましたか?」と声をかけていて地域一帯となった即売会に
パフェを食べて店を出ると列が消えています。カタログ購入制だったなーと思いつつ入り口に行ってみると、入り口スタッフが手に持っているカタログを紙で隠しています。聞いてみたらら入場フリーとのこと。
会場内に足を踏み入れたら「ただいま入場フリーになりました」とのアナウンスが。(14:30でした)

既にあちこち撤収済みのサークルが散見される中、1階ずつ見ていって5階に到達。
ここはイベントスペースなのね。これぞコミケスペシャルという感じで一番楽しいエリア。明日はRNA詠唱があるので楽しみ。5年前は円周率詠唱がありましたねえ。

大半が撤収済みの6階まで足を踏み入れ、そこで困惑する親子連れを複数目撃(ヨメが目撃)
一般市民が迷い込んだ感じでありましたが、こーいうのは入場フリーになった後に起きる出来事。
5Fの上り階段にスタッフが一人立って誘導かけるなり、張り紙が一枚有ればよいのにねと宿に帰ってからヨメと議論しておりました。
(とはいえ、現場に一人配置すると、連絡要員、交代要員などで3~4人は必要になります。それに「この先成人向」と書くわけにもいかん)

そういえば、過去にサンクリで男性向けサークル配置館の列に並んだ母親然とした婦人を翻意させようと努力したことがありました。表現に困って、何度か迂遠な表現で男性向けですよと伝えた後、最後の最後で「成人向け」という単語を使った覚えがあります。その話のオチは息子の代わりに並んでたという事実なのですが。


会場内を一巡して宿へ向かいます。途中で市内の店をぶらぶら。
ホテルで風呂に入って花粉を落とし、その後はのんびり。
…のはずだったんですが、猛烈な腹痛に苦しむ羽目に。何故だ。

さて、いよいよ明日です。くどいよーですが、 2階・A-19b CARAT5つの味 でお待ちしています。

「ブログを見たよ!」と言うと、その場で喜ばれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

いよいよコみケッとスペシャル5in水戸

明日から2日間、コみケッとスペシャル5in水戸に参加してきます。
初日は一般参加、2日目(22日月曜)は2階A19b CARAT5つの味 でサークル参加です。

年末にコミケの日が仕事納めで買えない、なんとかしてくださいと言われてきた「うる星やつら31周年記念本」も段ボール一箱分持ち込みます。

みなさん、水戸でお会いしましょう。

えっ、黄砂!?しかも全国ですって!?

空気清浄機付きの宿にしておいて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

ラムちゃんの声優・平野文生放送のアーカイブ

ラムちゃんの声でおなじみの平野文さんUstream生放送の「「声の魔力」「できる100ワザツイッター」発売記念合同記者会見」のアーカイブを見ています。

http://www.ustream.tv/recorded/5528928
6分目あたりから音声が入り始めます。
ラムちゃん声は42分あたりから&1時間3分あたり。

恋愛声とラムちゃん声は確かに何言ってるか頭に入ってこない。
何故だと思ったら、聞き惚れて頭に言葉が入ってこないんですな(笑)

だっちゃを語尾に付けなくてもラムちゃん声は素晴らしい。
更に言うならば普段の仕事声も大好きなのです。


で、放送全体の感想なんですが、UstにSkype、twitterと、あー未来が来たんだなぁ、としみじみ(笑)
でも、テーマは声、いつの時代でも通用する普遍性を持ったテーマであります。
結局の所、色んな未来技術は全てツールに過ぎず、対人コミュニケーションが重要なのよね。
特に直接、相手に与える印象を左右する声の出し方というのは大事なんだなあと感じました。
うちもネットの様々なサービスのおかげで良質なお絵かき仲間のネットワークが構築できたけど、本当に仲が深まるのは実際に会ってからだもんね。
無論、ビジネスにおいても有効といえるはず。

話す相手によって口調を変えるのは自然と起きることだけど、もう一歩踏み込んで自分の声を演出してみよう。
というわけで、駅前の本屋で売ってなかったから、明日もう一店舗回って本買ってきます。
それでも店頭に無ければAmazonだな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

Ustreamで平野文生放送

3/18 13時から、Ustreamで平野文さん生放送!

詳細はこちら。
ラムちゃん・平野文さん「声の魔力」&「できる100ワザ ツイッター」合同ツイッターイベント開催だっちゃ!
これは…見たい!見たいぞぉぉ!
本まだ買ってませんでした。早く買わねば!
URLが発表されました。こちらhttp://www.ustream.tv/channel/ptf-live

本はこちら。今回は地元の本屋で取り寄せて地元商圏に貢献するかなあ。


Twitterが生み出す勢いの良さってのを痛感するんですが、自分はまだそんなに活用しておりません。
コミュニケーションのネットワークが別のところで構築されているからなんだろうね。


今日まで、遠方の友人が泊まりに来ており、色々合作イラストを描いたりしておりました。
一日にこんなに描いたのは初めてじゃなかろうかと言うくらい量産した。
若さ故の情熱を持つ彼と語り、一緒になって描いているうちに情熱が伝播したんだろうね。
合作、競作、一緒になって絵を描く、ただそれだけなのに頬が紅潮するほど興奮する刺激的な出来事でした。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2010年3月 8日 (月)

銀座シネパトスで大魔神上映

3/20~3/23に銀座シネパトス名画座で大魔神上映します。
しかもガメラ対バルゴンとの同時上映!ちゃんと1966年当時の組み合わせです。

前回は浅草に見にいったんですが、また行こうかなぁ。
大魔神怒る、大魔神逆襲もスクリーンで見たいですね。六本木ヒルズのオールナイト以来放映してないんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

古代少女ドグちゃんまつり行ってきました

例によって、見た人向けの感想です。ネタバレはないけど。

昨日は新宿の映画館に「古代少女ドグちゃんまつり」の最終上映に行ってきました。関西の深夜ドラマから始まって、あちこちの局で放送されるも、未だに関東で放送されないドグちゃん。
先に映画が放映されました。

TVの1話と最終話を中心に1時間で分かる古代少女ドグちゃん、という感じのフィルムですが、これが面白い。
途中に主人公ドグちゃんによる追加映像が入ったり、TVCMに見立てたギャグCMが入るんですが、インディーズの空気漂う徹底したギャグ。設定は異常なんだけど出演者は真面目、というところが良い。こーいうの大好きです。
ちなみに一番笑ったのは「イナゴプリン」。言葉で説明するとつまらなくなってしまうのが残念。それ故に映像のおもしろさが出るんだなぁ。

ドグちゃんは、設定のぶっとび加減がどー考えてもおかしいのにそれを皆真面目に演技しているところが面白い。
ウケ狙いでにやついてやっているわけではない、この真剣さがおもしろさを生むんですね。

主演・谷澤恵里香さんの可愛らしさも特筆に値します。アイドルなんて興味なかったのに、ドグちゃん見たら可愛
いこと可愛いこと。
映画で流れる最終話部分は斉藤由貴が母親役で出てくるんですが、これまた素晴らしい。こんな親が欲しかったと思うほどの素晴らしい母親像です。
この年になると、こー言うことを笑って言える親になりたい、と思う気持ちの方が強くなってくるわけですが。
台詞は普遍的で当たり前の事を言っているんですが、それをどう表現するかが監督と役者の仕事です。良い表現でした。まさかドグちゃん見てじーんと来るとは思わなかった。
本編の映画では笑いを堪えるのに必死でしたが、映画の撮り下ろし部分では声を出して笑いました。ダンスはじめる辺りとかおかしくておかしくて。
幕間の休憩時間もスクリーンに「あと2分」と、いきなりあと2分(笑)短すぎ!淡々としたナレーションとスクリーンの文字のギャップに目が離せませんでした。
そしてパイロットフィルムは笑いっぱなし。いやー、強烈でした。看板に偽りなし。こっちはこっちで好きだなあ。濃厚なインディーズ臭が素晴らしいです。そしてカメラアングルがエロス!
なにより、誠役の人の出す味が良かった。笑いまくりの熱い映像でした。

映画の後は映画出演者や関係者が大勢集まりました。
舞台挨拶の様子はこちらで記事になっています。
第一印象は井口監督が可愛い!(笑)そして舞台上の人が軒並み仲良しでアットホームな感じという印象を受けました。客席も不思議と一体感があったよーな気がします。うちが4列目で近かったから、という理由だけではないと思います。

最後はサインボール100個を客席に投げ込むというイベントが。周囲の人が一生懸命手を伸ばして次々と華麗にキャッチする中、手を伸ばすも右往左往してうちはボールをつかめません。
ところが、肩に何か当たった、と思って手を伸ばすとボールが脚の上に転がってました。
…ピンクのボールに「谷澤えりか」とサインしてありました。
ドグちゃんのサインボールだー!やったー!と口に出したいのをこらえて、ポーカーフェースで即カバンにしまい込みます。嗚呼小市民。
結局ボールは2つ脚の上に転がりました。もう一つはスタッフの人かな(twitterドキゴローがパイロット版・西村監督のボールと教えてくれました)、ドキゴローの絵が描いてあるみどりのボールです。

20100306


舞台挨拶も終わると、もう11時過ぎ。急いで帰らないと終電です。
エレベーターホールまで進んでいくと、さっきまで壇上にいた監督が帰る人を見送ってます。おおー、すごい!と感激していると、谷澤さんがその横に並んでいるではないですか。
ええー!?主演女優が観客を見送るって…!
驚きと感動を覚えつつも、時間がないので楽しかった!ありがとうございました~!と言いつつエレベーターに乗り込み、帰途につきました。他のファンみたいに自分もエレベーターに乗らないでいたかった!

素晴らしい映画祭でしたが、その楽しさを言葉で形容するのが難しく、自分では何も伝えられないのが残念。
やはり、映像は映像で、可能ならば銀幕で楽しむのが一番です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

花粉対策効果有り!

関東でもスギ花粉の本格飛散時期が始まりました。

毎年職場の誰よりも早く症状が出て、誰よりも遅くまで症状が続くとゆ~困った症状なのですが、今年も早くから(1月から)自覚症状が出ておりました。
友人が1月中旬に花粉飛んでない?と言った3日後から自覚症状が出始め、飛散量少ないと言われても大して変わらんなあとうなだれていたのですが、今年は強力な助っ人があります。

色々花粉対策を施してますが、単品で最も効果があったのが「クリスタルヴェール」!
イオンの力で花粉をブロックってやつですね。

マスク併用できるのもポイントです。これを塗っていると普段呼吸困難になる鼻が呼吸できる。
寝る前にも塗ると、布団に入ってハウスダストで鼻が詰まることがない。素晴らしいです。
難点は時間が経つと取れてしまうところでしょうか。一度塗ったら24時間大丈夫ってのが出たらいいなあ。
そして例によって近所のドラッグストアで\1400なのに、Amazonの方が安いという…
ドラッグストアでまとめがいした後に気がついた。

現在、スーツのポケット、自宅、カバンの3カ所に忍ばせてあります。
おかげで現在の所、鼻の自覚症状は抑え込めています。

問題は目。処方箋の目薬と内服薬、外出時の花粉用メガネ、携帯用アイボンで対策していますが、鼻みたいに自覚症状を抑えきれず、マスクのせいで風が目にあたるのかゴロゴロ感やかゆみを感じるときがあります。
クリスタルヴェールは目の周囲使用禁止って書いてあるし…まいったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »