« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

都電探訪

友人と一緒に都電荒川線に乗りに行ってきました。
「え、都電乗ったのと無いの?」「乗りたい!」という話をしてから1ヶ月以内に実現。
物事には勢いも重要です。「いつか」「やがては」と思っていることは実現せず、いつ実行と決めたモノだけが実現します。

今回は三ノ輪橋から都電一日乗車券(400円)を購入し、早稲田方面へ途中下車しながら向かいます。
最初の途中下車は熊野前で下車し、一本後の新型車両に乗り換え。併用軌道を走るところを見せようとしますが…うーん、単なるアスファルト敷なだけで車は入ってこないようになっているので今ひとつ面白味に欠ける。

乗っていたら後続の車両が荒川線で一番古い車両であることに気付き、荒川遊園地前で下車。僅か1停留所ながらも古い車両を堪能して荒川車庫前の都電のひろばへ向かいます。

それにしても次から次へと頻繁に列車が来ます。
写真撮ったら1画面に4列車も(笑)
2010042901


今回は基本プランのアイデアを持ちつつも、事前にプラン合意形成を図らず、当日提案をしながら反応を伺うという(うちにしてはめずらしい)パターンで進めました。
そんなわけで、飛鳥山には登らず、梶原で下車して「都電もなか」の菓匠・明美へ。
なんとパッケージに新車の柄まで入っている事に驚き!ちゃんと新車が投入される都度に箱を増やしていたんですね。後で気付きましたが包装紙も新しくなってました(日暮里舎人ライナーの線が印刷されていた)
2010042903

今回も庚申塚で下車し、電停直結の「いっぷく亭」で食事。
おはぎ旨い!きなこおはぎの概念を超えた、カフェオレ風味すら漂うきなこベースの和スイーツ」であります。(我ながら頭悪そうなネーミングだ)

甘いモノのあとはしょっぱいモノも…と、焼きたて煎餅をほおばりつつそぞろ歩き。

最後は東池袋4丁目で降りてサンシャイン60へ行って遊んで帰ってきました。
一日遊び倒して疲労困憊。楽しい一日でした。
2010042902


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

2010年4月のうる星やつらの話題

情報が比較的早くそれなりに網羅性があると一部で評判のCARAT5つの味のうる星ニュース。
公式発表まで情報止めていたり、自分が気に入らなかったら書かなかったりと、実は網羅性も速報性も中途半端なのですが、それでも支えにしてくれる人がいるのは嬉しい限り。
巷で有名な情報を今更伝えても、という感はありますが、知らない人もいるかも知れないので一応一通りいってみましょう。


さて、巷を賑わしているのは、サントリーの烏龍茶のCM。ラムのラブソング中国語版。歌詞をCMにあわせていじってるようですね。

次にfigmaラムちゃんも発売になり、早くも入手難に。我が家は3つ購入しました。写真は合体改造が終わったらね。
ちなみにフィギア通販の「あみあみ」を見たら既に売り切れでした。Amazonはまだ在庫有みたいです。


6月にはコトブキヤからタイガースとのコラボラムちゃんがでますが、ラムちゃんよりジャリテンの造形の方が可愛いとはどういう事!?

さて、CARAT5つの味の情報としては、ここまでは既に有名な情報なので別にうちで取り上げなくても良いかなーというレベルの話。

こっからが今月の一押し情報です。

ラムちゃんの声優・平野文さんのうる星トークが17日にネットで生放送されました。ありがとうネット社会。バンザイ平野文。
さらに注目は、トークの中で「次回のラムちゃんとしてのアフレコ」について触れられている事です。
是非聞いてみてください。

んで、聞けば分かると思いますが、読めないハンドル名(「GLUMip」と書いて発音は「ぐるーみっぷ」)を付けてしまったとゆ~若さ故の過ちをこの年になって後悔する羽目になろうとは思ってもみませんでした(笑)


あと個人的にはまんだらけ中野店で大放出されていたうる星グッズを買いあさってきたことでしょうか。
アニメのキャプチャー画像で作られたカルタ(多分KACの商品)、原作絵のトレーナー、ラムちゃんが表紙のサンデー(連載当時物)など。もっと早く行ったら非売品の掘り出し物がざっくざくだったとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LED電球使用実感


ブログネタ: 【ネタフリ第2弾】新発見!LED電球に替えて気づいたことは?参加数拍手


LED電球に変えて何が変わったか。
しばらく使っていると、我が家にはオーバースペックな高級機と思っていた様々な機能が便利であることに気づきました。

使わないと思っていたリモコンが意外と使う。
PCの横に置いてあるスポットライト型のフロアスタンドを壁と天井に投光する間接照明として使っているのだけど、フロアスタンドのスイッチは席を立たないと使えない。
これが、座ったままでリモコンで点滅できる。僅かな差なのだけど、使ってみるとこれが楽ちん。逆に普段動かない人はますます動かなくなっちゃうので運動不足の人にはお勧めできない(笑)

20100418light


調色機能もこれまた使う。
窓から一番遠いPCに座るときだけフロアスタンド点灯するといった使い方なのだけど、曇の日、夕方、夜の蛍光灯使用時と、それぞれメインとなる光の色温度はそれぞれ違う。PCの左は自然光およびリビングのメイン照明の蛍光灯、右はフロアスタンドの光だから、壁紙の色味を見ながら左右が同じになるように色を調整する。

間接照明が似合うようなライフスタイルとは程遠いのだけど、快適なPCライフをおくる上でも良質な光源というのは必要です。
新規購入した場合の投資効果という面では、「フロアスタンドに電球色蛍光灯と蛍光灯色を取り付けて使い分け」というのに比べて劣りますが、利便性ではピカイチと言えると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

LED電球到来!


ブログネタ: 【ネタフリ第1弾】シャープだけ!調光・調色機能の感想を教えて!参加数拍手


我が家にもLED電球到来!

シャープ LED電球 DL-L60AV をモニターとして入手しました。
ただの電球ソケットがあればリモコンで調光できるという珍しい製品です。

我が家の電球ソケットの所在を確認してみたら、「玄関」「廊下」「洗面」「風呂」「トイレ」「フロアスタンド」でした。しかも玄関以外全部電球型蛍光灯に交換済。
そこで、フロアスタンドの60W相当蛍光灯を取り外し、これに変えてみました。
我が家のフロアスタンドは元々40W電球がスポットライトになっているタイプの物。それ故に傘からLED電球がはみ出してまぶしい!
電球が目に入らないように壁に投光するようにしてみます。
LEDなので点灯直後から明るいのは実に嬉しい。とはいえ、いかんせん出力不足で1灯つけただけでは部屋全体が明るくなる!という訳には到底いきません。とはいえ、3灯とも取り替えるにはイニシャルコストが高すぎる。
正しい使い方としては食卓の上から照らすタイプのライトとしての使用でしょう。それでこそ調色性能が生きるというものです。まあ、それは後に実行するとして、調色も試してみました。電球に向かって小さなリモコンを向けると、おお、色が変わる変わる。こりゃ面白い。
電球色と電球の明かりは似て非なる物で、最も電球色側に設定すると夕日みたいな色になってしまいます。そこで1~2段階蛍光灯色側に戻すと良い感じに。
思ったよりも色の調整幅が広い印象を受けました。
明るさも大幅に操作できます。こりゃ面白い。
どれくらい色が変わるか、カメラのホワイトバランスを固定して撮影してみました。
うちのサイトらしく、ラムちゃんで比較してみましょう。

20100410


さて、面白い面白いとおもちゃじゃないのだから、真面目に活用法を、と考えてみるとどうしても新規投資が必要になってしまいます。最適なのは寝室じゃないかしらと思うも、寝室の照明は現在天井の明かりではなく、蛍光灯型スタンドライトを壁に投光し、スタンドの向きを調整して光量調整するという無理矢理な手法なのです。※僅か2500円!

調光をしたい、色味の調整をしたいという明確な目的がない限り、導入するには不向きな製品でありますが、目的がある人には好適な製品といえるのではないでしょうか。
なにしろ、電球ソケットが有れば調光調色できるんですから。

さりげなく未来を感じる電球でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »