« 日本映画専門チャンネルでまだ大魔神やってます | トップページ | 11月のうる星グッズ »

2010年10月31日 (日)

羽田空港でラムちゃん発見

羽田空港国際線新ターミナル開業に伴い、東京モノレールと京急線に新駅が誕生したので行ってきました。
新駅は色々と工夫されている訳ですが、紹介して面白いポイント(特色だったところ)は別に無いので、「毎日うる星日記」らしいうる星ネタで行ってみましょう。


2010103001

まずは国際線ターミナルへ。
商業ゾーンの中に、このお店。「キャラクターショップ HAIKARA」

2010103002

店頭のショーケースに、デコレーションラムちゃんが鎮座しています。

2010103003

前回のワンダーフェスティバルで展示していたものですね。
海洋堂のペットボトルフィギアにデコレーションした物です。

QUOLOMOも出店しています。クリーミーマミが店頭を独占。
2010103004
なんと、原宿のお店が移転して出来たんですね。2号店かと思ってました。
(今、QUOLOMOのサイト見て知った)
賃貸料高かろうに、背水の陣だなあ。

売り場の中には、ラムちゃんTシャツがありました。
QUOLOMOのラムちゃんTシャツはいかんせん高いのですが、原作からのコマ選択のセンスはユニクロより優れてます。あと、このTシャツは余計なロゴが無くて良い。
2010103005

80年代が好きなら大喜び間違いなしの作品チョイス、店頭に流れるクリーミーマミの歌こそ現代風リミックスがされてましたが、羽田に行ったら一度はお店を見ると良いと思います。
日本のアニメ文化が遅まきながらようやく宣伝されてきたこの頃ですが、軽薄な「萌え絵」ではなく力のあるキャラクターが、こうやって国際空港のショップに燦然と輝いているのを見るのは嬉しいものです。

もっとも、空港で最も多く見かけたキャラクターは「鉄腕アトム」でした。ジブリは日テレショップにてんこ盛りだけど、複数のお店で扱っているという点ではアトムです。

国際線ターミナルはショップの多様性がおもしろさを生んでいます。
沢山は売れないかも知れないけど、面白い物が色々置いてある、この多様性こそ、小売店における賑わいの原点だと思います。(ただ、坪当たりの売り上げで見ちゃうと、客寄せになる店でも経営的には大変そうな気がします)
これ、売れ筋のアイテムしか置いてない大型流通には無いところです。だから、イオンの一人勝ちしているような街ってつまらないんですね。

あ、ちなみに各種メディアで話題のスポットは案の定満員御礼。
気になっていた「プラネタリウムカフェ」はチケット制で、本日売切の札が下がっており、入場待ちの人が列を成していました。

展望デッキも、A滑走路の全体が見渡せて非常に面白い場所でした。
D滑走路が増えてから滑走路の運用が変わり、ラッシュ時の離発着は壮観です。
なにしろ、2機同時着陸、2機同時離陸という運用がある。4本滑走路の威力を思い知りました。

増築された第二ターミナルにも行ったんですが、遠くに望むD滑走路と目の前のC滑走路を同時に飛行機が離陸しようとする様は飛行機好きなら一見の価値ありです。飛行機マニアではない私でも楽しめました。

写真は第二ターミナルから望む着陸機の列。いつも3機くらい見える羽田ですが、この日は4機見えました。
2010103006


|

« 日本映画専門チャンネルでまだ大魔神やってます | トップページ | 11月のうる星グッズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/49884207

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港でラムちゃん発見:

« 日本映画専門チャンネルでまだ大魔神やってます | トップページ | 11月のうる星グッズ »